マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ガールズラブ小説

二人だけの旅路 〜少女たちの恋物語〜

二人だけの旅路 〜少女たちの恋物語〜


発行: ネットワーク出版
レーベル: GL蜜愛文庫
価格:400pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

江原里奈(エハラリナ)
2015年「君に捧ぐ我が剣の凱歌〜テンプル騎士団幻想〜」にてデビュー。海外旅行好きで、特にフランスなどヨーロッパ舞台のものを多く執筆。本人も小説を書きながらプチ旅行気分を味わっている。

解説

早春の京都、伏見稲荷大社を散策する二人の美少女が居た。
金髪碧眼のキャロルと、清楚な印象の赤毛のルイーズだ。
キャロルにはシャルルという恋人がありながらも、密かにルイーズに惹かれていた。
彼に不満があるわけではない。でも、肉体的に彼を欲しながらも、心は親友の存在を渇望している。そんな戸惑いに終止符を打つために、キャロルは彼女を旅に誘った。
卒業すれば、キャロルはニューヨーク、ルイーズはパリの大学へ進学が決まっている。
刻一刻と、二人の別れの時は近付いていた―― ※本作は、2015年幻創文庫で連載した同名小説を加筆修正し、番外編の短編書き下ろしを加えたものです。

目次

プロローグ
1.清楚な友人
2.嵐山にて
3.少女たちの秘めごと(前編)
4.少女たちの秘めごと(後編)
5.哀しきひとり遊び
6.再会のとき
7.つまらぬ諍い
8.交錯する想い
9.和解
10.今、悦びの契りを(前編)
11.今、悦びの契りを(後編)
12.そして、新たなる旅路へ
番外編・書き下ろし小説 たまにはこんな週末を
あとがき

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。