マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説作家・編集

人気官能作家 蒼藤ユウ先生の深すぎる愛情と果てない煩悩【書下ろし番外編付き特別版】

人気官能作家 蒼藤ユウ先生の深すぎる愛情と果てない煩悩【書下ろし番外編付き特別版】


発行: イースト・プレス
レーベル: アズ文庫
価格:650pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 ★電子書籍だけでしか読めない書下ろし番外編収録!★
 誰よりも大事に愛してやる
 コンビニで深夜バイトを始めた大学生の陽向。明るく爽やかな接客ぶりが密かに人気だ。ある晩、お菓子とドリンクを大量購入する長身美形が現れた。人呼んでスイーツ大人買いクールガイ――その正体は超売れっ子の官能作家、蒼藤ユウだった。
 職業柄、他人のセックスライフを的中させる特技を持つ蒼藤だが、なぜか陽向に関しては想像不能といい、いたく興味を持たれてしまう。取材を理由に陽向は蒼藤の仕事場に呼ばれ……。

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

 人気官能作家 蒼藤ユウ先生の深すぎる愛情と果てない煩悩
 【書下ろし番外編】蒼藤ユウ先生の留まらぬ愛情

抄録

「風呂はいいよ。着替えだけで」
「入らないのか?」
「うん。すぐ帰る」
「そう慌てないで、ゆっくりしていけ」
 ゆっくりできる道理がないと即時に却下した。着替えるのに邪魔だから退出を促すと、両眼が細められる。
「すでに、飛んで火にいる夏の虫状態だけどな」
「は?」
「警戒心はあるが、家までのこのこついてくるようじゃ詰めが甘い」
「な、ちょっと!?」
「要するに、こういうことになっても文句を言えないって話だ」
 バスルームから出ていくどころか、目前に迫ってこられて後ずさった。後退にも限界があり、脱衣所に置かれた棚に背中が行き当たる。
 さらに近づいてくる芝本へ、棚のタオル類を手当たり次第に投げた。
「なんだよ? 来るなってば!」
「一回じゃ足りないくらい溜まってたみたいだしな」
「芝本さんには関係ないよ」
「これもなにかの縁だ」
「お節介も甚だし……うわっ」
 隙を窺い、入口へダッシュを試みた陽向が、床に散らばったタオルを踏んでバランスを崩す。
 傾いだ身体が力強い腕に支えられ、引き寄せられた。まずいと抗ったが、またも下半身を慰撫されて焦る。
「冗談だよね?」
「至って真剣だし、さっきは車内っていう制約があった都合上、不充分で悪かった。今回は万遍なく弄るから勘弁しろ」
「……怖すぎる報告なんだけど」
 あれで手緩かったという言い草に愕然となった。なにをされるか考えるだに恐ろしく、いっそう抵抗するも、難なく躱される。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。