マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

忘却のかなたの楽園 誘惑された花嫁 I【ハーレクイン・セレクト版】

忘却のかなたの楽園 誘惑された花嫁 I【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト誘惑された花嫁
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 マヤ・バンクス(Maya Banks)
 幼いころからロマンスを愛読し、作家になることを夢見ていた。十代になると毎日ノートを持ち歩き、想像のふくらむまま過激な愛と情熱の物語を書き続けるようになる。現在の話はそのときのものほど過激ではないが、ロマンティックという点では引けを取らない。現在は夫と三人の子供とともにテキサスで暮らしている。狩猟や釣り、ポーカーを好む。

解説

「どこかで会いましたか?」愛しい男性の心ない言葉――ブライアニーは屈辱のあまり彼の頬を打っていた。5カ月前、彼女は島を購入したいと訪れたリゾート開発会社社長、ラファエル・デ・ルカと恋に落ち、濃密な時を過ごした。だが契約書を手に本社に戻った彼から、その後連絡がない。まさか、ラファエルは島を手に入れるためだけに私を誘惑したの ?妊娠に気づいた彼女は必死に悪い予感を打ち消し、彼を待った。そして、ついに意を決して彼に会いに来たのだが……。続くラファエルの告白に、ブライアニーは言葉を失った。「事故の後遺症で、君についての記憶をなくしたのかもしれない」

■運命を感じ情熱的に愛し合った男性の子を妊娠したのに、彼と連絡が取れない……女性なら誰だって絶望のどん底に突き落とされてしまいますよね。しかも彼は記憶喪失で……。ホットなロマンスで大人気、M・バンクスの4部作〈誘惑された花嫁〉をお贈りします。
*本書は、ハーレクイン・ディザイアから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 彼女がふと顔を上げ、ラファエルの顔をまじまじと見つめた。彼は居心地が悪くなり、そんな気持ちをごまかそうとして見つめ返した。そのとたん、ブライアニーの黒い瞳に欲望を刺激され、頬やふっくらした唇を指でたどり、その感触を味わいたくなった。最初にブライアニーに出会ったときもこんな気持ちになったのだろうか?
「どうしてわたしを見つめているの?」ブライアニーはささやくように言った。
「きみがきれいだからだよ」
 ブライアニーは顔をしかめた。「わたしはあなたのタイプじゃないんでしょう」
「ぼくが言いたかったのは、きみはぼくがいつもデートするようなタイプの女性じゃないということだ」
「つまりセックスの相手ってことでしょう?」彼女は皮肉っぽく言った。「でもわたしたちはしたのよ。数えきれないほどたくさんね。あなたは決して満足しなかったし、絶頂にだって達していたわ。あれが演技だとしたらあなたは相当な役者よ。だからわたしがタイプじゃないと言ったのは嘘としか思えないの。まあ、あなたにとってセックスの相手は誰でもいいって言うのなら話は別だけど」
 ラファエルは自分が侮辱されたことがわかったが、怒りにきらめく彼女の目があまりに美しく、何も言い返すことができなかった。
「女性はベッドの中で演技することができるわ。でも男性は? 下半身が言うことを聞いてくれないのなら、それはむずかしいんじゃないかしら」
「わかったよ」ラファエルはつぶやいた。「ぼくはきみに性的な魅力を感じてる。それは認めるよ。ぼくのいつもの女性の好みとは違うがね」
「わたしと寝たことは認めたにしても、おなかの子供はどうなの? あなたの子だと認めるの?」
「ああ」彼は歯をきしらせた。「その可能性は否定できない。でも記憶を取り戻すか、あるいはDNA検査をするまでは完全に信用するわけにはいかない。ぼくはおめでたい人間じゃないからね」
 ブライアニーはもう一度彼を叩いてやりたいと言いたげに口をゆがめたが、やがてつぶやくように言った。「あなたに認めようという気持ちがあるのなら、わたしも協力するわ」
「ぼくたちが一緒に過ごしているとき、きみはいつも……その、そんなに威勢がよかったのか?」
 ブライアニーは眉を上げた。「どういう意味?」
「ぼくの好きな女性はもっと……」
「頭が悪い?」彼女は挑むように言った。
 ラファエルは顔をしかめた。
「弱々しい? 臆病? それとも柔順とか? あなたが何か言うたびに、はい、そうですねって言ってうなずく女性がタイプなの?」ブライアニーはそう言うと、これからひねりつぶそうとしている害虫を見るような目を彼に向けた。
 ラファエルはこれ以上墓穴を掘らずにいるのは何も言わないことだと気づき、口をつぐんだ。
 ブライアニーはうつむいてフォークを置き、それから再び顔を上げた。驚くことに彼女の目には涙がたまっていた。ラファエルの喉は詰まった。なんてことだ。彼女を二度と動揺させたくなかったのに。
「わたしがどれほどつらい思いをしているのかわかる?」ブライアニーの声はかすれていた。「わたしを手ひどく裏切った男性と対決するつもりでわたしはここに来たわ。あのときはあなたときっぱり別れることしか考えていなかった。それなのにあなたは記憶をなくしたなんて言い出したのよ。いったいどうすればいいの? わたしはあなたに裏切られたわけじゃないかもしれない。でもそう考えるのは死ぬほど怖いわ。また裏切られるんじゃないかって疑わずにはいられないから。とにかく、わたしはあなたが記憶を取り戻すまでどうすることもできない。だけど、もううんざりなの」
 ラファエルはただ黙って彼女を見つめることしかできなかった。
「でもだからといって逃げ出すわけにはいかない。わたしはあなたが逃げ出したと思って責めていたんですもの。それに、心のどこかで明日にでもあなたの記憶が戻り、わたしを愛してくれていたことを思い出すかもしれないと思ってしまうのよ」
 ブライアニーは皿を押しやって顔をうつむけ、話を続けた。「だけど希望にしがみついていたら、あなたに裏切られたと思っていたころよりも、もっと愚かなあやまちを犯してしまうかもしれない。今はおなかの赤ちゃんの心配もしなければいけないのに」
 ラファエルは気づくと、ブライアニーを抱き寄せていた。彼女に触れて慰めを与えずにはいられなかった。彼女の顔に浮かんだ苦悩があまりに生々しかったからだ。
 彼はブライアニーの髪のにおいを吸い込み、それが記憶を呼び覚ましてくれないことにがっかりした。嗅覚は過去を思い出す最も強い引き金になるのではなかったか?
 ブライアニーは彼の腕の中で身をこわばらせていたが、少しずつ緊張を解いていった。手を彼の胸に置き、頬を肩にのせている。
 ラファエルは彼女の頭のてっぺんにキスすると、髪に唇を滑らせた。こうするのが何よりも自然なことに思えた。いつもの彼だったらこんな親密なしぐさは絶対にしない。だが、体がずきずきうずくほどブライアニーをやさしく慰めたかった。
「悪かった」ラファエルは心からそう言った。彼のせいでブライアニーが傷ついたのだと思うと、なんともやりきれなかった。
「しばらくこうしていて」ブライアニーはささやいた。「何も言わずに」
 ラファエルは彼女の髪をそっと撫でながら、しばらくそのままでいた。沈黙が流れ、ラファエルはそれがどうにも落ち着かなかった。彼の肩にブライアニーのやわらかな髪がかかり、脇腹には少しばかりふくらんだ彼女のおなかが触れている。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。