マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説ファンタジー小説

D−邪神砦 〜吸血鬼ハンター13

D−邪神砦 〜吸血鬼ハンター13


発行: 朝日新聞社
レーベル: ソノラマ文庫 シリーズ: 吸血鬼ハンター
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 菊地 秀行(きくち ひでゆき)
 1949〜
 千葉県銚子市に生まれる。青山学院大学法学部卒業。在学中に推理小説研究会で活躍。卒業後は、フリーライターで雑誌等に寄稿のかたわら、小説を執筆。1982年『魔界都市〈新宿〉』で鮮烈なデビューを飾る。1985年から『魔界行』『妖魔戦線』『妖獣都市』等、超伝記官能バイオレンスを発表し人気爆発、超売れっ子作家に。少林寺拳法をたしなみ、ホラー映画を愛し、とにかく小説を書くのが好きな好漢。

解説

 貴族の“遊戯地”として恐れられている谷間に、『都』に向かう乗合の飛行車が不時着した。
 やくざ、酒場女、老夫婦、戦闘士、少年、そして、謎の“サクリ”とそれを護送する護送官ら二人。
 この奇妙な取り合わせの乗客たちは、死の谷間からの脱出の成否を居合わせたDに託したいと願った。
 しかし、Dがこの谷間を訪れた目的は、昔、神祖の軍と戦った貴族の砦を訪れることにある。
 果たして、前途に待つものは――。
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

第一章 飛行車の旅人
第二章 “遊戯場”の敵影
第三章 死の砦
第四章 囁《ささや》く翳《かげ》
第五章 刺客殺
第六章 “神”の誘い
第七章 変わりゆく者
あとがき

抄録

「いよいよ、本番か」
 右腕の横に立てかけてあった矢筒を背負い、長剣を腰にくくる。敏捷な動きに停滞はなかった。
 その間にDは寝入っている連中を起こした。どういう具合になっているのか、片手を肩に置いただけで、みな弾かれたように起きた。
「どうした?」
 と護送官が訊き、
「敵だ。その岩の陰に集まれ」
 Dからこう聞くや、素早く“サクリ”に駆け寄って、岩に結んだロープを自分の手に巻きつけた。
 右手の指の間に鉄矢をはさんだビアスを見て、ジャンが身震いした。武者震いである。
「来やがったか、畜生め。おれもやるぜ」
 と蛮刀をベルトに押しこむ。
「敵は五人」
 とビアスが言った。眼を閉じている。足音を聞きつけたのだろう。
「おれがやる」
 みなの眼が注がれた場所には、声だけが残っていた。Dはすでに水辺に近づいている。
 ためらいもせず、流れに踏みこんだ。貴族の血を引くものに“流れ水”は大敵だと知っているビアスの眼が光った。
 かなり急な流れにもびくともせず、川の真ん中へ進んで上流の方を向いた。水は腰まである。
 霧と闇の向うから、五つの人影が水上を滑ってきた。
 Dの五メートルほど手前で停止する。
 こちらも流れの影響は一切受けていない。それは長靴の乗った円盤の力であった。直径三〇センチほどの金色をしたそれは、装着したものに水すましのごとき表面張力を与え、しかも、いま見るごとく、いかな強力な流れの上でも自在に移動し得るのであった。
 停止したのも一瞬で、五人はゆるやかに水上を流れて、Dを中心に円陣を組んだ。全員が金色の鎧《よろい》と兜《かぶと》姿であった。四人が長槍で、五人目がレーザー砲を構えている。
「久しぶりの遊び相手が来たか」
 Dと向き合った鎧姿が愉しげに言った。夜風に黄金のマントがゆれる。
「ここが何処か、知らぬわけでもあるまい――よくよく運が悪いか愚か者と見える」
 じろりと岸辺の人々へ眼をやって、
「あそこにも人数がおるな。まとめて“人魚狩り”に参加してもらうぞ。――こうやってな」
 鎧姿は腰のパウチから、何か小さな魚みたいなものを取り出し、激しく動き廻るそれを水中に放った。
 忽然とそれは二メートル近い巨魚に変わって、泳ぎ去ろうとする。
 鎧姿の右手から迸る白い光が、彼と水とをつないだ。
 神速のひと突きと、Dだけは認めたかどうか。
 激しい水飛沫が上がる中から、長槍に貫かれた巨魚が持ち上がった。
「痛い――痛い」
 人間の声だ。マリアとストウ夫人が悲鳴を上げた。だが、それだけではなかった。
 低い含み笑いとともに、鎧武者がこちらへ向けた魚の顔は――断末魔の苦痛に歪む人間の少女の顔であった。
 痙攣する身体を高々と掲げて、鎧武者は笑った。
「これが“人魚狩り”よ。“人虎狩り”もあるぞ。虎と魚とどちらを選ぶ?」
 さらなる高笑いの何と邪悪なことか。そして、その中で新たな低い声が、なぜこれほど強く、冷やかに響いたか。
「もうひとつ知っていることがある」
 哄笑は断ち切られるように熄《や》んだ。
「何?」
「これだ」
 声と同時に跳躍した黒衣姿の美しさ。鎧姿はそれに見惚れたのかも知れない。
 ずん、と斬り下ろされる刀身に、兜ごと肋骨すべてを斬り離されてのけぞる仲間を見て、残りが声の代わりに殺気の塊となって槍を構えた。一歩下がっていたレーザー射手が武器を肩づけする。
 その喉を左から右に、真紅の矢が貫いた。
 灼熱の光を空中へ送りつつ落下する仲間の方は見向きもせず、残る三人はDと対峙した。いきり立って倒せる相手ではないと見抜いたのだ。
 足場を固め、腰を落として構えた長槍の見事さ、凄絶さに、第二矢を放とうとしていたビアスが硬直した。
 すっとDが沈んだ。
 青眼の刀身を、切尖をやや下向かせたまま、Dは肘まで流れに隠した。
 三人の眼から白刃は消えた。刀法もまた。流れの中に四つの姿は人型の岩のように停止した。
 ジャンが喉を鳴らし、マリアがトトを抱きしめる。“サクリ”すら凍りついていた。
 霧を巻いて躍った人影は、Dの左後方の敵であった。
 空中から流れる槍の速度は最初の武者に劣らない。
 Dの手もとで水が裂けた。


