マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションライトノベル伝奇

沙丹の血(改訂版)

沙丹の血(改訂版)


発行: いるかネットブックス
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

つやつやみお
ありがとうございます。天狗とうさぎが大好きなつやつやみおです。絵担当の森下要と共に「かなめみお」という屋号で活動をしています。

妖怪専門薬師セイメイさんや天狗の真白、月に住む兎人という妖達等、人と妖がふれあう漫画や小説を書いています。私の作品は読み切りですが、どれも世界観が同じで、どこかが繋がっています。
人と妖のふれあう和風ファンタジーの他に、人外BLの「みおの腐れ実」、うさぎ獣人夫婦の明るい官能小説「みおの桃の実」なんてエッチなシリーズも書いています。
沙丹が人喰い鬼に狙われる「鬼の給食当番」、……BLがお好きな方は、真白×沙丹の「守護天狗」、真白がセイメイを拾ったお話「久遠の君へ」なんかもよろしくお願いします〜! 

いろんなイベントに森下要と一緒に「かなめみお」の名前で出店しています。かなめみおで検索して下さい。私は愛想の良い適当人間ですので見かけたらぜひ仲良くして下さいね。
Twitter、mixiはつやつやみお、pixivはかなめみおの名前でやっています。フォロー、フレンド申請等もお気軽に!

解説

妖から美味しそうに思われる血肉を持つ絵描きの青年、霧島沙丹。そして、彼を守護するお人好しの天狗、真白の出会いのお話。「兄ちゃん、美味そうな匂いしてるのぉ」なんて押し倒された沙丹を助けてくれたのは、色っぽい猫又の女で……。
他、山になかなか帰らない真白を迎えに来たカラス天狗達のお話と、真白が沙丹を守護するきっかけとなった、沙丹の母と真白の少し切ない雪の日のお話。
人と妖が織りなす、優しくてドキドキな和風ファンタジー三本立て! 

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。