マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

涙の手紙【ハーレクイン文庫版】

涙の手紙【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 ブライアナは手にした封筒をじっと見つめた。これこそ実母が私に遺した、ただひとつのもの。愛情深い養父母のおかげで、私は幸せに暮らしてきた。自分を捨てた女性については考えたことさえなかった。それなのに、実母が弁護士に遺書を託していたなんて。これを読んだら今までの平穏な生活が、あっという間に崩れ去ってしまいそうな予感がする。思い悩むブライアナを、冷血弁護士として名高いネイサンが、気遣うような青い瞳で見守っていた。

 *本書は、初版ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「負けたわ、ネイサン。父は漠然としか話さなかった。医者には患者の秘密を守る義務があるもの」
「弁護士にも同様の守秘義務がある」ネイサンはそっけなく言った。「父が母に今度のことを少しでも話したら、母は誰のことか理解する。漠然とした言い方でもだ。僕は君のことを考えてるんだよ、ブライアナ」まだ不満顔のブライアナに声を荒らげた。「父はともかく、みんなには約束どおり君の目的はもちろん、正体も明かす必要はない。君はこの一週間で耐え切れないほどショックを受けてる」正確な指摘をする。「そのうえ、僕の家族のよけいな憶測にまでわずらわされることはない。前にも言ったように、週末は親戚が勢ぞろいするんだ」
「違うのよ」ブライアナはハンドルに置かれた彼の手に軽く触れた。「私はあなたの行為が引き起こす推測について考えてたの。わからない? 私の正体や目的を話してないのなら、みんな私があなたの……その……新しい恋人だって思うわ!」
 ネイサンは眉間にしわを寄せた。「好きなように思わせておけばいいさ」
 確かに、どう見られようと平気なだけの傲慢さが彼にはあると思う。それでも……。「この五年間にご両親の家に連れていった女の人は何人いるの?」ブライアナは優しくきいた。
「ひとりもいないよ」
 やはり。婚約が破談になった話やそれ以降のことを聞いていたから、想像はついていた。家族は自分の恋愛になど関心はないとネイサンは言うかもしれない。でも彼の母親に私の母と少しでも似ている部分があれば、息子が週末に女性を連れてきて何も勘ぐらないわけはない。だけどネイサンに不満がないのなら、ひとりでけちをつけても仕方ないわ。
 到着したランドリス家は、ネイサンの言葉どおりに大きかった。大きいというより巨大だった!
 並木に沿って私道を七、八百メートル行ったところにそのクレアモントは立っていた。落ち着いた色合いの石造りの領主館で、よく手入れされた広い庭がまわりを囲んでいる。正面にはすでに車が数台止まっていた。
「まいったな」メルセデスとBMWの間に赤いオープントップのスポーツカーを認め、ネイサンはつぶやいた。「いとこのサマンサも来てる。ジェームズ叔父とスーザン叔母夫婦の娘だよ」車を降りた彼は助手席に回ってドアを開けた。「母親を送ってきたらしい」トランクからブライアナのかばんを出しながらため息をつく。「いろいろ憶測されるだろう。それもこそこそとしたものじゃない。サマンサは僕をからかうのが趣味だからね」弱り切った顔で、先に立って家へと歩き出した。
 車が長い私道に入ってからというもの、ブライアナはひと言も口をきいていなかった。きけなかったのだ! 弁護士という職業や、彼の車や、明らかに行きつけらしいあちこちのレストランからして、ランドリス家が金持ちだとはわかっていた。でもこの家は別格だ! 広い敷地に大きな屋敷が一軒だけ。使用人や庭師の数も相当だろう。隣人の不幸を見過ごしたとネイサンの家族を責めたことが、今はちょっとこっけいに感じられた。どこを見渡しても隣家がないのだから。いったいどこを指して隣家と言うの?
 ブライアナの疑問を察したのか、大きなオーク材のドアの手前でネイサンが振り返った。「ジャイルズの家は八百メートルほど向こうだよ」彼は左を指さした。「明日の朝一緒に行こう」
 一緒に来てくれるんだわ。ブライアナはほっとした。マロリー家も似たようなお屋敷だとすれば、いてくれたほうがありがたい。行くだけでもありったけの勇気がいるのに、ひとりではどうなるか。「ありがとう」ブライアナは感謝した。
 ネイサンは彼女の顔を探るように見ると、かばんを置いて一歩近づいた。「ただの家だよ、ブライアナ。暮らしているのも特別な家族じゃない。不安も秘密も悲しみもいっぱいだ。あの言葉は真実だよ。ほら……」ブライアナの不安を感じ取って優しく腕を回してくれる。「お金で幸せは買えないって」
 彼の胸に頭を預けていたブライアナは、顔を上げてほほえんだ。「不幸せでも、お金があれば生活はずっと楽になるわ」からかうように言った。
 ネイサンも笑みを返した。向けられるたびに心臓が止まりそうになる、あのすてきな笑顔だった。「そうかもしれないな」
「そうよ」ブライアナも温かい笑顔で応えた。
「ブライアナ!」ネイサンは首を振った。「君をどうしたら……」感情に押されるように言ったと思うと、唇を重ねて、答えを行動で示した。
 初めてキスをされた日から、私はずっとこの瞬間を待ってたんだわ。そう悟ったブライアナは本能的に、きわめて当然のようにキスを返した。腕を彼の首に回して情熱的なキスに応えていると、嘘ではなく本当に自分の体が彼と溶け合っている感じがする。これはまるで……。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。