マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

トリカブト事件

トリカブト事件


発行: タイクーン
レーベル: タイクーンブックス シリーズ: 坂口拓史作品集
価格:1,000pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 坂口拓史(さかぐちたくし)
 1942年、台湾生まれ。戦後熊本県八代市に引き揚げ、八代第一中学校、私立九州学院高等学校を卒業後、法政大学二部文学部を経て、?セコム(当時は日本警備保障)に入社。東京地区初代訓練担当。後、日本平和警備保障?代表取締役を37歳まで勤めた。
 32歳のときの処女出版『実録万引』(ちはら書房)が、NHK「ルポルタージュ日本」で放映。
 38歳のとき、作家として本格スタート。
 『万引』(国書刊行会)を原作にし、テレビ朝日の二時間ドラマ「月曜ワイド劇場」では「女性万引ガードマン」、および続編が放映。また、『トリカブト事件』は、早見優、増田恵子の共演で放映。
 他に数十本のテレビ放映を構成及び出演。
 実母・坂口れい子は、大正3年生まれ。第三回新潮賞受賞作家。他に、14歳で講談社少女クラブ懸賞小説特選、第一回台湾文学奨励賞受賞、芥川賞次点三回など多数。丹羽文雄門下の女流純文学代表作家。
 実父・坂口貴敏は、歌人若山牧水最後の弟子。黒木伝松氏と共に九州を代表する歌人であり、戦前の作文教育の第一人者。著書に『綴方の観賞』他。46歳で病没。

解説

 1986年5月20日、自称経営コンサルタントの神谷力の3人目の妻、利佐子(当時33歳)さんが沖縄県石垣島に旅行中に「急性心筋梗塞」で急死した。偶然にも、著者・坂口拓史は神谷力が利佐子さんにプロポーズしたときからあやしい人物として追っていた。本書は、1991年7月、「トリカブト保険金殺人事件」として逮捕されるまでスポーツニッポン新聞社と事件を暴き続けた記録である。完全犯罪をつき崩した五年間の執念の記録「トリカブト事件」。警察が動き出すまえから事件を追い続けてきた著者がいま明かす、疑惑の全貌とは!?

 各作家から絶賛の声が本書に寄せられた!

 豊田行二氏評 そもそもの発端から事件の匂いを嗅ぎつけて取材をつづけていた苦労が実を結ぶことになった。事実に迫る彼の筆に大いに期待している。心から敬意を表する。

 志茂田景樹氏評 当事者でなくては語れない新事実の数々に、驚きを禁じ得ない。いま、もっとも脂ののつている著者・坂口氏の怒りの告発書といえるだろう。

 南里征典氏評 坂口氏は常に社会の最先端の断面を描き続けるドキュメント作家だが、今度も“トリカブト事件”の謎と実相に鋭く迫る。心から拍手を送る。

目次

 第一章 「これから語りあいたいことがたくさんあったのに、利佐子は黙っていってしまいました」(神谷の手記より)
 神谷と利佐子の出会いから、石垣島での死まで

 第二章 「神を知らない私が、神を恨みました。その悲しさ、辛さ。なんで私だけがこんな。言葉になりません」(神谷の手記より)
 最初の妻・恭子、二番目の妻・なつ江の死

 第三章 「これからは、三人の妻との楽しい思い出だけを心にとどめてすごします」(神谷の手記より)
 利佐子の死、失踪、そして逮捕まで

 第四章 「汗して働いて得る収入以外に、生活の糧を得ることは、私のもっとも恥とするところです」(神谷の手記より)
 保険金請求訴訟から、取り下げまで

 第五章 「誰一人として、タバコ以外、利佐子がなにか口にしたのを見ておりません」(神谷の手記より)
 白いカプセルの謎

 第六章 「“二人の女性を同時に愛する”などという芸当が、できない自分であることは十分承知しています」(神谷の手記より)
 神谷の素顔を暴く

抄録

 復刻にあたり

 神谷力は無期懲役の刑に処され、服役中の昨年十一月、鬼籍に入ったと聞きました。
 物証がなく、状況証拠だけでの有罪判決は、戦後初めての判例ではないでしょうか。
 良かれ悪しかれ、今は彼の冥福を祈るだけです。
 あの事件の後、さまざまな類似事件が起きましたが、彼ほどの緻密さと人格の二面性を持った犯罪者は、いないようです
 トリカブト事件が、戦後三大犯罪(帝銀事件、浅間山荘事件、トリカブト事件)と言われている所以は、犯人の異常性格と冷酷さにあるのではないだろうか、と私は考えています。
 いずれにしても、事件が起きて二十数年が経ちました。この事件を証言する人々も殆ど居なくなりました。唯、事件を風化させることな、後世に語り継ぐ事は大事です。
 これからも起きるだろう保険金殺人事件への警鐘として……。
 平成二十五年三月。

 著者記す。第一章

 昭和六十年十一月、利佐子、神谷との出会い

 1

 昭和六十一年五月二十二日。

 伊豆・天城湯ヶ島の旅館「白雲楼」。桜の間の電話が、早朝の静寂を蹴破る勢いで鳴り響いた。
「東京の田口さんからです」
 旅館の朝は早い。フロントの元気な声が、電話をとりついだ。
「もし……」
「夏子が死んだぞ! 奴に、殺されちまったよオ……」
 おはようも、久しぶりの挨拶もなかった。受話器から飛び込んできた田口慶紀の第一声は、極度の興奮にうわずり、震えていた。
(本文より)

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。