マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌恋愛実用恋愛How To(女性向)

ラブ★キャッチャー(上)〜どっちがNG?どっちがOK?10シーン20人のリアル恋物語〜

ラブ★キャッチャー(上)〜どっちがNG?どっちがOK?10シーン20人のリアル恋物語〜


発行: モバイルメディアリサーチ
レーベル: girls pocket book シリーズ: ラブ★キャッチャー
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 島田 佳奈(しまだ かな)
 恋愛系“女豹”ライター。自身の波乱万丈な体験を活かしきった骨太な恋愛論と繊細な描写が、切ない恋に苦しむ女性の共感を呼んでいる。
 また「女心の核心をついている」と、目からウロコを落とす男性ファンも多い(笑)
 現在、Choco(恋愛系)・栗かのこ(官能小説系)の別ペンネームでも活躍中。

解説

 携帯サイトの人気連載小説を、完全書籍化! 八方美人にモテたいわけじゃない。ハートを掴みたいのは「あの彼」だけ!
 合コン、初デート……など、恋愛初期に揺れる女性2人の恋のパターンを、ショートストーリー仕立てに紹介。恋に勝つのは、A子? B子? どっちがNG!? どっちがOK!?
 “リアルな恋”の2つのストーリーに秘められた“ホンモノの恋”を掴む極意。さぁ、恋のレッスン開始します!

目次

■Scene1:合コン(出逢い)
■Scene2:オフィスラブ(片思い)
■Scene3:男友達(進展)
■Scene4:メール(告白)
■Scene5:初デート(交際)

抄録

【神様の悪戯:恵利香の場合】


……また、か。
章雄からのケーメルを見た私は、タバコの煙をため息とともに吐き出した。


大学時代に同コンで知り合ってから、かれこれ2年。
当初章雄に近づいたのは、一緒に合コンに参加した彼の親友との仲を取りもってもらうためだった。


だけどその恋はあっさり玉砕した。
なぐさめてくれた章雄の優しさに触れ、私は彼に、恋心とも友情ともとれるような、ほんのり甘い感情を抱くようになった。


以来、私はひそかにチャンスをうかがっていた。
だけど皮肉なことに、彼にとっての私は「互いの恋を応援する」ポジションに置かれてしまっていた。


章雄が追いかけるのはいつも、目の前の私ではなく、他の女の子ばかり。


「ちょっと相談に乗って欲しいんだ。おごるから今晩飲まないか?」
別にいいよ、とそっけない返事を出し、私はタバコを灰皿に押し付けた。


章雄が持ちかけてくるのは、陳腐な恋の悩みばかり。
だけどつい断れず相談に乗ってしまうのは、ひとえに章雄の恋の行方が気になるから。


期待半分、諦め半分といった複雑な感情を抱えたまま2年の月日が流れた。私と章雄は「腐れ縁」のような「親友」のような、それなりに“かけがえのない関係”を築いていった。


+ + + + +


「なぁ、一体オレのどこがいけないんだ?」
「そうやってなんでも私を頼ってるところじゃない?」
「てかさー、女心って女のお前の方がわかるじゃん。オレ一人の考えじゃ思いつかないようなこと教えてくれるし。いつもすげー感謝してるんだぜ♪」


感謝するくらいなら、目の前の女の気持ちも少しは理解しようと努力してよ、と私は心の中で毒づき、グラスに残ったサワーを一気に飲み干した。


「で、今度はどんなコなの?」
「それが聞いてくれよ! 新しく隣の部署にきた派遣のコなんだけどさ、これがもう、笑えるほど恵利香に雰囲気が似てんの!」


……笑えないってば。


「へ、へぇーそうなんだぁ。で、今回は何を悩んでるの?」
「そのコ彼氏いるんだよ。まーそれはいいとして、オレのこと男だと意識してないのが問題なんだよな」
「彼氏いたら、フツーそーなんじゃないのぉ?」
「ったくこのフェロモンむんむんのオレ様に向かって『章雄さんって紳士なんですね』だと。誉められた気がしねーよぉ」
まーまーと章雄の肩を叩き、私は心の中で苦笑いした。


先日章雄は、社の飲み会の帰り、終電を逃したそのコをタクシーで自宅まで送ったらしい。
そして「コーヒーでも飲んでいけば?」の誘いにまんまと部屋まであがったくせに、本当にコーヒー1杯ご馳走になるだけで帰ってきてしまったのだ。


「だってよぉ、部屋に彼氏とツーショットの写真飾ってあったんだぜ? そんなのに睨まれながら押し倒すほど、さすがのオレも鬼畜にはなれんって」


章雄の言い分もわかる。


そしてコイツが本当に「紳士」だということも、私は身をもって知っている。


+ + + + +


いつだったか、会社の先輩から交際を申し込まれたことがあった。
私は「章雄への曖昧な感情に終止符を打とう」と、彼にYesの返事をした。
そして章雄に彼氏ができたことを告げ、祝杯の場で私は酔いつぶれた。


無邪気に祝ってくれる章雄。
なんで少しは残念がってくれないのか。理不尽な怒りの感情が沸き起こる。
一度は決意したはずなのに。
逆に、章雄に対する自分の恋愛感情の大きさに気づいてしまうとは。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。