マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

シルバー【MIRA文庫版】

シルバー【MIRA文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: MIRA文庫
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

美しき胸のうちで燃えさかる、決して消えない憎しみの炎。波瀾の愛憎劇を書かせたら、P・ジョーダンの右に出る者なし。

一度見たら忘れられない、完璧な美貌とすばらしい肉体で人々の注目を集める謎の女シルバー・モンテーヌ――彼女はスイスの豪奢な山荘にこもり、金で買った盲目の男ジェイクから愛のテクニックを手ほどきされていた。すべては、純愛を踏みにじられ最愛の父親を殺された、幼き日の復讐を果たすため。世間知らずの伯爵令嬢から魔性の女へと変貌を遂げたとき、彼女の華麗なる復讐劇が幕を開ける……!総発行部数1億部を誇る、ベストセラー作家P・ジョーダン。中でも傑作との呼び声高い会心のサスペンス・ロマンスが、ついに復刻!
*本書は、MIRA文庫から既に配信されている作品のカバー替え版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 彼はさりげなく手を伸ばしてきた。不意を突かれたシルバーは、思わず身を引いた。
「ぼくはその気になればキスもできる。それから、こういうことも」
 あっと言う間にジェイクはシルバーを膝の上に抱き上げた。かなり背丈があるシルバーを、彼は布切れのように軽々と抱き上げてしまった。
「ここで、ぼくが熱くなっていればきみにはわかるはずだ。なっていなかったら――方法はいくつかある。時間的余裕と、二人の関係によって選べばいい。もし、まだ深いつき合いをしていなくて、ぼくがキスしようとしたら」
 ジェイクはもう一度シルバーの体に手をかけ、膝の上に寝かせた。一方の手はシルバーの頭を、もう一方の手は背を支えている。彼の唇は冷たく、キスには何の感情もこもっていなかった。
 彼は目をとじるだろうか? ふと、そんな意地の悪い疑問が心をよぎる。シルバー自身は本能的に目をつぶっていた。気持ちを集中させたかったからではない。彼の顔を見たくないからだ。第一、彼のよそよそしい唇に神経を集中しても無意味ではないか。
 ジェイクは目を伏せたが、とじはしなかった。ときおり、まぶたの間で瞳がきらりと光る。シルバーは身動きもせず、彼の腕に体を預けていた。思い出したくないのに、チャールズにキスされたときの記憶がよみがえる。彼に愛され、求められていると思うと、天にも昇るほどうれしかった。燃えてキスを返し、喜びに満ちて……。
「何を考えてる?」ジェイクの厳しい声がシルバーを現実に引き戻した。「きみは男を惑わせる勉強をしてるんだぞ。悲しい思い出に浸っているときじゃない」
 どうしてわかったのだろう? こちらの考えていることが筒抜けだなんて、まったく不愉快きわまりない。
「よく覚えておくんだ。こうして体を触れ合っているときは、それを最大限に利用すること。ほら、もっとエロティックに迫ってきてごらん。なぜ黙ってる? 女の本能で何かできるだろう?」
 女の本能なんてないわ。わたしは父に息子として育てられたし、人からはつまらない醜い女の子と言われてきたのよ。女という自意識が発達しないのは当然でしょ? けれど、シルバーはただ冷たく答えた。「そういう本能があれば、あなたに教えてもらう必要はないわ」
 体を寄せ合ってはいても、二人の間には何の熱っぽさもない。彼の固い体を押しつけられて胸が痛くなり、シルバーはわずかに体をずらした。
「放して。息ができないわ」
 ジェイクが大きく息を吸い込んだので、いっそう胸が圧迫されて苦しくなった。
「何か感じはするだろう?」
「ええ」
「最初はそれでいい。今度は、ぼくがキスしたら体をすり寄せてごらん。ここと」彼の手が胸にすべり、続いて腰を押さえる。「ここを。なるべくリズミカルに。どんなリズムかは言わなくてもわかるね?」
 もうやめて! ほかの人に頼むわ。体を引き離してそう言いたかったが、その気持ちはなんとか抑えた。プライド以上に、強い忍耐力が働いていた。
「今の目的は、ぼくを挑発することだ。軽くキスするつもりだったのに――それがどうなるかは、これからのお楽しみとしようじゃないか」
 ジェイクが憎い。このよそよそしい口のきき方が……嫌悪感や軽蔑の念を隠そうともしないこの態度が憎い。でも、彼の助けを借りなければ目的は達成できない。
 さっきと同じように彼の冷たい唇が触れ、シルバーはいやがる体を無理に彼にすり寄せていった。彼をチャールズだと思おう。そして、この状態を現実の出来事だと考えよう。
 しかし、どうしても動きがぎごちない。ジェイクが応えようとしないからいけないのだ。彼が顔を上げたときには、すでに失敗だとわかっていた。
「どうしてこんなことをするの? 必要だとは思えないわ」
「いや、きみには必要だ。どういうふうにすればいいか、見せてあげよう」彼はシルバーを抱き締め、ソファに寝かせて自分の体を乗せかけた。
 依然としてさめたキスだが、今度は彼の唇がゆっくりとシルバーの唇の上をすべる。それに合わせて、彼の腰と胸が微妙に動く。そのリズムは次第にはっきりし、エロティックな動きとなって伝わってくる。顔をそむけようとしても、彼の手に押さえられて動きがとれない。全身が震え、胸の鼓動が激しく打ちはじめる。やがて彼の動きは速く、力強くなり、それから急に止まった。
「体をすり寄せるっていうのはこういうことだ。さあ、きみの番だよ。やってごらん」ジェイクはさっと起き上がり、ゆったりとソファの端に座り直した。
 ショック――少なくとも、プライドが傷ついたのは認めざるをえない。彼のキスにこれほど心が乱れるなんて、屈辱を感じる。それでも、今は彼の指示どおりにするしかないだろう。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。