マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

恋の相手は…? II

恋の相手は…? II


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊恋の相手は…?
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

 アン・メイザー(Anne Mather)
 イングランド北部の町に生まれる。息子と娘、二人のかわいい孫がいる。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た。

解説

 ウエディングドレスはみごとに仕上がった。これを着て、フランは花嫁に――いや、リサのママになるのだ。そう、リサのために、フランはリトリックと結婚する。リサの願いどおりの、絵本そっくりのドレスで。リトリックの娘、母のいない六歳の娘リサが求めるママになり、あと半年という小さな命の最後の日々を幸せにするために。

 ◆サラは家庭教師としてカリブ海の小さな島にやってきた。島に着いたサラを、雇い先の使用人らしき男性が出迎える。引き締まった男らしい体つきに、魅力的な顔立ち……。屋敷に着くと、サラはいきなり女主人に罵声を浴びせられた。「あなた、わたしの夫を誘惑しようというんじゃないでしょうね」わたしの夫? では、この人が雇い主のジェイソン?

抄録

 リトリックが戻って来て、二人はエレガントに飾られたテーブルで夕食をとった。博士はすっかりくつろぎ、フランも少なくとも外見だけは、落ち着いていた。彼らは天気のことなど、とりとめのない話ばかりして、結婚式についてはまったく触れなかった。今の私たちの様子を見て、三日後に結婚するカップルだとわかる人はいないだろう。タグスが前に置いてくれた甘いシャーベットをスプーンですくいながら、フランは考えた。そして、彼が自分の顔をじっと見つめていることに気がつき、内心を見透かされたような気がして、ほおを赤らめた。
 タグスが客間にコーヒーを運ぶために食堂を出て行った時、リトリックが穏やかに言った。「こういう状態はなんとかしないといけないね。お互いに少なくとも好意は持ち合っているふりをしたほうが、いいんじゃないかな? 思い切ってやってみると、だんだん慣れると思うけど。さあ、客間に行って、昔からの友達どうしのように、式の相談をしよう。僕たちの結婚を、リサの幸福を守るという一つの目的のために二人の人間が結ぶ、契約とみなしたらどうだろう?」
 フランは彼のカップにコーヒーをついで渡し、考え考え言った。「私が自分勝手だったわ。ごめんなさい……もう一度、やり直しましょう」
「ありがとう、フランセスカ。悪いのは僕のほうなんだからね。僕は君に……その……役割に慣れる時間も与えないまま、引っぱって来てしまった」
 彼の魅力的な微笑に、彼女の緊張はたちまちほぐれた。「あなたのご家族のことだけれど……。お会いするのが怖いの。ご両親や妹さんたちは、私たちが、いえ、あなたが私との結婚を望んだと、思っていらっしゃるのかしら?」
「僕の妻になってほしい女性が見つかった、と話してある。それは、ほんとうの事だろう? 僕はふだんからあまり感情を表に出さない男だから、今度もだれもそれを期待してはいないだろうよ」
「それで、私は? 私の感情のほうは、どうすればいいの?」
「フランセスカ、君なら絶対に君の役割をみごとに果たせるよ。お互いをパートナーと考えることにしよう。僕は君の将来の幸福のために、できる限りのことをすると誓うよ」
「あなたのお友達は?」
「式のあとの披露宴に来ることになっている。これから、食事やパーティに招待されることもあると思うけど、難しく考える必要はない。君の毎日は、ほとんどリサの相手をしてやることに費やされるのは、わかっているね?」彼は寂しそうにつけ加えた。「あの子は、クリスマスまではとても、もちそうもないんだ」
 フランはかすかに身震いをした。「どんな時にも希望を失ってはいけないわ」
 彼はそれには答えなかった。「明日、お茶のあとで、牧師のイーボ・メルテンスと会う約束になっている。彼は事情を全部知っているから、何を言っても大丈夫だよ」
「牧師さんは……私たちがしようとしていることを、認めてくださってるんですか?」
「そうだよ。ねえ、フランセスカ。僕たち、だれも傷つけてはいないし、お互いに感情に流されてもいない。そして、リサの残された日々を幸せなものにしようとしているんだから」
「わかりましたわ」フランは真剣な口調で言った。「リサのために、できるだけの努力をするって、お約束します」彼女は突然、激しい疲れを覚えた。「おやすみを言っていいかしら? 疲れてしまって……」
 彼はすぐに立ち上がった。「もちろんだよ。忙しい一日だったからね。僕は八時に朝食をとることにしている。君も来るかい? ベッドに運んでほしかったら、そうさせるけど」
「ベッドに? 朝食をベッドでとったことなんて、あったかしら。私、ここで、あなたといっしょのほうがいいわ、リトリック」
「けっこう」彼は彼女を戸口まで送って行き、ドアを開けてやった。そして出て行こうとする彼女を軽く押しとどめ、「おやすみ」と言って、優しくキスした。
 朝食は客間の後ろの小さな部屋に準備してあった。円いテーブルとローズウッドのいす、ふた付きのお皿がいくつも載っているサイドボード。庭を見晴らせる広い窓から差し込む朝の光が、すべてのものを暖かく、明るく、平和に見せている。フランは腰を下ろし、たっぷり食べた。
「昼食は一時だ。母や家族は十二時半ごろ着くから、それまでには帰るよ。リサを頼む」リトリックは出かけるために立ち上がったが、ちょうどタグスが入って来たので、立ち止まって彼女にキスした。


 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。