マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ディザイア

口づけの行方 ハーレクイン・ディザイア傑作選【ハーレクイン・ディザイア版】

口づけの行方 ハーレクイン・ディザイア傑作選【ハーレクイン・ディザイア版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ディザイアハーレクイン・ディザイア傑作選
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・パーマー(Diana Palmer)
 シリーズロマンスの世界で今もっとも売れている作家の一人。総発行部数は4200万部を超え、ニューヨークタイムズを含む各紙のベストセラーリストにもたびたび登場。かつて新聞記者として締め切りに追われる多忙な毎日を経験したことから、今も精力的に執筆を続けている。ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる。家族は夫と息子の三人。

解説

私を嫌っているはずなのに、その唇はとても優しくて……。

アイヴィは物心ついたときから、自分勝手な姉に振りまわされてきた。美しい長女だけを溺愛していた亡き父が、遺産のすべてを姉に遺したため、今では経済的にも苦しい日々を強いられている。そんなアイヴィの心の拠りどころは、親友のメリーだ。ある日、メリーの家に泊まったアイヴィは、真夜中のバスルームでメリーの兄スチュアートと鉢合わせてしまう。アイヴィは彼が苦手だった。そばにいるとなぜか落ち着かなくなる。しかも彼は、アイヴィが姉と同じく奔放で遊び好きだと思いこみ、辛辣な態度で接してくるのだ。だが、その夜の彼はいつもと少し違った。不可解なまなざしを向けてきたかと思うと、突然、アイヴィにキスをした。

■様々な時代の選りすぐりのディザイアの話題作をお贈りしていく“ハーレクイン・ディザイア傑作選”。第1号を飾るのは、北米ロマンス界の最重鎮ダイアナ・パーマーです。初めての恋心に揺れるヒロインに、彼の態度は冷たくて……?

抄録

 アイヴィを見つめるスチュアートの淡いブルーの目には、奇妙な光が宿っていた。めったに笑わない彼の官能的な唇は、今も固く結ばれている。アイヴィはスチュアートから目を離すことができなかった。黒い毛に覆われた広くてたくましい胸や、シルクのパジャマに包まれた力強い腿は、テレビドラマのヒーローのようにセクシーだ。くせのない豊かな黒髪は乱れ、睡眠不足らしく目が充血していたが、女性なら誰もが夢見るほどすてきだった。
「わたし、探し物をしていて……」
「ぼくを捜していたのかい?」スチュアートがアイヴィに手をさしのべた。「きみの噂は、レイチェルからいろいろ聞いている。まさかとは思ったが」彼は露出度の高いネグリジェに包まれた彼女の体に視線をはわせた。「あの噂は本当だったようだな」
 スチュアートのぬくもりを間近に感じて、アイヴィの膝は震えた。石鹸とコロンのほのかな香りが彼から漂ってくる。じっと見つめられ、アイヴィの胸はとどろき、理解しがたい欲求がこみあげてきた。目をそらそうとしても、そらせない。だが、激しい頭痛のために目はかすみ、まともに考えることすらできなかった。
 次の瞬間、アイヴィは冷たい壁に背中を押しつけられていた。スチュアートは壁に両手をつき、たくましい体を彼女と密着させて、薄手のネグリジェからのぞいている胸のふくらみに視線を落とした。
「わたし……欲しいの」アイヴィは意識を集中し、かすれた声で鎮痛剤が欲しいと言おうとした。
「ぼくが欲しいのかい?」スチュアートはビロードのように柔らかな声で言い、なかば開いたアイヴィの唇に目をやった。「ぼくをどうしたい?」
 当惑しているうちに、スチュアートの唇がアイヴィの唇をとらえた。男性経験のない彼女は、思わず身を硬くした。スチュアートの唇は貪欲で、口づけ以上のものを求めているようだった。
“離して”と言うべきだとわかっていたが、彼のキスは実にたくみで官能的だった。アイヴィは大人のキスをしたことがなかった。強引な男性は嫌いだったはずなのに、なぜかスチュアートにはあらがうことができない。彼は自分が何をしているか、よく知っているはずだった。やがて、彼の口づけが優しくなった。スチュアートはアイヴィの下唇に軽く歯を立て、口をもっと大きく開けさせようとした。
 胸の奥が熱くなり、アイヴィはかすかに身を震わせた。たくましい胸のぬくもりが、てのひらに心地よい。筋肉質の胸に指をはわせ、ぞくぞくするような刺激を味わっていると、スチュアートの体が敏感に反応するのがわかった。アイヴィはうながされるまま唇を開き、我知らず彼のほうへ身を寄せた。
 それを誘いと受け取ったスチュアートは、彼女の体に自分の腰を押しつけた。アイヴィは彼の欲望が頭をもたげるのを感じて怖くなった。スチュアートはうめくような声をもらし、執拗に求めてくる。今ここで“やめて”と言っても、やめてはくれないだろう。
 スチュアートがアイヴィのまろやかな腰を両手でとらえ、自分のほうへぐいと引き寄せたとき、胸が高鳴るような喜びは恐怖に変わった。スチュアートが欲望をつのらせていることは、男性経験のない彼女にもはっきりわかった。ことの成り行きに怯えたアイヴィはスチュアートの胸を押しのけ、重ねた唇を引き離そうとした。
 一方のスチュアートは、アイヴィを求めずにはいられなかった。肉体は、彼女への抑えきれない欲望をあからさまにしめしている。彼女の肌は敏感で、その唇は夢のように甘かった。スチュアートはアイヴィとベッドをともにすることしか考えていなかったが、激しい抵抗に遭い、わずかに顔をあげた。
 グリーンの瞳に恐怖の色が浮かんでいるのを見て、スチュアートは困惑した。ぼくはレイチェルにだまされていたのだろうか? 妹は男性関係にルーズだとレイチェルが言っていたが、アイヴィはこの状況に死ぬほど怯えているようだった。
「やめて」アイヴィが喉をつまらせ、訴えるような目をして言った。「お願いだから」
 スチュアートがほっそりしたウエストをとらえた手に力をこめると、アイヴィは息をのみ、ますます身をこわばらせた。そこでスチュアートは考えをあらためた。こんなにも頑なにぼくを拒絶するアイヴィが、男性関係にルーズであるはずがない。
 理性を取りもどすにつれて、スチュアートの胸に怒りがこみあげてきた。今夜、ぼくは自制心を失って、アイヴィへの欲望をむき出しにしてしまった。彼女に口づけすることで自分の弱みをさらけ出し、猛り狂う欲望の嵐に翻弄されて、無垢な少女のようなアイヴィに手を出してしまった。彼女はまだ十八歳だというのに!
 スチュアートは怒りと羞恥心と罪の意識に襲われてアイヴィを乱暴に突き放し、露出度の高いネグリジェに包まれた華奢な体に燃えるような目を向けた。彼女を求める気持ちは、今も変わってはいない。
「真夜中にそんな格好でうろついていたら、こうなって当然だ!」スチュアートはアイヴィのネグリジェを指さした。
 アイヴィは身を震わせ、自分で自分を抱きしめるようにして、ふらつきながら片手で目を押さえた。スチュアートにキスをされているあいだ、忘れていた猛烈な頭痛がぶりかえしてきたのだ。アイヴィは右目を襲ったすさまじい痛みに耐えかねて、壁にぐったりとよりかかった。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。