マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

砂の炎

砂の炎


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ケイトリン・クルーズ(Caitlin Crews)
 ニューヨーク市近郊で育つ。12歳のときに読んだ、海賊が主人公の物語がきっかけでロマンス小説に傾倒しはじめた。10代で初めて訪れたロンドンにたちまち恋をし、その後は世界各地を旅して回った。プラハやアテネ、ローマ、ハワイなど、エキゾチックな地を舞台に描きたいと語る。

解説

政略結婚から逃げだした花嫁には、熱く厳しい罰が待ち受けていた。

婚約式の翌日、アマヤは婚約者の前から黙って姿を消した。兄の決めた政略結婚に一旦は同意したが、やはり間違いだった。婚約者であるシーク、カヴィアンはハーレムを持ち、そこに大勢の女性を囲っているとの噂を耳にしてしまったのだ。そんな人と結婚したら、わたしも母のようになってしまうわ。父の愛を得られず、心を病んだ母のように。半年後、居場所を突きとめられたアマヤは強引に連れ戻され、待ち受けていたカヴィアンから耳を疑うような言葉を投げられる。「さて、まずは服を脱いでもらおうか」

■政略結婚から逃れられないと悟ったアマヤ。尊大で鼻持ちならないシーク、カヴィアンの本当の姿を知り、思わず心を動かされますが……。

抄録

 聞き違いだと思った。
「わたしも今すぐここで裸になったってかまわない」カヴィアンがアマヤの顔を見つめながら戻ってきた。「だがそんなことをしたら、きみは気絶してしまいそうだな。足もとの大理石はかなりかたいんだ。怪我をするかもしれない」
「気絶なんてするものですか」カヴィアンを諦めさせる方法をあれこれと考え、もっとも単純で、もっとも挑発的な嘘をつくことにした。彼のような男性が不快感を抱きそうな嘘を。「裸の男性なんてめずらしくもなんともないわ。これまでに大勢がわたしのベッドを出入りしてきたもの」
「いや」カヴィアンがそう言い、ふたりのあいだの距離をつめた。「それはないな」
 大きな石造りのアーチに肩がぶつかり、いつのまにかあとずさりしていたことにアマヤは気づいた。彼の暗いまなざしに見入っているうちに、ほかのことに注意が向かなくなっていたのだ。アマヤはなけなしの自己防衛本能を動員して、どうにか悲鳴をあげないようにした。彼がすぐ目の前まで迫っていたからなおさらだった。
「服を脱ぐよう言っただろう、|かわいい人《アジツツイ》」
 彼の口がすぐそばにあった。愛情を示すと思われるその聞きなれない言葉が発せられた瞬間、唇に彼の吐息を感じた。アマヤは滑りやすい坂道を転げ落ちようとしていた。体を少し前に傾けるだけで彼を味わうことができるのだ。どうしたら自分を抑えられるのか、さっぱりわからなかった。
「命令に従うのは苦手なの」アマヤはどうにか言い返した。
 引きしまった口もとがかすかにゆがんだように見えた。すぐ目の前で。
「今はまだそうかもしれないが、じきに慣れて素直に従えるようになるさ。わたしが断言しよう」
 ふたりのまわりの空間だけ時間が止まったかのように、張りつめた空気が漂っていた。アマヤは婚約式の夜の記憶をどこかへ追いやろうとしたが、今ここで起きていることがわからなくなるほど、過去が現在に複雑に絡みついていた。
 彼が髪に触れてきたときの感触がよみがえる。何本にも分けて編み、品よくまとめられた髪が彼の手で包まれたと思った次の瞬間、動けないように頭を押さえられ、唇を奪われた。貪るように何度も、何度も。本来は、正式かつ公的に交わした誓約について“話しあう”という目的でふたりきりになった、バクリ宮殿のアルコーヴで。ほとばしる情熱にのみこまれ、アマヤは自分では制御不能なまったく別の人間になった気がした。彼の力強い体によってアルコーヴのかたい壁に押しつけられ、そして――。
 でも、あれは半年前のできごとだ。今いる場所は、音がよく響くだだっ広い浴場で、ここにあるものと言えば、ハーレムに囲われていた十七人もの女性たちの亡霊と、銀色に光る意味深長な目つきの男性だけ。
 今度も彼が身をかがめ、唇を重ねてくるものと思っていた。あの野性味あふれる低い声を思いだすだけで、またしても興奮を覚え、胸の先端がかたくなり、足先に力が入る。
 けれども、カヴィアンはそうはしなかった。
 代わりに彼はアマヤの前にひざまずいた。服従を示す行為であるはずなのに、まったく反対の意味に感じられた。
 どうしていいかわからずに息をのんでいると、ブーツと靴下を脱がされていることに気づいた。素足が触れた石の冷たさに身がすくみ、アマヤははっと我に返った。彼が窓をぱっと開け放ち、石で覆われたこの場所にすがすがしい空気を導き入れたかのようだった。
 アマヤは手を伸ばし、彼を突き飛ばそうとした。あるいは、そうするのだと自分に言い聞かせたのに、失敗に終わったのかもしれない。いや、単に彼に触れたかっただけなのだろう。なぜなら、伸ばした両手を彼のたくましい肩に置いているその状態は、“突き飛ばす”というにはほど遠いものだったから。アマヤは引きしまった彼の体にしがみつくことしかできなかった。彼が頭を上に向け、にこりともせずにアマヤの顔を見あげたときには、すべてを見透かされたようで何も言えなくなった。
 やめて、とは言わなかった。
 カヴィアンの手がアマヤのウエストに触れたかと思うと、息つく暇もないうちに、腿から足首までいっきにジーンズを引きずりおろされた。それでもアマヤはやめてほしいとは言わなかった。
「お願い」大きな両手で足首をつかまれ、ようやくアマヤは言ったが、もう手遅れだった。「だめよ」
 自分でもどういうつもりなのかわからなかった。非情なまでの手際のよさで着ているものを脱がされたことに衝撃を受け、わけがわからなくなっていた。カヴィアンが立ちあがり、アマヤの腰に片手をまわして自分のほうに引き寄せた。それはアマヤの足からジーンズを蹴りだすためだったが、抱きしめられたわけでもないのに、彼女は天にものぼる心地になった。本当に気絶してしまうのではないかとアマヤは思った。
「だめなのか?」心をかき乱す低い声でそう言うと、カヴィアンが今にもキスしそうなほど顔を近づけてきた。「本当にそれでいいんだな?」

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。