マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションライトノベルSF

ぴよぴよキングダム(2)

ぴよぴよキングダム(2)


発行: KADOKAWA/メディアファクトリー
レーベル: MF文庫J シリーズ: ぴよぴよキングダム
価格:580pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 木村 航(きむら こう)
 岩手県釜石市出身。蓬莱学園1990年度卒業生。新城カズマ物語教室聴講生。茗荷屋甚六名義でゲームのテキストも執筆。小説家としてのデビュー作は『神秘大戦 歌う虚』(ファミ通文庫)。代表作『ぺとぺとさん』(ファミ通文庫)『CANNON BALL』 (ラティアーソフト)など。最近刊に『さようなら、ぺとぺとさん』(ファミ通文庫)がある。

解説

 大人気、ヒヨコ型生命体ピックル。お待たせの再登場! 「ストーップ! その結婚、ちょおっと待ったぁーッ!」
 ピックルとチュルリラの『聖婚の儀』(なんと全世界へ実況中継されるそうな)がいよいよ始まろうとしていたそのとき! まばゆい光に包まれ、ブラ麿と(なぜか)市ヶ谷珠理がピックルと森山拓たちの目の前に現れた。
 先に行われた『恋の儀式』に対しブラ麿ことブランクが異議を申し立て、なんとそれが受理されたのだという。そしてピッチパッチの監察官〈アバリス〉は珠理と融合し、監察官・珠理リスとして『恋の儀式』の査察を宣言した! はてさて、この騒動の結末は如何に!?

目次

プロローグ 全銀河実況中継・ピッチパッチ御成婚
第一幕 逆回りのメモリー
第二幕 おとぎばなしと迷子の魂
第三幕 あかりの王国
エピローグ 創世

抄録

 マジかよピックル。聞いてねーぞ俺は。結婚式にも融合すんのかよ。
 うろたえた俺の目の前で磐座《いわくら》あかりとチュルリラ姫もすんなりスムーズに融合を終えた。あかりは目を閉じ、わずかに眉根を寄せている。ポニーテールにした黒髪がほどけ、強い風に舞うように動きながら、みるみる色を変えていく。
 融合状態のふたりを、俺は「あかリラ」と呼んでいる。あかり+チュルリラ=あかリラ。本人も公認のニックネームだ。アホっぽくても気にすんな。
 あかリラの髪はメタルっぽい質感の派手なピンク色になった。普段ならプラチナブロンドになるんだが、チュルリラ姫の羽毛がウェディング・カラーのイチゴミルク色に生え替わっている影響なんだろう。B級SFアクション映画でモンスターに襲われる役の女優さんが、よくこんな感じのメイクをしてるよなーと俺は思った。でも、もちろん口には出さない。てゆーか出せない。俺の声はピッチパッチに乗っ取られていた。
 ピックルは融合してまで愛の歌を唱い続けていたのだ。俺の喉と腹筋と肺活量とその他もろもろを臨機応変、縦横無尽に使いきっての熱唱だ。地球人の肉体にとってはけっこうハードな労働で、せめて息継ぎのタイミングはなんとかして欲しい。ラブソングが原因で酸欠になんかなりたくない。
 あかリラが、閉じていた目を、ゆっくりと開く。
 そのまなざしが俺を真正面から捉える。
 強いめまいが俺を襲った。足元から立ち上がったつむじ風の中心に巻き込まれ振り回されたような感じだ。ふと気づいて、眼鏡を外した。すると少しはマシになった。俺の近視はピックルと融合するとたちまち治るのだ。でも、いま襲ってきているめまいの根本原因は、どうやら近視じゃないらしい。
 あかリラの顔に、昇り初めた朝日が触れる。うすくらがりに沈んでいた美しいかたちが、ひかりの指に選り出され、今日という日のはじまりに捧げられてゆく。濡れてきらめく瞳。ほのかな紅に染まる頬。唱う口もとの恥じらいと誇らしさ。それらのつりあいと揺らぎとをひとつにまとめて輝かしいものに仕上げるのは、むろん魂。
 その姿から俺は目を離せなくなった。強く強く引き寄せられる。
 俺の喉と魂から絞り出される愛の歌が強烈な磁力の嵐を生み出す。その嵐は俺を動かし、目の前にいる美しい少女をも動かす。ふたりは引き合う。身を寄せ合う。手と手が触れる。熱い熱い手と柔らかな指の感触が俺を迎え、受け入れ、引き寄せる。もっとそばへ。なにもかも捧げあい認めあうために。もっとそばへ。新たな朝をふたりで迎え、新たな未来をふたりで選び取るために。
 俺は唱う、愛の歌を。
 俺は求める、愛するひとを。
 俺は呼ぶ、そのひとの名を――
「ストーップ! その結婚、ちょおっと待ったぁーッ!」
 ……え!?
 頭の上から突然響いた女の声に驚いて、俺とあかリラの歌は途切れた。
 見上げると、ふたつの光が舞い降りてくるところだった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。