マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説ファンタジー

遠野落し文参 世話係の兄弟事情

遠野落し文参 世話係の兄弟事情


発行: ネットワーク出版
レーベル: スイート蜜ラブBL文庫 シリーズ: 遠野落し文
価格:500pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

愛木灯菓(アイキトウカ)
妖怪と紅茶、ハッピーエンドが好きな双子座。遠野落し文シリーズが気づけば三冊目なことに驚きと感謝がとまりません。もうしばらく続きますのでよろしくお願いします。

解説

妖怪と人間が共存する村で、妖怪相手の相談屋を営むことになった一条綾文は、村の統治者である巫女との謁見を許される。緊張しつつもどうにか挨拶を終え、帰路につこうとした綾文に声をかけてきたのは、謁見の場に居合わせていた村の重役たちのひとりだった。戻橋奈伎良と名乗った彼は綾文の世話係である弥凪の兄だと自己紹介し、少し話をしたいと持ちかけてくる。了承した綾文だったが、背後から奈伎良に襲撃されて気絶、目が覚めると地下牢に捕らわれていた。事態を知った烏天狗のワサビ、春を司る妖怪の春姫、綾文と契約を交わす妖狐のススキがそれぞれ行動を起こす中、事件の鍵を握る弥凪は行方をくらませていて――。
これを機にあるじとの距離をますます縮めようともくろむ妖狐×また事件に巻きこまれた少年の、異種族恋愛譚第三弾!

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

目次

序 兄の話
一 謁見のあとに
二 鍵は行方知れず
三 兄心は複雑で
四 戻橋家の兄弟事情
終 その後の話

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。