 現われた刀身が長槍を弾いて反転し、頭上に弧を描くや、三メートルも向うの水中に落下した敵の身体は、股間から右肺までざっくりと裂けて水に沈んだ――その前に、残る二人も右後方と正面から送り出した武器を苦もなく跳ね上げられて、大きくよろめくところを、疾《はし》る光は容赦なくその胸を断った。
 わずかに立つ位置を変え、残心を取った若者の背後を、五本の黒い水流が走り去る。
 拭いもせず振りもせず、凄絶なる刀身を鞘に収めて水からあがったDを迎えたものは、歓声の代わりに死のような沈黙であった。
 人智を越えた戦いぶりに、ほとほと肝を冷やした――ような、眼つき顔つきではない。彼らはDの正体を知ったのだ。
 茫然と見つめる一同へ、
「新手が来ないとは限らない。発つぞ」
 ときた。
「そんな無茶な」
 と抗議したのはジャンである。老夫婦の方を指さして、
「見なよ、この二人はもう一歩も歩けねえ。おれもみんなもクタクタだぜ。今の奴らの仲間にやられる前に、過労死しちまうわい」
 と喚いた。
「それは確かだ」
 とビアスが加勢した。
「それに、夜歩くのは昼の十倍疲れる。老人と女子供は負うていくにしても、動きは大幅に鈍るぞ」
「男は来い」
 おかしな返事をして、Dは崖の方へ歩き出した。
 訳もわからず後について、ジャンがあっと叫んだ。
 崖の下に、数は多くはないが、二メートルほどの円筒形の植物が枝葉を広げている。
「筏《いかだ》かよ、おい?」
 ジャンが眼を丸くした。
「この木は確かに水にゃあ浮くが、斧《おの》の刃も立たねえくらい硬いんだ。それによ、その斧も鋸《のこぎり》もねえんだぜ」
 両手を広げて、まいったと肩をすくめるその前で白光が閃いた。
「――!?」
 まさにひと太刀――枝葉を大地に叩きつけて倒れる円筒を尻目に、Dは次の材料に移っていた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。