マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

ひそやかな誓い【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

ひそやかな誓い【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ゲイル・ウィルソン(Gayle Wilson)
 作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンティック・サスペンスと、十九世紀初頭の摂政期を舞台にした歴史ロマンスを書き分けながら、北米ではこれまで二十作以上の作品をハーレクインから刊行。ロマンス小説界の由緒あるRITA賞を二度も受賞したほか、数々の賞を獲得している。すでに独立した一人息子も教師となり、現在は夫と増え続ける犬や猫とともに米アラバマ州に暮らす。ミニシリーズ『孤高の鷲』はヒーローたちの孤独な闘いと真実の愛にたどりつくさまを描いた連作で、北米で大好評を博し、続編が次々と刊行されている。

解説

忘れることのできなかった誓い。守られることのなかった誓い……。

メアリーは牧師の娘、ニックはかのヴェイル公爵の子息。彼女は身の程知らずの恋とは知りながら、ほんの一瞬でも彼に愛され、たとえ正式でなくとも結婚の書類に署名してもらえただけで幸せだった。だが、戦地へと発った彼が残したのは、その思い出だけではなかった――ただ1度の契りで子を授かったことがわかり、メアリーは愕然とした。やがて生まれた息子は、彼女も家庭教師として雇うことを条件に、子宝に恵まれない夫婦のもとへ養子に出され、7年が過ぎた。ある日、妻に先立たれた雇い主から強引に体を求められ、抗ったが運の尽き、彼女はいわれなき罪で裁きにかけられてしまう。絶望と共に法廷に立ったメアリーは、ニックの姿を目にして声を失った。今や公爵となった彼は古い書類を手に彼女をこう呼んだ。「公爵夫人」

■大御所G・ウィルソンによる英国摂政期ロマンスをお届けします。ひそやかな誓いののち離れ離れになったふたり。その後、帰還したのに長年、連絡さえよこさなかったニックが突然現れ……。衝撃の再会後に互いの切ない思いが交錯する、涙なくして読めない名作!
*本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 彼はあたりを見まわして娘の姿を捜した。すると驚いたことに彼女は、下でふたつに分かれた樫の木の、ねじれた幹の上に立っていた。その昔、なにかの原因で幹がふた手に分かれ、一方が曲がって伸び、高さ一フィートほどのところで自然が作り出した壇のようになっていた。籠はまっすぐに育った幹のそばの草の上に置いてある。娘はそのまっすぐな幹から突き出した大きな枝につかまって体を支えていた。すでにボンネットを取っていて、解き放たれた濃い茶色の髪が流れるように波打っている。その髪の豊かな輝きは、小さな空き地にさし込む太陽のきらめく光を、ひとり占めしているかのようだった。彼女の青い目が、空き地を横切ってくるニック・スタントンをじっと見つめていた。
「片足を引きずっていらっしゃるようですけど」娘が言った。
「この三日間、足を引きずらないよう我慢してきたんだ」ニックはにやりとして答えた。「いまぐらいは大目に見てほしいね」
「戦場で負傷されたのね」
「名誉の負傷さ。敵に向かっていって受けた傷だ」その言葉に、娘の口もとが震え、もう少しでほころびそうになった。
「武勲をお立てになったのでしょう?」彼女はからかうような口調できいた。
「いや、とくに手柄を立てたわけではないさ」
「でも、ウェリントン公は手柄と思われたようですわ」娘は挑発的な口調で言い返した。
 ニックは笑って首を横に振った。だが、歩調をゆるめることなく、彼はまっすぐ樫の木に近づいていった。
「無茶をなさったの? それとも、あなたはとてつもなく勇敢なのかしら?」
「それは見方によるだろうね」ニックはこともなげに言った。
 彼は娘の前で立ち止まったが、上背があるので、目の高さは彼女とほとんど同じだった。青い瞳と灰色の瞳がしばしのあいだ見つめ合う。やがて娘はニックに手を触れた。こめかみに波打つニックの金髪を、手の甲でそっと撫でる。ニックは左手で娘の指をとらえると、口もとへ引き寄せた。
 指先にすぐりの果汁がついた彼女のほっそりした手を、ニックはその唇でゆっくりとなぞった。娘がもう一方の手でニックの肩をつかんだ。彼女は上等な毛織りの軍服に親指をすべらせ、そこから首筋を撫であげて、温かく絹糸のような彼の髪に指をもぐり込ませた。
 ニックはとらえていた手を放すと、娘の細くくびれたウエストに両手を置き、幹の上から自分の胸へと彼女を抱きおろした。拒絶されることはなかった。娘は甘くとろけるようにニックの首にしがみつくと、自然と唇を開いて、彼の唇に近づけた。ニックも唇を合わせて、舌をすべりこませた。慣れた恋人どうしらしく、待ちかねていたとばかりに。
 ゆっくりとした長い口づけだった。ニックはいままで足を引きずっていたにもかかわらず、そのたくましい体に信頼しきったように寄りかかってくるメアリーを、軽々と抱きかかえた。彼はメアリーを下におろした。キッドの華奢な靴を履いた彼女の爪先が地面についたが、ふたりの唇はなおも触れ合ったまま、離れがたくたがいを愛撫していた。ようやくメアリーが、彼の両頬に手を当てて口づけを終わらせた。
「軍に断られたと言って」彼女はまるで懇願するように言った。
 ニックが笑顔で首を横に振る。「そんなこと、あるわけがないだろう? いまは経験豊かな士官がひとりでも多く必要なんだ。そのことはロンドンへ行く前に、きみにも話したじゃないか」
「それで、もう体は大丈夫だと納得させてきたのね」
「正直なところ――」
「正直なところ、脚のことでは嘘をついたんでしょう」メアリーは非難した。
「ぼくが復帰したいと言ったら、みんな大喜びで、反対する者などいなかったよ。あの分ではたとえ片脚がなくても、復帰させてくれただろうね」ニックはなおもメアリーに笑顔を向けていた。「そう怒るなよ、いとしのメアリー。あそこがぼくの居場所なのさ。部下もみんな待っている。ぼくの連隊だ。ぼくはあそこにいたいんだよ」
「もう、いやよ」メアリーはささやいた。「あんな地獄へは、もう行ってほしくないの」彼女は懇願したが、返事はなかった。慰めの言葉も返ってこない。結局、男は戦場へ行き、残された女は涙を流すのだ。「どのくらい、ここにいられるの?」メアリーがきくと、ニックの口もとがこわばった。
「三時間。いや、そんなにもいられない。馬を替えてこなくてはならなかったからね。それに、屋敷ですませておくこともあったし、チャールズや父に挨拶もしておきたかった。万一なにかあるといけないから……」悲痛な表情を浮かべたメアリーの瞳が突然うるみ出したのを見て、ニックの言葉がとぎれた。「これでもできるだけ急いで来たんだ。だが、夜明けには輸送船に乗る。それまでにロンドンへ戻らないと」
「帰ってきたばかりじゃないの。せめて――」
「三時間だ、メアリー」彼女のこめかみに見える細く青い血管を唇でなぞりながら、ニックが言う。「喧嘩して過ごすのか?」
「いいえ」メアリーはそうささやくと、波打つ金髪に指をもぐり込ませ、顔をあげて濃密な口づけを求めた。「いいえ」同じ言葉をくり返す彼女の唇に、ニックの唇が覆いかぶさり、ひとつに溶け合った。メアリーはニックのもの。この先もずっとニックのものだった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。