マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ティーンズラブ小説

囚われの碧眼メイド〜幼妻候補を毒牙から救え〜

囚われの碧眼メイド〜幼妻候補を毒牙から救え〜


発行: 総合企画
レーベル: 秘蜜の本棚 シリーズ: 人形の館
価格:300pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

行枝ローザ(いくえろーざ)
がっつり道産子が海を渡って、東の都近くでひっそりと生きてます。職の放浪者としてコンビニ勤務を出発して、アパレル店員、コーヒー豆を売って、ホステスでお酒を注いだ後に事務職でパソコンを覚えてから、オペレーターで腹黒毒舌をひっくり返してにこやかに接客。今日もどこかで働いて、2.5足くらいのワラジ履きで妄想活動中。

解説

今まで自ら男性に口戯などすることのなかったお嬢様気質の弥生。
フランス人メイド:マリーと少年執事のトオルから、『躾』と称した口戯レッスンが始まった。
マリーの股間には疑似ペニス。口戯が未熟な場合『お尻叩き』の罰を弥生に与えることになっている。
「うぅっ……いやぁ……もぉいやぁ……」
トオルから与えられる罰を、涙目になりながら耐える弥生。
だが、言葉とは裏腹に、熱い視線と吐息を漏らし、身体は悦びを感じるようになっていた。

その頃、栖原グループの会長:康秀は、マリーの妹:エマと婚約するため、13歳の誕生日に処女を奪う計画を立てていた。
誕生日を前にしたある日、待ちきれない康秀は思いもよらぬ行動に出た。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。