マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌エンターテインメント占い

「運命」という名の生命体

「運命」という名の生命体


発行: いるかネットブックス
シリーズ: スピリチュアル占い師
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

鮫島礼子(さめじまれいこ)
小説家・スピリチュアルカウンセラー。著書は150冊超。占いコンテンツ「北国の巫女」は大手プロバイダ数社で首位獲得。波木星龍 監修『この占いがすごい! 神聖開運占術大全』にて執筆協力。

波木星龍(なみきせいりゅう)
「正統占い教室」主宰。『古代エジプト守護神占星術』、『江戸JAPAN極秘手相術 超入門から極秘伝まで一挙公開』、『実際手相鑑定密義−復刻版』、『四柱推命の謎と真実』他、著書多数。

解説

病気や看取り、祈りやお祓い、占い師になるキッカケや転機、人生に行き詰った時に読んで欲しい1冊。

波木星龍「母の日に捧げる記」
今、私が「占い」を生業としているのは、母の死があったことと無関係ではありません。そういう原点から出発している私は今も母親からいつも見守られている気がしてなりません。

鮫島礼子「それを「運命」とヒトは呼ぶのか」
波木星龍先生のもとを訪れて大きく変わった点はもうひとつ、手相です。波木先生のもとを訪れてからぐんぐん反対側の部分から線が伸び始めて、3つの補線のようなモノが伸びてきたのです。

目次

まえがきに代えて〜神秘小説・「未来」からのメッセージ〜 波木星龍
―波木星龍編―
―鮫島礼子編―
あとがきに代えて 鮫島礼子

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。