マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

湖の秘密

湖の秘密


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

ウエディングドレスはみごとに仕上がった。サテンにレースを飾った、優美でかわいいドレス。それは、はつかねずみの一家の物語を描いた絵本の中で、ねずみの花嫁が着ているドレスとそっくり同じものだった。これを着て、フランは花嫁に――いや、リサのママになるのだ。そう、愛されていないと知りながら、リサのために、今日、フランは憧れのリトリック医師と結婚する。リサの願いどおりの、絵本そっくりのドレスで。あと半年という小さな最後の命の日々を幸せにするために。

抄録

 翌朝、ロマンスらしいものは、何もなかった。ファン・レイゲン博士は約束の時間きっかりにやって来て、五分かそこら、クレアに愛想を振りまいてから――フランは内心ひどく腹が立った――彼女を車に導いた。
「私たち、どこへ行くんですか? いえ、あの、私をどこへ連れて行くおつもりですの?」
「ロマンチック・スリラー小説のヒロインみたいな言い方だね、フランセスカ。僕は君をどこにも連れて行くつもりはない。君が言っているような意味ではね。高速道路を避けて、田舎をドライブする。そのほうが君にオランダの田園地帯を見せてあげられるからだ。そのあと、僕の家へ行く。君に会ってもらいたい人がいるんでね」
「奥様ですね」
「妻は亡くなったよ」彼は車のスピードを上げた。「この先はフォーヘレンザングといって、木立のある砂丘が続いている。いつか、鳥の声を聞きに行かなきゃね」
 フランは窓の方を向いて、景色に見入っているふりをした。ばかにされているんだわ。そうとしか考えられない。こんな調子で一日じゅう付き合わされるんなら、来なければよかった。だいたい、初めから来たかったわけではないのだ。
「なぜ私なんかを相手にして時間をむだにしていらっしゃるのか、わけがわかりませんわ」フランはつい、不機嫌に言ってしまった。
「そんなつもりはまったくないんだが、今はまだ説明できる時じゃない。とりあえず一、二時間、僕を嫌ってることを忘れてくれたら、どこへ行こうとしているか、教えてあげよう。僕たちはもうすぐヒレホムを抜けて、アールスメールの湖畔へ向かう。そこから湖の反対側へ回って、ニーウコープに通じる郊外道路へ入る。ニーウコープ湖の北端まで行き、そこでユトレヒトへ抜ける高速に通じる道路に乗る。僕の家はユトレヒト郊外で、ザイストの森の中にある」
「長い道のりですのね」
「直線距離にすれば、たいしたことはない。それに、車ならそう遠くはないよ。昼食は僕の家でとれる」
 フランは横目でちらっと彼を見た。厳しい横顔。ドライブを楽しんでいるとも思えない。それなら、なぜわざわざ私を誘ったのだろう? 彼女が顔を背ける前に、彼が振り向いた。ほほ笑むと、彼はずっと若く見える。「ここのところ、僕、出かけてなかったんだ。病院や夜勤のこと、気難しい医者の講義のことなんかしばらく忘れて、楽しくやらないか?」
 彼の笑顔が優しく温かなので、フランはつられてほほ笑み返した。「そうですね。こんなに気持のいい日ですものね」
 彼の手が、ひざの上で組んだ彼女の手の上に伸びた。「協定成立。さあ、ここがアールスメールだよ。いろんな花の説明をしてあげよう」
 二人はそこでコーヒー・ブレイクを取ってから再び車に乗り込み、平坦な緑の野に畑や集落が散在する、静かな田園風景の中を走った。しかしその風景も長くは続かなかった。高速道路に入ると、まもなくユトレヒトの町が前方に迫り、たちまち片側に去って行った。ファン・レイゲン博士はむぞうさといっていいくらい楽々と、かなりのスピードで車を飛ばした。ユトレヒトを過ぎ、ザイストの町が後方に過ぎ去ると、高速を降りて、車は郊外道路に入った。ザイストはまだ片側に見え、反対側には美しい森が現れてきた。高速道路を抜けたあとでは、ほっとする光景だった。
「どの町からもずいぶん離れているんですね」
「そう。それでいて、ザイストやユトレヒトへ行く道に出るには、ほんの二、三キロ走ればいいんだ」
 車は小さな村を通り過ぎるところだった。かわいらしいコテージがいくつかと、大きな教会。美しいヴィラも見える。
「すてき」
「同感だね」博士はそう言ったかと思うと、ぐいとハンドルを切り、れんがの門柱の間をすり抜けて、木立に覆われた私道に乗り入れた。フランは驚いて座り直し、窓の外に目を凝らした。
 正面に家が見えてきた。切り妻の屋根と、何列もの大きな窓がついた、重厚な造りの館だ。窓は上の方にいけばいくほど小さくなり、みな、よろい戸がついている。玄関は、半円形の階段の上にあった。がっしりした木製のドアの飾りガラスの周りには、凝った彫刻が施してあり、大きなノッカーがぶら下がっている。
 フランは博士の方を見ないで言った。「ここにお住まいですの?」
「ああ」彼は彼女に体をもたせかけるようにして、彼女の側のロックを解き、シートベルトを外してくれた。それから車を降りてボンネットを回り、彼女が降りて来るのを待った。
「なぜ私をここへ連れていらしたのか、わけを聞かせていただきたいわ」フランは鋭い口調になった。
「ああ、それは、僕の小さな娘に会ってほしいからだ。娘は君に会えるのを、とても楽しみにしているんだよ」
「お嬢さん? そんなこととは、思ってもみませんでしたわ」
「そりゃ、そうだろう。さあ、入ろうか?」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。