マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

期待はずれの花嫁

期待はずれの花嫁


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ケイトリン・クルーズ(Caitlin Crews)
 ニューヨーク市近郊で育つ。12歳のときに読んだ、海賊が主人公の物語がきっかけでロマンス小説に傾倒しはじめた。10代で初めて訪れたロンドンにたちまち恋をし、その後は世界各地を旅して回った。プラハやアテネ、ローマ、ハワイなど、エキゾチックな地を舞台に描きたいと語る。

解説

 “醜いあひるの子”の私が、美しい姉から夫を奪うですって?

 ザラは花嫁として、教会の通路を父とともに歩んでいた。その先で待っているのは、青い目の美しい億万長者、チェイスだ。彼の妻になるのは、美貌に恵まれたザラの姉……のはずだった。なのに、気まぐれでわがままな姉が行方をくらますと、父はおとなしいザラに身代わりになれと命じたのだ。いくら父にとって期待はずれの娘だからって、今度のはひどすぎる。お下がりのウエディングドレスを着て、見知らぬ男性の妻になるなんて。だいたい、新郎が気づかないはずがない。ところが、チェイスは花嫁のすり替えに気づいても無言を貫いた。それどころか、誓いのキスは情熱的すぎる気さえした……。

 ■『罪色のウエディングドレス』の関連作品です。前作のヒロインの兄チェイスと、美しい姉の身代わりとして彼と結婚するはめになったザラは、お互いに異なる思惑を抱えながら、期間限定の奇妙な結婚生活を始めますが……?

抄録

「忘れていない」チェイスは座ったまま、もう一度体勢を変えた。くつろいでいるふうを装ってはいても、彼もまた、ザラと同じ張りつめた緊張を感じているらしい。
 けれど、浴室の一件を持ち出してしまった今、後戻りはしたくなかった。「私は姉じゃないのよ」そう言ったザラの声は、思った以上に硬かった。
 チェイスがじっと見つめる。「言われるまでもなくよくわかっているよ、ザラ」
「それと、同情のセックスはいらないから」ザラは続けた。その言葉は唇から出ていくときに痛みをもたらしたけれど、ザラは生意気な口調を崩さず、傷ついていないふりをした。
「同情のセックスだって?」チェイスが驚いた顔をする。
「頭の中で置き換えるのはなしってこと」ザラは明るく言い、平然とほほえんだが、そんな態度は嘘だと頬のほてりは訴えていた。「暗がりの中で目をつぶって、あなたの下にいるのがアリエラだと想像しないでほしいの」そんなことを言った自分に、ザラは驚いた。チェイスも目をみはっている。「あるいは上にいるのが、とか」しゃべればしゃべるほど、墓穴を掘っていくようだ。「つまり、男だから、女だからこうじゃなきゃ、というような固定観念に縛られる必要はなくて――」
「ザラ」チェイスが彼女の言葉をさえぎった。
 助かった。ザラは自分をまったく制御できず、めまいすら覚えていた。
「黙って」チェイスのセクシーな低いうなり声に、ザラは従った。「こっちに来るんだ」チェイスがふたたび口を開いた。危険な響きはあからさまに飢えていて、ザラが実際に触れられたかのように体を震わせる。彼女を欲して熱くなっているチェイスの唇が、ふたたび笑みを浮かべた。「なにも言わずに」
 そう口にすると、椅子に深く腰かけて待った。
 チェイスが女性にこういう要求をするのは初めてではないのだ、とザラは悟った。彼は自分がなにをしているのか、よくわかっている。過去に似たようなことを何百回と経験しているチェイスを怖いと思うべきなのだろうと、ザラは頭の片隅で思った。彼女が命令に素直に従うものと決めつけて待つ夫の姿に、警戒心を抱いてもいいはずだった。
 なのに実感できるといえば、危険な光を放ちながら体の内側を一秒ごとにきつく締めつけていく、糸のような不思議な感覚だけだなんて。
「そっちに行って、私はなにをするの?」なにも言わずに、という命令にそむきたくて、ザラは尋ねた。
 チェイスがまた微笑する。ぞくぞくするような危険な笑みに刺激されて、ザラの下腹部がうずいた。
「賢い君なら、なにか思いつくだろう」チェイスが言う。
 たいていの女性は立ちあがってチェイスのもとへいくのだろう、とザラは思った。腰をくねらせ、唇を少しすぼめ、自分の容姿を見せつけながら近づいていくに違いない。姉みたいな女性なら、きっとそうする。ザラはチェイスの前に立つ自分を想像してみた。彼の脚の間にひざまずいて……。
 だが、ザラはたいていの女性にはなりたくなかった。彼女たちと競いたくない。絶対にアリエラみたいにはなりたくなかった。
 またしてもザラは衝動に身を任せ、テーブルの上の皿を脇に押しやった。そして、先のことを考える前につややかなオーク材のテーブルの上にのり、夫の方へ進みはじめた。
 チェイスの反応は想像以上だった。椅子から立ちあがりそうになったのを、彼はすんでのところでこらえた。ダークブルーの瞳が超新星みたいに急激に輝き出し、引きしまった体が緊張する。「いったいなんのまねだ?」目の前の光景が本当に起きているとは信じられないという口調だ。
 ザラは笑った。裸身をさらした夜と同じくらい考えなしの行動だったけれども、あのときと違って今回は気分がよかった。チェイスの割れた腹筋を撫でるかのように、テーブルに両手をすべらせて心地よい質感を味わう。すると髪が顔にかかって欲望が増し、女性らしい魅力が際立った。ザラはテーブルに膝もつき、体の内側で荒れ狂う嵐に突き動かされるままに進んだ。その間も体の中ではばちばちと火花が散り、ザラを焼きつくしてしまいそうだった。
「私にもわからない」そう答えた声は低くくぐもり、激しく飢えていた。気づいたとき、ザラはチェイスの目の前にいた。もはやゆったり構えてなどいない彼の表情は獣のように荒々しく、目には欲望の炎が燃えあがり、唇は力強い線を描いていて、ザラの体の奥が震える。
 なにもきかず、チェイスがザラの乱れた髪に指を差し入れ、てのひらで頬を包みこむと、彼女の口から純粋な渇望の声がもれた。
 するとチェイスが笑った。その勝ち誇ったような乾いた響きは危険でこのうえなく男らしく、ザラの全身が熱くなった。次の瞬間、チェイスが彼女を引き寄せて唇を奪う。教会で形式的な口づけをしたときとはまるで違い、その姿は長らくお預けになっていた呼吸以上に必要ななにか――ご褒美を与えられたかのようだった。
 チェイスが唇をむさぼるのをザラは負けじと受けとめ、極上のキスに酔いしれた。力強くて男らしくて、ほのかにウィスキーの味もする。そんなチェイスに溺れたかった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。