マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションミステリ小説日本ミステリ小説

みやこさわぎ

みやこさわぎ


発行: 東京創元社
シリーズ: お蔦さんの神楽坂日記
価格:1,296pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

西條奈加(さいじょうなか)
1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー。12年『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞、15年『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。〈お蔦さんの神楽坂日記〉シリーズに『無花果の実のなるころに』『いつもが消えた日』がある。他の著書に『善人長屋』『千年鬼』『ごんたくれ』『刑罰0号』など。

解説

高校生になった滝本望は、いまも祖母と神楽坂でふたり暮らしをしている。芸者時代の名前からお蔦さんと呼ばれる祖母は、料理は孫に任せきりだしとても気が強いけれど、ご近所衆から頼られる人気者だ。そのお蔦さんが踊りの稽古をみている、若手芸妓・都姐さんが寿退職することになった。幸せな時期のはずなのに、「これ以上迷惑はかけられない」と都姐さんの表情は冴えなくて……(「みやこさわぎ」)。
神楽坂で起こる事件をお蔦さんが痛快に解決する! 粋と人情と、望が作る美味しい料理がたっぷり味わえるシリーズ第3弾。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。