マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

孤独な城主と囚われの娘

孤独な城主と囚われの娘


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

一夜だけでいい、あなたの愛が欲しい。切なる願いは、非情な城主に届くのか?

土曜日、ローズマリーは朝から不安だった。兄夫婦の死後、彼女が育てている3歳の甥を引き取りたいと、義理の姉の兄ニコラスが突然、連絡してきたのだ。葬儀にも顔を見せなかった人がどうして?石油王として知られる億万長者の彼は、結婚の意思はないが、血のつながった後継者が欲しいという。お金のことしか考えない冷たい男性に、あの子は渡せない。でも、ニコラスの条件に従って甥とともに城に移り住めば、私は人生を諦めることになる。彼への思いも封印して……。

■〈ベレア家の愛の呪縛〉も好評だったペニー・ジョーダンの、未邦訳作品をさらにお届けします!ヒーローの強引な要求により、人生が一変したヒロイン。そんなヒロインを魅力に欠けるとあざわらいつつも、深夜になると誘惑を仕掛けるヒーローの真意とは?

抄録

「いったい、なにをしに来たの?」もしかして気が変わったと言いに来たとか? フランスに行く必要はないと伝えるためとか?
「僕が来たらまずいことでもあるのか? 誰かほかの男が来る予定で、君はベッドで待っていたのか? だから、ドアを開けるのに手間取ったんだろう?」
 ローズマリーはあんぐりと口を開けて、ニコラスを見つめた。「ベッドになんか、入っていなかったわ」ようやく声が出るようになり、憤然として言った。「二階で荷造りをしていたの。私は恋人として楽しいタイプではないと、あなただって言ったじゃないの」
 怒りのあまり、ローズマリーの鼓動は激しくなり、目も鋭くなっていた。いつもは白い肌も真っ赤に染まり、薄いシャツの下では胸が上下していた。
「それなら、なぜ半分裸のような格好で出てきたんだ?」
 ニコラスの視線が素足に向けられ、ローズマリーは爪先を丸めた。彼はゆっくりと彼女の全身をながめまわしてから、視線をはっきりと豊かな胸に向けた。
 たちまち胸の先が硬くとがり、うろたえるあまり肌が焼けるように熱くなった。けれど動揺しているのを気づかれまいと、ローズマリーはけんめいにニコラスを見返した。
 彼の目に、奇妙で見慣れない表情が浮かんだ。いつもより濃い色をした瞳は緑色に近く、それほど冷たさは感じられない。顔にも、頬骨に沿って少しばかり赤みが差している。
 ずいぶん長く続いた沈黙のあと、ニコラスがなじるような口調で言った。「しかも、ブラジャーもつけていない。君はとても小柄なのに、驚くほど官能的だ。ブラジャーをしていないのが、これほどはっきりわかるとは」
 彼の手がほんの少し動き、触れられるのではとローズマリーは恐ろしくなった。けれどその手がズボンのポケットに入れられると、なぜか不思議なくらい落胆した。
 ローズマリーは衝撃を受け、自分に幻滅した。いいえ、ニコラスに触れてほしいと思うはずがない。そんなのは妄想にすぎない。
 できる限り感情を抑えた声で、彼女は言った。「私がブラジャーをしていないのは、洗濯中だからよ。留守中はここを人に貸すから、家の中を空っぽにして出発したいの。服はみんな荷物に入れて、最後に残ったものを洗濯しているところなのよ」
「なるほど……」
 ニコラスの視線が下腹部に向けられ、ローズマリーはますます全身が熱くなった。その理由は怒りに違いないと、自分に言い聞かせる。ほかのなんだというの? 彼は、私がジーンズの下にもなにもつけていないと思っているのかしら? 激しい鼓動を意識しながら、彼女はけんめいに怒りを抑えた。私が同じような視線を向けたら、彼はどうするかしら? そんなことを考えている自分にはっとし、ローズマリーはあわててニコラスに背を向けた。その間も彼の存在がひどく気になるのが、いやでならない。離れているのに、ニコラスの体から発散される熱さえ伝わってくるようだ。
 ローズマリーは居間に入った。明かりが暖炉の火だけなので部屋には妙に雰囲気があり、照明のスイッチに手を伸ばしかける。だが、ニコラスが彼女の腕に手を置いて引きとめた。
 二人の距離は今までになく近かった。すぐそばで見るニコラスの目は一色ではなく、鮮やかな濃い緑色に淡い青の斑点が散らばっていた。
「明かりはつけないでくれ」ニコラスは断りもせずにソファに座りこんだ。「片頭痛が起きはじめているんだ。水をくれないか?」
 彼が目を閉じると、黒くて濃いまつげが顔に影を作った。その姿を見たローズマリーは思わず手を伸ばして、キットがぐずったときのように、額にかかった黒髪をそっとかきあげてニコラスをなぐさめてあげたくなった。
 ローズマリー自身は片頭痛に苦しんだ経験はないけれど、父は片頭痛持ちだった。そこでニコラスを置いて、キッチンへ水を取りに行った。
 戻ってきたとき、ニコラスはソファの背にもたれかかり、眠っているように見えた。
 その頬は赤く、指で触れてみると熱かった。なめらかでも、キットとはまったく違う肌触りだ。ニコラスの唇を見つめるうち、なぜかローズマリーは体が震えた。ニコラスが目を開け、まっすぐに彼女を見つめる。
「水を持ってきたわ」
 頬に触れたことに対して嫌味を言われるかと思ったら、ニコラスはなにも言わなかった。ただ体を起こし、ジャケットのポケットから錠剤の入った小さな瓶を取り出した。
「耳と関係があるらしく、飛行機に乗ると頭が痛くなるんだ」
「ロンドンで仕事でもあったの?」ローズマリーは心配そうにきいた。「誰か連絡したほうがいい人はいる?」
「いるとも言えるし、いないとも言える」薬をのんだニコラスは、ふたたびソファの背に寄りかかって目を閉じた。「仕事はすでに片づいた。そして、仕事とは関係のない約束に関しては」彼の口元がゆがむ。「連絡を取ったところで、今夜みたいな調子の僕が彼女の役に立つとも思えない」
 ローズマリーの全身がかっと熱くなった。
「体ばかりでなく、心までうぶなわけか。君は男の裸さえ、見たことがないんだろうな」
「まるで二十四歳ではなく、十四歳に向かって言ってるような言葉ね! よけいなお世話だわ。なぜ私を面食らわせることばかり言うの?」
「わからないか?」眠いのか、ニコラスのまぶたが下りてきた。薬が効きはじめたようだ。
「いいわ、頭痛のせいということにしておきましょう」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。