マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

大富豪と手折られた花 ベレア家の愛の呪縛 II

大富豪と手折られた花 ベレア家の愛の呪縛 II


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンスベレア家の愛の呪縛
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

泣くことも忘れた孤独な私。愛に飢えているとも知らなかった。

ルシーラは仕事が欲しくて必死だった。でも、家族に認めてもらう方法がほかにないからといって、男性のスイートルームに来たのはまずかったかもしれない。案の定、寝室のドアが閉まると、ルシーラはパニックに陥った。現れたニックは、直談判したい社長とは別の実業家だった。そして、今夜は彼女に目をつけていたと言い、男と二人きりになる意味は知っているな、と確認した。ルシーラは完全におびえ、大事な告白もできなかった。本当は修道女と同じくらい、男性を知らないのだと……。

■2011年に惜しまれつつ亡くなったペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作の2作目をお贈りします。1作目では今作のヒロインであるルシーラに、驚いた方も多かったのではないでしょうか。実は彼女は悲しい秘密をかかえ、孤独に苦しんでいたのです。

抄録

 毛皮のコートを着ていても、ルシーラの全身は寒々としていた。いいえ、違う、ニックにつかまれている腕だけはぬくもりを感じている。もっと彼に体を寄せたい。ルシーラはなじみのない気持ちに駆られたけれど、その気持ちを振り払うために、別のことに意識を向けた。
「なぜなの?」彼女は怒った口調できいた。
「なぜって、なにがだ?」
「なにを質問されたかはわかっているでしょう。どういうつもりなの? なぜ私のリハーサルへ来たの?」
 ニックが急に足をとめたので、腕をつかまれていたルシーラも立ちどまるしかなかった。くるりと彼の方を向くと、目の前にはがっしりとした大きな体が立ちはだかっている。その体にぶつかりそうになったので、ルシーラがあわてて両手で防ごうとすると、ニックが胸の前でその手をつかんだ。
「震えているじゃないか……」彼はボタンをはめていない自分のジャケットの中に、ルシーラの両手をすべりこませた。そうして大きくて温かい体で彼女を冷たい風から守り、ぬくもりを分けてくれた。
 毛皮のコートを着ているのに、ルシーラは体の芯から冷えきっていた。一方のニックは薄いシャツを着て、革のジャケットをはおっているだけなのに、熱くて力強い生命力が感じられた。
「放して」ルシーラはかすれた声で言った。
「僕はなにもしていないぞ」
 証明するように、ニックは両手を上げた。にわかには信じがたかったものの、ルシーラが目をやると、たしかに彼女の手は勝手に彼の胸へ張りついていた。
 そのままにしていたら火傷してしまうというように、彼女があわてて手をどけると、ニックは屈託のない笑い声をあげた。
「なぜ私がリハーサルしているところへ来たの?」ルシーラはもう一度きいた。「あててみましょうか? あんなふうに侮辱される私を見たかったのよね? 楽しくて、心の底から笑えたのでしょうね!」
「違う」
 淡々として感情を押し殺した口調に、ルシーラは思わずニックを見た。彼の顔は一変し、とてつもなく厳しい表情が浮かんでいる。ニックの見知らぬ一面を垣間見た気がして、彼女は少しばかり怖くなった。
 今までニックを恐ろしいと思ったことはなかった。でも、なにをどうしようと彼は男性で、力も私より強い。ルシーラは男性という生き物を軽く考えていた。男性なんて欲望にすぐ支配されてしまう、弱い存在だ。だから欲望を逆手に取れば、望みをかなえてもらえる。そう思っていたけれど、どうやら目の前の男性だけは違うらしかった。
 ルシーラがおびえていることを見て取ったのか、ニックの表情から厳しさが消えた。
「誰であろうと、侮辱されている姿など見たくもないよ、ルシーラ。特に、侮辱する側がその行為を楽しんでいるのは不快でしかない。そもそも、なぜジュリアン・マナーズと仕事をしようと思ったんだ? あいつは筋金入りのサディストだぞ」
「わかっているわ。でもちょい役の役者は、監督が誰かなんて事前には知らされないの」
「なるほど。だが、エージェントになれば事前にわかるぞ」ニックは意地悪く言った。
「あなたの下で働くつもりはないわ。私は……私は女優で……」
「いや、君は女優ではない」ニックはまったく動じずに否定した。「君の母親は女優だった。君と半分血のつながった弟たちもそうだが、君の才能は別のところにある。あきらめるんだ、ルシーラ。自分のものではない夢を追うのはやめて、あるがままの姿を受け入れたほうがいい。さもないと、壊れてしまうぞ。僕がなぜ君をさがしてここまで来たのか、理由を本当に知りたいか? ゆうべ、君に夕食の誘いを断られたせいで、僕は招待されていたパーティに行ったんだ。そこにジュリアン・マナーズも恋人の男性と一緒に来ていて、君を話題にしていた。君は笑いものにされていた……あいつみたいな男たちの、ひどいあざけりの対象となっていたんだよ。彼らは君を嫌い、侮辱したがっている。演じれば演じるほど、彼らにそういう機会を与えることになるぞ。それが本当に君の望みなのか?」
「いいえ!」ルシーラは叫ばんばかりに言った。「そんなわけないでしょう? でも、あなたの下で働くのもいやなの」ニックに情け容赦なく真実を突きつけられるのも、才能のなさに気づかされるのも、なにもかもがいやだ。この先、一日に八時間もニックがそばにいて、君は人生を何年も無駄にしたと言われるなんて、なによりも我慢がならない。
 誰がなんと言おうと、私はエージェントにはならない。したいと思わないことをするわけにはいかないのだ。絶対に。
 しかし、ニックはほかの人とは違っていた。彼はかすかに笑みを浮かべただけで、歩み去るルシーラを引きとめもしなかった。
 結局は自分が勝つと、ニックはわかっていた。そのとき、僕はルシーラを手に入れるのだ。僕のなすがままになり、与えられる喜びに酔いしれる彼女の姿を見るのが、今から待ち遠しくてならない。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。