マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

ブルックリン橋をわたって

ブルックリン橋をわたって


発行: Benjanet
シリーズ: ブルックリン橋をわたって
価格:1,200pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

母親を病気で亡くし、別居中だった父親とニューヨークで暮らすことになった主人公・小野寺早紀は、日本人学校の同級生に打ち解けず孤独な毎日を送っていた。そんなある日、父親から「危険な地区だから絶対に行くな」と言われていたブルックリン橋を渡る決意をしたことで、彼女の人生が大きく動き出して……。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。