マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌雑学話のネタ

メシを残すことで有名な西田〜アートっぽい残飯〜

メシを残すことで有名な西田〜アートっぽい残飯〜


発行: モバイルメディアリサーチ
レーベル: girls pocket book
価格:200pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

購入する


著者プロフィール

 シモダ テツヤ
 (株)ペーパーボーイで働くライター兼お笑いサイト「オモコロ」のクソ編集長です。
 元プロレスラーなので体力には自信があり、どんなものでも粉砕する自信があります。悪い人に絡まれたら、さっとピン札の2000円札を差し出し許しを請うスピードが武器です。
 部下のナポリタン西田の残飯癖を直すために残飯をブログで公開することにしました。著書に「たすけてジャスピオン!」等があります(ありません)。

解説

 オモコロpresents/ザッツ・おバカテイメント。第1弾!


 キミは、他人の残飯をこれだけたくさん見たことがあるか! いや見なくていい。見る必要がない。でも見らずにはいられない!!


 前代未聞の残飯アート観察日記。
 サブカル好き男女に捧ぐ、シュール度2000%!! 一生に一度でいい、とにかくぜひご覧あれ。ダイエットの参考にもなります。(なりません)


 ---------
 私が勤める会社には、「メシを残すことで有名な西田」という男がいる。
 西田は非常に食が細く、お百姓さんが知ったら白目をむいて卒倒しかねないような汚いメシの残し方ばかりする男だ。
 このままでは西田は極楽浄土にいけないと考えた私は、西田にプレッシャーを与えて残し癖を治させるため「西田が残したメシを記録し、残ったメシを私が食べる」という気持ち悪い企画をはじめることにした。
 (本文まえがき・より)

抄録

【西田の特徴】
身長168cm, 47kg
体脂肪率4% 28歳


ミステリアスな雰囲気を醸し出す昭和のインチキ手品師みたいな男。
トローチを舐めてるときの顔が一番カッコいい。


9月3日
味噌カツ定食


本日は、味噌カツ定食を豪快に残す。


メインであるカツを残すだけでは飽き足らず、キャベツ、米、味噌汁を残し、全体的に「私食べてません感」を演出した。


だが、デザートに出たナシは食べられるらしく、シャリシャリと嬉しそうに食べていた。ならばカツも食べろ。


お茶は一杯。


--------------------------------------------------------------------------------
9月4日
カレーライス


カレーライスをわずかに残す。


このペースなら最後まで食べるかもしれん! と期待したが残す。


本人はカレーの上に温泉タマゴを乗せて嬉しそうだった。トッピングの有無が明暗を分けた試合だった。泥試合だ。


水は1杯。


--------------------------------------------------------------------------------
9月5日
バンバンジー定食


職場近くの定食屋にて蒸し鶏定食を残す。


しかし、水はよく飲んでいた。
最近、彼は何かの目的のためにメシを残している気さえしてきた。


水は2杯。


--------------------------------------------------------------------------------
9月6日
王将 焼き飯定食


会社帰りに寄った王将にて ヤキメシ定食を残す。


今回は、まんべんなくメシを残すテクニックを披露した。


ポイントとしてあげるならば、コーンを残すことにより全体的な「イエロー感」をぐっと引き出し、サッカー大国ブラジルを応援してます、という想いを残飯に込めたところだろうか。


水のおかわりはしっかりととる。


水は3杯。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。