マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

愛を試す一週間【ハーレクイン・セレクト版】

愛を試す一週間【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ミランダ・リー(Miranda Lee)
 オーストラリアの田舎町に、四人兄弟の末っ子として生まれ育つ。スポーツが大好きな子供で、本を読むよりは外で遊ぶほうが好きだったという。父は教師、母は才能あるドレスの縫製師という家庭に育ち、全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に姉エマ・ダーシーのすすめでロマンス小説を書き始める。趣味は幅広く、長編の物語を読むことからパズルを解くこと、そして賭事にまで及ぶ。小説を書くときのアイデアは、普段読む新聞、雑誌、小説、伝記、テレビ、そして少なくとも週に一度は見に行く映画から得る。現実に自分のまわりにいる人たちを登場させることはなく、“いつ私をヒロインにしてくれるの?”という娘たちの問いかけに、“決してないわ”と答えつづけているという。

解説

タラが世界的に有名なホテル王マックスに見初められてから1年。彼女は最近、ふと不安な気持ちに襲われるようになった。多忙な彼と会える時間はわずか。しかもいつもベッドの中だけ。つまり、彼にとって私は都合のいい愛人なんじゃない?しかもタラはここ最近、吐き気と体調不良に悩まされてもいた。──じつは彼女は妊娠していたのだ。マックスに知られたら堕胎を迫られる……怯えたタラは家を出るが、彼は金の力で強引に捜しだすと、驚いたことに結婚を申し出た。なぜ今になって突然そんなことを言い出したの?結婚よりも本物の愛を欲していたタラは、彼にある提案をする。

■「彼の愛は本物なの?」そう疑い始めたタラのおなかには、マックスの子が……。純粋で明るいタラと、生まれついての傲慢さはあれど懐の深いマックスの軽妙なやり取りが楽しいロマンスです。
*本書は、ハーレクイン・リクエストから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 タラは彼を見つめるばかりだった。心臓はいまにも止まりそうだ。ええ、わたしもそのほうがいいわ。本当よ。ただ、どうしても勇気が出ないの。
「きょう、ぼくは思っていた」マックスはつぶやきながらネクタイを引き抜いた。「ついにきみも明かりを消して上掛けの下で愛し合う以上のことをぼくに求めるようになったんだとね」
 タラが口もきけずにその場で凍りついていると、彼はやや疲れた様子で言い添えた。
「いや、かまわないんだ。気持ちはわかる。きみは恥ずかしがり屋だ。なぜなのか、神のみぞ知る、だけどね。天が女性に与えたもうた最高の体をしているくせに。それにベッドの中では情熱的だ」
 タラから顔をそむけ、上着の上にネクタイを投げ出し、マックスはシャツのボタンを外しはじめた。
「何かはおっておいで」彼女の方を見ないで、そっけなく言う。「その必要があるなら」
 タラはバスルームに駆けこみ、震える手で緑色のローブをまとった。ほっとする自分がいやになる。ようやく寝室に戻ると、マックスはベッドに座り、靴と靴下を脱いでいた。シャツの前は開いているものの、脱いではいなかった。
 タラの胸は沈んだ。彼にそんな気遣いをさせるほど、わたしはおくてだと思われているのだろうか。彼の胸が大好きなのに。広い肩も、すばらしく引き締まった筋肉も。
「あのご夫婦の不満を解消してあげたの?」おずおずとタラはきいた。
「当然だよ」マックスは彼女を見上げることなく答えた。「ハネムーン用のスイートルームに移してあげた。料金はホテル持ちでね。それに、来年の結婚記念日にはただでハーバー・ビューの部屋に泊まれる、と言っておいた」
「まあ、マックス、なんて気前がいいの。それにとても賢いわ。あの男性はこの先何年もホテルの悪口を言ったでしょうから。聞きたがる人には誰にでも。いまならいいことしか言わないわ。人って、ただで何かをもらえるのが大好きだもの。わたしもそうだから。ひとつ買ったら二つ目はただっていう宣伝には、絶対負けてしまうわ」
「本当かい?」ようやくマックスは視線を上げたが、急に別の世界へ行ってしまったかのような、かすみのかかった目になっている。
 マックスにはときどきそういうことがある。でも、何を考えているのかきかないほうがいい、とタラにはわかっていた。きいたところで、“別に”という返事が戻ってくるのがおちだ。
「それで、あのご夫婦はハネムーン用のどの部屋にいるの?」代わりにタラは尋ねた。このホテルは四つのテーマから成るハネムーン用スイートルームが有名だ。予約状況からいくと、“アラビアン・ナイト”の部屋がいちばん人気がある。次に“いたずらな航海”の部屋、“フランス娼館”、“トロピカル・パラダイス”と続く。
「えっ? ああ、今夜空いているのはひと部屋しかなくてね。“フランス娼館”だ。ミスター・トラビスは大喜びだったよ。ミセス・トラビスのほうはどうだかわからないが。少し、おどおどしていたね。恥ずかしがり屋なのかな、きみみたいに」
「わたしはそんなでもないわ」タラはついに勇気を出して言った。
 マックスは疑わしげな視線を向けた。
「わかったわよ。少しは内気かもしれないけど」言葉を継いだものの、彼が立ち上がってズボンのベルトを外しはじめるや、タラは思わず喉をごくりとさせた。
 キスもしないうちから彼が着ているものをすべて脱ぎはじめるのを見て、タラはおじけづいた。
「あわてないで」マックスはそっけなく言ってベルトをさっと抜き、ほかの衣類の上に落とした。「これ以上は脱がないから。シャワーを浴びてくる。戻ってくるときはバスローブを着ているしね。その間に、ルームサービスで何か頼んだらどう? きみはどうか知らないが、ぼくは飢え死にしそうだよ。飛行機の中では居眠りばかりしていて、何も食べられなかった。八時にディナーの予約を入れてあるが、それは何時間も先のことだ」
「外に食べに行くの?」タラは驚いてきいた。
「このホテル内のレストランに予約を入れただけだ。かまわないかい?」
「ええ、もちろん。ここのお店にあなたと食事に行くのは大好きよ。ただ……その、ここ何回かは部屋の中で食事をしたから」
「ああ、そうだね。申し訳ないと思っている。ぼくが身勝手だった。だがさっきも言ったように、きみはベッドの中では別の女性になるし、できる限り長くそこに置いておきたくなるんだ」
 タラは頬を染めた。「からかわないで」
 マックスはうなり声をあげ、両腕の中に彼女を抱き寄せた。「からかってなんかいないよ、プリンセス。そんなことをするものか。きみはきみだし、ありのままのきみを愛している」
「キスして、マックス」激しさをこめてタラは言った。
 彼の目がタラの目を探る。「それはいい考えだと思わないな。いまはまだ」
「でも、これ以上待てないわ!」
「きみなら待てるよ。ねえ、タラ。きょうはどうした? 最近きみをおろそかにしている罰かい?」
「ただ、キスしてほしいだけよ。いいえ、どうしてもあなたにキスしてもらいたいの」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。