マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

運命に身を任せて【ハーレクイン・セレクト版】

運命に身を任せて【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

テイラーは、姉の婚約者の兄であるイタリア人大富豪、ダンテに初めて出会ったときからひそかに憧れていた。数年後、彼女は思いがけない形で彼に再会する。姉夫婦が事故で亡くなり、テイラーは幼い甥を引き取ったが、それについてダンテが異議を申し立てたのだ。彼は自分にも後見人としての責任があると主張して譲らず、テイラーと甥に彼の大邸宅で一緒に暮らすよう迫った。彼の傍らで想いを抑えながら良い叔母を演じるなんて無理よ。でも、かわいい甥を一方的に奪われてしまうのは耐えられない。テイラーにはダンテの要求をのむよりほか、選択肢はなくて……。

■幼い甥と憧れの人と一つ屋根の下で一緒に暮らすことになったテイラー。彼女の揺れ動く心が丁寧に綴られます。人気作家ヘレン・ビアンチンが描く、せつない大人のロマンスをお楽しみください。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 テイラーは仕事を続けた。自分が作りあげた架空の世界に熱中する。肩が張り、目が乾いてきて初めて、ずいぶん夜が更けたことに気づいた。
 今夜はもうおしまいにしよう。テイラーは背すじをぐっと伸ばし、肩をまわして、指も曲げたり伸ばしたりした。脳もこうして運動させることができたらいいのに。
 この一ページだけ。それで今日はおしまい。
 ほぼ終わりかけていたとき、かすかな音が聞こえ、テイラーははっと顔を上げた。今のは監視モニターから聞こえたの? それとも、家のどこか別の場所から?
 振り返ると、ドアのところに長身の男性が立っていた。テイラーは驚いて叫んだ。彼の名を呼んだつもりが、あえぎ声にしかならない。
 ダンテは彼女を見つめた。見開かれた目、心底おびえている白い顔。彼は一瞬、険しい目をしたあと、まなざしをやわらげた。
 ダンテは機内で二、三時間眠り、体内時計をオーストラリア時間に合わせていた。そっと自分の部屋へ行くつもりだったが、防犯センサーの表示を見て思い直した。テイラーの仕事部屋に誰かがいるとわかったからだ。彼女がこんな夜中まで仕事をしているとは思えなかった。
「ノックをしたんだが、聞こえなかったようだな」
 聞こえたわ。ただ、まさかあなたがノックしたとは思わなかっただけ。「ここで何をしているの?」なんとか落ち着いた声を出して尋ねたものの、テイラーはたちまち後悔した。まるで彼を責めているような口ぶりだわ。ここは彼の家よ。彼が何をしようと、わたしに説明する義務はないわ。「あなたは明日まで帰ってこないと思っていたから」ダンテが部屋に入り、机の端に腰を下ろすさまを見守りながら、テイラーは言い訳をした。
「もう‘明日’だ」
 どうすればいいの? 彼はあまりに近くにいて、その男らしさに圧倒されそうだ。今すぐ“おやすみなさい”を言ってこの場から逃げだしたい。テイラーは反射的に腕時計を見て、目を閉じた。再び目を開け、ファイルを保存してコンピュータの電源を切る。それから立ちあがると、かえって彼に近づく羽目に陥った。動揺を隠そうと、彼女はダンテの後ろの壁に掛けてある額入りの写真に目をやった。
「わたし、もう寝なければ」
 ダンテの表情は変わらない。親指と人差し指で彼に顎をつかまれ、テイラーは一歩あとずさった。
「その男は誰なんだ?」
 テイラーは目をみはった。胃が引きつる。「今、なんて言ったの?」
「きみを傷つけた男は誰だときいたんだ」
 ああ、そんな……やめて。テイラーは声にならない叫びをあげた。頭の中が恐ろしい光景でいっぱいになり、忌まわしい記憶が鮮明によみがえる。
「お願い……やめて」なんとしても逃げるべきだ。そう思い、テイラーはダンテに懇願の視線を向けた。しかし、逆に強烈なまなざしにとらえられ、彼女は立ちつくした。
「ぼくを恐れる必要は何もないよ、テイラー」ダンテは親指で彼女の下唇をそっと撫で、震えている真ん中のあたりを軽く押さえた。
 この人に触れられるのが怖い。なのに、触れてほしくてたまらないのはどうして? こんなわけのわからない気持ちに振りまわされる自分が信じられない。愚かにもほどがある。
 こんなに弱気になるなんて……いったいどうしたというの? 時間が遅いから? 疲れきってしまったから? それとも、さっきまで書いていたラブシーンのせいで、欲望をかきたてられていたから?
 なんにせよ、この人の行動もわたしの反応も、現実の出来事とは思えない。ここにいてはいけないわ。
「お願いよ……」テイラーは消え入るような声で訴えた。
 ダンテは顔を寄せ、そっと唇を触れ合わせた。驚きのあまり開かれた彼女の唇からあえぎ声がもれると、ふくよかな下唇を軽く噛む。さらに舌先でそっとなぞってから、顔を上げた。
 呆然としていた彼女が理性を取り戻そうとしているのがわかり、ダンテは顔を曇らせた。
 彼女を抱き寄せ、思う存分キスをしたかった。甘い唇をもう一度探り、味わい、彼女が自分に禁じている反応を目覚めさせたい。
 簡単なことだったが、今そうするのは卑怯に思えた。ダンテは彼女の顔を両手で挟むと、震える唇に親指で触れてから手を放し、静かに言った。
「もう寝たほうがいい」
 テイラーはとっさに動けなかったが、やがてうめきともつかぬ声を発し、ダンテの脇をすり抜けた。
 自分の部屋に戻ると、テイラーの呼吸はようやく落ち着いてきた。ソファに座り、両手で顔を覆う。もろくなっていた自制心が粉々に砕け、涙が頬を伝い落ちた。
 ずいぶんたってから、テイラーはのろのろと立ちあがり、シャワーを浴びた。心と体の緊張が少しだけほぐれ、パジャマを着てベッドにもぐりこんだ。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。