マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

条件つきの結婚 思いがけない秘密 III【ハーレクイン・セレクト版】

条件つきの結婚 思いがけない秘密 III【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト思いがけない秘密
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

ジェシカは父親から信じがたい話を聞かされ、頭を抱えた。雇い主から貴重な美術品を盗んだ疑いをかけられたというのだ。父は大富豪セザリオ・ディ・シルベストリのもとで働いている。このまま誤解を解かなければ、解雇されてしまうだろう……。実は2年前、ジェシカはセザリオに誘われ、食事をともにしていた。だがそのあと当然のごとくベッドへ誘ってきた彼に驚き、逃げだしたのだった。もう二度と会いたくなかったが、父の汚名を晴らすため、ジェシカは勇気を振り絞って彼を訪ねた。セザリオは相変わらず傲慢な笑みを浮かべると、こう言い放った。「父親を許そう、僕の跡継ぎを産むという取引に応じるなら」

■ベビーにまつわるロマンスを描いた人気3部作、〈思いがけない秘密〉の最終話です。愛なき結婚の終盤に発覚する新しい命の芽生えとヒーローの哀しい秘密。“命”について考えさせられます。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「スタッフに言って、さっそく結婚式の準備を始めさせよう」セザリオが言った。
 ジェスはとまどい、彼を見つめた。「そんなにすぐに?」
「もちろんさ。君の気が変わるといけないからね、|僕の小さな恋人《ピツコラ・ミア》」セザリオは彼女の全身に視線を走らせ、端整な口元に、ジェスの嫌いなあの皮肉な笑みを浮かべた。「それに、僕たちのプロジェクトに取りかかるのに、ぐずぐずして時間を無駄にする理由はないだろう?」
「そうね」ジェスは口の中でもぐもぐと答え、身をかがめてジャケットを取り上げた。
 セザリオが片手を差し伸べ、ジェスがその意味を理解できずにいると、彼は洗練された態度で彼女の手からジャケットを奪い、たたまれた服を広げてみせた。遅まきながら彼の意図に気づき、ジェスは頬を赤らめて体の向きを変え、袖に腕を通した。襟に挟まった髪を彼が外に出してくれるのを感じ、着慣れた服の内側で、彼女は身を硬くした。
「髪を下ろした姿を見るのが楽しみだよ」ハスキーな声に期待をにじませ、セザリオがささやいた。
 振り返ったジェスは、彼の声に潜む暗い響きと熱っぽいまなざしに不安をかき立てられ、慌てて一歩後ろに下がった。どういうわけか、相手が彼だと自分の体がひどく意識され、自分がどうしようもなく不器用で青くさい人間になったように感じられてしかたがない。
 ジェスは身を守るように胸の前で腕を組んだが、セザリオはそれを無視し、彼女の頬に人差し指を当てた。「君は僕の妻になるんだ。僕に触れられることに慣れてもらわなくてはね」
「私にいったいどうしろというの?」ジェスは憤然として尋ねた。彼のせいで自分がかくもあっさり十代の娘のようにぎこちなくなってしまうことが腹立たしかった。
 セザリオは彼女の片手をつかむなり、容赦なく引き寄せた。「まずはもっと体の力を抜くことかな」
 ジェスの体が震えだし、閉じた唇の内側で噛み合わせた歯がかちかちと鳴った。
「キスをするだけだ」彼はなめらかに告げた。
 ジェスは凍りつき、グレーの目が動揺を映して揺れた。「だめよ――」
「とりあえず始めないことには、ピッコラ・ミア」
 意外にも彼が手を放したので、ジェスは急いで自分の手を引っこめ、さらに後ろに下がりかけた。けれども、はたと気づいた。私はもはや、自分の気持ちにかまっていられる立場ではないんだわ。キスも許さないとなれば、取り引きの履行は無理と見なされ、話はなかったことにされるだろう。彼女は凍りついた。自分がはかない小鳥になり、飢えた猫が忍び寄ってくる気分だった。
 セザリオが勝ち誇ったように静かに笑うと、ジェスの頬はいっきに熱くなった。セザリオを見上げた彼女は、その大きさを改めて思い知った。百八十センチをゆうに超える身長と、筋肉に覆われたたくましい体。ジェスは顔から血の気が引いていくのを感じた。怖がる必要はないのだといくら頭が言い聞かせても体は聞く耳を持たず、勝手に後ろに反り返って危うくバランスを失いかけた。耳の中で心臓の音がわんわんとこだましている。
「僕には得意なことがいくつかあるんだ。これもそのうちのひとつだよ、ピッコラ・ミア」セザリオは生来の自信に満ちた口調で言った。
 彼の唇が、風に運ばれたたんぽぽの綿毛のようにごくそっと、ジェスの閉じた唇をかすった。もっと情熱的なキスを予想していた彼女は完全に虚を突かれ、胸の内側で心臓がさらに激しくとどろきだした。すると彼の唇が再び彼女のもとに舞い戻り、ジェスは緊張に身を硬くした。しかし彼を拒むべく引き結んだ唇の合わせ目を、彼の舌先がそっとなぞったその瞬間、思いがけず彼女の体は生き生きと目覚めだした。
 痛みにも似た感覚を伴って震えが駆け抜けるのを感じながら、ジェスは唇を開いて彼を迎えた。ゆったりとした、熱く濃密なキスだった。胸の先端が硬くなるのを感じ、彼女はショックに打たれた。胸がふくらんで大きくなり、下着に締めつけられる感じがしてうまく呼吸ができない。感じやすい口の中を彼の舌がエロティックにさまよい、脚の間がみるみる熱く潤う。
「もう充分よ」ジェスは震える声で訴え、彼の大きな肩を押し戻した。顔が恐ろしくほてっている。またしても彼の唇の感触を楽しんでいた自分が信じられなかった。前回彼にキスをされたとき、彼の内側に募る情熱を感じておののいたのは、単なる偶然だと思っていた。
「いや、まだまだこれからだ」セザリオはかすれた声で告げ、くすぶるような黒に金色の輝きを帯びた目で、そむけられた彼女の横顔をたっぷりと眺めた。再び彼を見上げたとき、ジェスは互いの視線がぶつかるのを感じ、慌てて目をそらした。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。