マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

スルタンと月の沙漠で

スルタンと月の沙漠で


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ケイトリン・クルーズ(Caitlin Crews)
 ニューヨーク市近郊で育つ。12歳のときに読んだ、海賊が主人公の物語がきっかけでロマンス小説に傾倒しはじめた。10代で初めて訪れたロンドンにたちまち恋をし、その後は世界各地を旅して回った。プラハやアテネ、ローマ、ハワイなど、エキゾチックな地を舞台に描きたいと語る。

解説

 みじめな失恋旅行が、突如、おとぎばなしに変わる。

婚約者に手ひどく裏切られ、傷心旅行に出たクレオが、ある沙漠の国で車を走らせていると、突然少女が飛び出してきた。賊にでも追われているのかと車に乗せようとしたとき、追ってきた男が尊大な態度でクレオの眼前に立ちはだかった。少女が言う。「あれは兄のハリド。この国のスルタンよ……」クレオはスルタンの妹の誘拐を企てたなどと濡れ衣を着せられ、ハリドの警備隊によって、壮麗な宮殿に連行されてしまう。数日後、クレオに下された処分は、驚くべきものだった。西欧諸国から野蛮な国家と見られているイメージを払拭するため、スルタンは、このアメリカ人女性と結婚することにしたというのだ!

 ■男女の意味深長な会話とホットなラブシーンで人気のC・クルーズ。シークものは特に雰囲気がすばらしいと評判です。ひと目惚れしたスルタンと突然結婚することになった一般女性のクレオ。夫の思惑がわからないまま、王妃の務めを果たさねばならず……。

抄録

 ハリドは手を伸ばし、クレオの髪を耳にかけてやった。「そうか。その男では満足したくなかったわけか」
 なぜかクレオはまたもや怒りを覚えた。「それもあるけれど、結婚式の二週間前に彼がほかの女の人と一緒にいるところに出くわしたせいもあるわ」
 ハリドが驚き、眉を上げた。クレオは激しい憤りと恥ずかしさにさいなまれた。でも、これを乗り越えなくては。ハリドに哀れみの目で見られたら、このまま魔法の世界でハッピーエンドを迎えたいなどという夢を断ち切れる。
「不感症だと彼にはっきり言われたわ」
 ハリドの表情がどこか悲しげな、そして危険な雰囲気を漂わせたものへと変わった。彼は指先でクレオの頬に触れ、ゆっくりと伝い下ろしていく。なぜだか彼女にはそれが詫びているように感じられた。そのとき彼が顎を手でとらえた。
「きみにはいろいろな側面があるが、不感症ではまったくない。さっきのでわかっただろう」
 身を離すべきだとクレオにはわかっていた。だが、ハリドとの間に流れる空気があまりにも張りつめ、緊張がみなぎっている。しかも彼に与えられた服を身につけ、体は彼の唇の余韻にまだ震え、熱を帯びている。彼から離れられるわけがなかった。
 彼が欲しい。なのに、ハリドとの間にブライアンが割りこんでくる。まことしやかに欺き、破滅をもたらしたブライアンが。
「それでも彼と結婚しろと言われたわ。貞節を求めるなんてうぶで愚かだって。そんなロマンチックな考え方は非現実的な幻想にすぎないと」
「気にしなくていい」ずいぶん厳しい口調だとクレオは思ったが、顎に添えられた彼の指のぬくもりはドラッグのようで、強烈であると同時に軽く解放されそうな感じもする。「そういう幻想こそ何よりもすばらしいと思う。さらに、ここではぼくが支配者だ。現実的だとぼくが思えばそれが通用する」
「でも、それはあなたの貞節について? わたしの貞節について? 同じだとは言えないわ。それに、男性には二枚舌を使う人がいるのも知っている」
 ハリドが何か低くつぶやいた。罵っているようにも聞こえたが、クレオにはそれが祈りの言葉のように感じられた。彼は顎から手を離した。
「きみには苦しめられそうだ」
 とても低く静かな声で、一瞬クレオは聞き違えたかと思った。
「今度誰かがわたしを裏切ったら容赦しないわ」
 その心構えをハリドは感心しているように見えたが、顔は陰になって表情は読み取れない。彼が立ち上がった。悩み、苦しんでいるように見えた。
「どうしたの?」
「なんでもない。おいで」
 差し出された手を取り、クレオは立ち上がった。従うべきではないと頭の片隅ではわかっていた。本当は闘うべきなのだ――でも、なんのために? 二人は宮殿に戻り、磨き抜かれた廊下を進んでクレオの部屋に向かった。ハリドはこちらを見ようともしない。それがクレオの胸にはとてもこたえた。
 自室のドアの前まで来たとき、彼女はとげのある声で言った。「返事を聞きたくないのなら、質問しなければよかったのに」
「きみが抵抗しなかった理由を知りたかっただけだ。ほかのことは単なる好奇心さ」
 彼の言葉の奥には、動かしがたい何かが感じられる。クレオはドアに背をつけた格好でハリドと向き合い、精悍な顔を探るように見つめた。
「だったら、そんなに悲しそうな顔をすることもないでしょう?」
 ハリドは、いきなり笑った。温かみのない、うつろな笑い声だった。
「悲しみは選択肢のある者が抱く感情だ。ぼくには義務しかない。やることなすこと、すべてが義務に支配されている。今までもそうだったし、これからもずっとそうだ。この点だけは覚えておいてくれ、クレオ」彼はきっぱりと言った。
「ずいぶん悲惨な感じに聞こえるわ」クレオは傷ついたものの、笑みを浮かべてみせた。「ただの一度キスしただけよ、ハリド。お互い乗りきれるわ」
 彼はまた笑った。クレオはさらに深く胸を痛めた。
「運命が目の前に迫っているとき、それには気づかないものだ。きみが自分を守ろうとしていないとき、どうしてぼくがきみを守れる?」
 クレオは彼のたくましい顎にそっと触れた。慰めるかのように。彼を慰められる力があるかのように。そして、あなたはわたしのものと言わんばかりに。
「わたしなら大丈夫。約束するわ」何が問題なのかもわからないまま、クレオはささやいた。
 ハリドが凍りついた。その瞳は明らかに警告を発している。用心すべきだとクレオは察したが、再び彼との間に電流のように激しい感情がほとばしった。
 ハリドが低く何かつぶやき、顔を寄せてキスをした。さっきと同じように情熱のたぎる、有無を言わせぬキスを。とたんにクレオは不安を忘れた。
 夜に満天の星空の下で味わうようなキスだった。熱も夢も奔放さも呼び覚まされたクレオは彼の胸に手をつき、その手を豊かな黒髪へと滑らせた。彼は両手でクレオの顔を包みこみ、みごとな肢体を押しつけてキスを深めてきた。
 唇を重ねたまま、彼がアラビア語で低くささやく。炎のような舌で触れられ、熱く甘くあおられていく。クレオは目を閉じ、現実の世界を忘れていった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。