マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・イマージュ

さよならのあとの秘密

さよならのあとの秘密


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・イマージュ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・マリネッリ(Carol Marinelli)
 イギリスで看護教育を受け、その後救急外来に長年勤務する。バックパックを背負っての旅行中に芽生えたロマンスを経て結婚し、オーストラリアに移り住む。現在も三人の子供とともに住むオーストラリアは彼女にとって第二の故郷になっているという。

解説

心にもない嘘をついてまで、愛する彼に別れを告げたあとに……。

メルボルンの小児病院で働くことになった医師のルシンダは、周囲になかなか打ち解けられずにいた。そんな中、ただ一人、彼女の目と心を奪ったのは麻酔医のセブだった。男らしく魅力的な彼は病を患う5歳の息子を独りで育てていて、ルシンダが彼の息子を手術により救ったことで、二人は急接近する。
やがて出張先で一線を越えて恋人関係になるが、ほどなくセブの心に迷いが生じているのを察した彼女は、わたしは継母には向かないと嘘をつき、さよならを告げた。その後に、予期せぬ奇跡がわが身におこるとも知らず……。

■仕事ぶりはクールながら、子供の命を救うことに人生を懸ける熱きルシンダと、そんな彼女を魅了してやまない優しくて男らしいセブ。HQロマンスでも大活躍する実力派作家C・マリネッリが贈る、せつなさに心ふるえる大人のラブストーリーをお楽しみください! 

抄録

「誰も借りを返してほしいなんて思っていないわ。あなたがどれだけ大変かわかっているから」
「そうかな。それより、今夜はきみのことを話すという条件だったよね。さあ、教えてくれ。著名な美容外科医を両親に持つのはどんな感じなんだ?」
「普通とは違うわ」ルシンダは慎重に言った。
「きみのすばらしい美貌はご両親の遺伝子のおかげなのか、それとも、二人の腕がいいからなのか?」
 ルシンダは笑った。「両方ともあるわね。ほとんどは遺伝子だけど、完璧な娘を求める母の執念にかなうものはないわ。わたしはそこそこ問題のない容姿に生まれたことを日々神に感謝しているの。そうでなかったら、切ったり詰めたり作り直したりで、別人になっていたわ」
「冗談だろう?」
 ルシンダは髪をかき上げた。「九歳のときに両耳を引っ込めたの。昔の写真を見たら、ちっとも飛び出してなかったけど。カバーガールみたいな笑顔のために歯列矯正もしたし、にきびができたら母親が大騒ぎして、皮膚科にも通わされたし」
「すごいな」
「幸い、醜いあひるの子時代の十代は寄宿学校に入れられて、両親とは離れていたから助かったわ」
「どうだった、寄宿学校は?」
「特にこれといったことは」ルシンダはあいまいに答えた。「あなたのご両親はどんな感じ?」
「二人とも亡くなっているんだ」
「お気の毒に」
「気の毒がることはないよ。ぼくはすばらしい子ども時代を過ごしたから。もちろん、今も生きていてくれたらよかったけど、きみの話を聞いて、ぼくは恵まれていたんだと思った。おやすみのキスとか家族そろっての食事とか、そういうものがないなんて想像もできないよ」
「だから、普通とは違うのよ。休暇で家に帰っても、そういうことは一度もなかった。あることを知らなければ、それがなくて寂しいとも思わないものよ」
「いや、そんなことはないよ」セブはルシンダの目をじっと見つめた。
 ルシンダはごくりと唾をのんだ。彼の言うとおりだわ。わたしには家族で囲む食卓も、親からの無条件の愛情も、すべて無縁のものだった。両親にとっては成功がすべてだった。実際には味わったこともない親密な親子関係がなかったのが寂しかった。
「そういうことがビリーに起こるんじゃないかと心配なんだ。姉やベビーシッターにずっと頼るわけにはいかない。ビリーには安定した生活が必要だ。寄宿学校も選択肢に入れたほうがいいかもしれない」
 だめよ! ルシンダは叫びたかった。ビリーを寄宿学校に入れるなんて、考えただけでぞっとする。自由のない暮らしは入院生活だけでもう充分よ。でも、わたしはよけいな口出しをする立場じゃないわ。
「わたしはなんとか切り抜けたわ」悲しみで胸がいっぱいになりながらも、ルシンダは言った。母親や父親が夕食を食べながら今日一日のことを尋ねることも、寝かしつけてくれることもない。大好きなビデオも観られなくなる。あのすばらしい個性が押さえつけられてしまう。当時はそれでいいと思っていたけれど、今考えるとぞっとする。わたしは寄宿学校で感情を隠すことを覚え、両親を遠ざけた。子どもには両親が必要だわ。今ならそれがわかる。自分がどんな機会を逃してきたか、今になってひしひしと感じる。
 会話ははずみ、ダイエットコーラしか飲んでいないのに、ルシンダは気がつくと、何年も忘れていたことをセブに話し、めったに表に出さない面を彼に見せていた。セブは驚くほど聞き上手だった。カレーを食べ終えたときには、二人が分かち合っていないものは一つだけになっていた。一瞬、部屋の中が静まり返り、熱い緊張感が漂った。ルシンダの心を読んだかのように、セブがふっとほほ笑んだ。
「今夜のきみはきれいだ。そのドレス、女らしくていいね。そうじゃなくても女らしいけど」
「わたしだって、ビジネススーツやぴったりしたドレスばかりじゃないのよ」ルシンダは嘘をついた。こんな服を衝動買いしたのは初めてだ。
 セブはゆっくりと思わせぶりに机をまわり込むと、ルシンダの両手を取って立ち上がらせ、自分のほうに引き寄せた。
 セブも背は高いが、長身にエスパドリーユをはいたルシンダは、彼と目の高さがほぼ同じだった。二人が唇を重ねるのは容易なことだった。ルシンダはセブにぴったりと寄り添い、薄い布地越しに背中にまわされた彼の両手のぬくもりを感じた。だが、うっとりするようなキスに浸る間もなく、セブがそっと体を引いた。
「もう行くよ。このままいると抑えがきかなくて、あっという間にばかなことをしてしまいそうだ」
 ルシンダは不満げにつぶやき、彼の胸に頭を預けた。彼の言うとおりよ。ここで、こんなに早々と関係を持つことはできない。でも、セブのそばにいると、わたしの抵抗力はないに等しくなる。
「ばかなことって?」二人の夜を終わらせたくなくて、ルシンダはかすれ声できいたが、誘惑の問いに対する彼の答えは、言葉を失うほど衝撃的だった。
「恋に落ちることだよ」セブはルシンダの頭にそっとキスをした。「ぼくはもう戻ったほうがいい」
 ルシンダは無言でうなずき、その場に立ち尽くしたままセブを見送った。彼も同じ気持ちだった。わたしだけじゃなかったのね! こんなことを知ったあとで、今夜はとても眠れそうにない。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。