マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

汚れなきギリシアの愛人

汚れなきギリシアの愛人


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

決して愛を告白してはならない。それが立派な愛人の心得。

エラは窮地に陥っていた。父の家具店が倒産寸前のうえ、借金の形に自宅を没収されることになったのだ。そこへ債権者として現れたのがギリシア人実業家ニコロスだった。エラは思わず息をのんだ。1年前、婚約者を亡くしたばかりの彼女を誘惑し、強引に唇を奪った傲慢な男!「君には今日から3カ月、僕の屋敷で愛人として暮らしてもらう」無慈悲な要求も、家族思いのエラは受け入れるほかなかった。ともに暮らしだしてすぐ、ニコロスから子供嫌いだと聞かされ、エラは落胆した。折しも彼女の体に妊娠の兆しが現れて……。

■ハーレクイン・ロマンスの頂点で輝き続ける大人気作家リン・グレアムの、100作目を飾る記念作をお贈りします。純粋で心優しいヒロインと傲慢ギリシア大富豪の王道シンデレラ・ロマンスです!

抄録

 ジョイの親友エールザはウエディングプランナーで、エールザのパートタイムの従業員が病欠したとき、ジョイがエラに代わりに働くよう強く迫った。エラは断ることもできたが、もしジョイの気分を損ねたら、彼女に八つ当たりされて家族全員が悲惨な目にあうのはよくわかっていた。それに、常日ごろから継母が父に向ける意地の悪い嘲りの言葉を聞くのがいやでたまらなかった。
 その夜、エラが会場となっている邸宅に着くと、驚いたことにウェイトレスではなく駐車係を頼まれた。実を言えば、エラは上級免許を持ち、スピードの出る車が大好きだった。結婚式の招待客が乗ってきた高級車を駐車場に回す仕事は楽しいだろう。ところが、あのマクラーレン・スパイダーのペダルから足がすべり、植えこみの枝にドアをかすめることになった。
 ニコロスがどなり、エールザが事態収拾のために飛び出してきた。エラは即座に謝罪したが、不幸にも効果がなく、エールザがエラを首にすると言ってニコロスをなだめようとした。そこで突然ニコロスが冷静になり、この件は水に流すと言うと、招待客の集う屋敷に大股に入っていった。
 再びニコロスに会ったのは、夜もかなり更けてからだった。エラは屋敷の外で舞踏室のDJが流す音楽を聴きながら、寒い中で暖を取るためにビートに合わせて体を揺らしていた。背後の物音にぱっと振り返ると、ニコロスはただそこに立ってエラを見つめていた。光を反射するその瞳は溶けたカラメルのような色で、金色の光を放っていた。
「車が必要なら、ご自分で取りに行ってください」エラは言った。
「そうだな。二度と君にあの車を運転させる気はない」ニコロスは音もなくエラに近づき、見おろした。あれほど大柄な男性にしては、実に静かな動きだった。「今夜は何時に上がるんだ?」
「もう上がったわ。バーテンダーを待っているの。うちまで乗せてもらうから」
「きっと長く待たされるぞ」ニコロスがつぶやくように言った。
「そうね」エラは頭をもたげ、かぶりを振って顔から髪を払った。風が吹きつけ、髪が目に入ったからだ。
「ゴージャスな髪だ」ニコロスがささやいた。
「ありがとう……」背後の窓からあふれる光の中で、エラはニコロスの浅黒い顔をじっくり見た。そのとたん、彼はこれまで見た中で最もゴージャスな男性だということ以外には何も考えられなくなった。
「それにその瞳もすばらしい……だが、運転はお粗末だ」
「ペダルを踏んだときに靴底がすべったせいよ。私は上級免許を持っているの」
「信じられない」
 エラは顎を上げた。「それはあなたの問題でしょう。私のせいじゃないわ」
「僕の問題は、君が欲しいことだ」ニコロスが平然と言った。「窓の外で踊る君を見て、すっかりその気になった」
 エラはひどくうろたえ、真っ赤になった。「まあ……」
「まあ?」ニコロスが嘲るように口まねをした。「それだけか。ほかに言うことは?」
「なんと言ってほしいの?」エラは表情豊かに目をくるりと動かしてみせた。「今は男性と付き合う気はないわ」
「僕だって女性と付き合う気はない。欲しいのは一夜の相手だ」ニコロスはあっさり認めると、細い指をエラの髪に差し入れて引き寄せた。エラがまともな精神状態だったら考えられないほど近くに。
 まともな精神状態かどうかに関しては、続いて起きた出来事がまともでなかったと証明した。ニコロスはもう一方の手をエラの背中に当てて二人の体をぴったり重ね合わせると、唇を強く押しつけて強引に舌を差し入れ、彼女が一度も経験したことのないようなキスをした。全身を駆け抜ける激しい感覚に、エラの頭はくらくらし、膝から力が抜けた。彼は情熱的で押しが強く、そして貪欲だった。しなやかに動く引きしまった腰と力強い腿が、キス一つで一糸まとわぬ抱擁にも等しい親密感が得られると教えた。
 ニコロスの唇が離れた。押しつけられる熱い体とは対照的に、背中に冷たい夜気を感じた。エラは自分が誰で、ここがどこかを思い出した。肌に感じる寒気が胸を切り裂き、吐き気をもたらした。
「ありがとう、でもお断りよ」エラは体を引き離して言い放つと、立ち去ろうとした。
「嘘だ」
 その声には驚きがはっきりと聞き取れた。ニコロスは自分と同じくらい私が燃えあがったと知っているのだ。
 でも、彼も知らないことがある。私がこれほど燃えあがったのは生まれて初めてだ。しかも、最愛の人が二十四歳という若さで逝ってから数週間もたっていない。エラはその事実に傷つき、もう少しで泣き崩れそうだった。
 私はポールが欲しいと思っていたのに、彼は一度もこんな気持ちにさせてくれなかった。そのことに気づくと、今度は悲しみに襲われ、罪悪感にさいなまれた。
「来ないで」エラはかぼそい声で言い、屋敷の裏手に向かった。そこで待っているつもりだった。どんなに長い時間でもかまわなかった。たった今キスをした男性とどこかに行くよりも間違いなく安全だ。彼のキスは私の心から過去を、ポールを消してしまった。
 ニコロスが求めたのは、つかの間の楽しみと一夜の情事だけ。その相手になるという過ちは犯さなかったし、あとで悔やむようなまねもしなかったが、エラの心は大混乱に陥っていた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。