マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

ふたりのパラダイス

ふたりのパラダイス


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

求職中の看護師プルーデンスはある日、名付け親から、オランダへ一緒に行ってほしいと頼まれる。病気の姉エマを見舞いたいのだが、病弱の身でひとり旅が不安だというのだ。断りきれず、しぶしぶ同行したプルーデンスは、エマの甥であり主治医でもあるハーソーを紹介されてびっくりする。さっき庭園で出会った失礼な人だわ!彼は庭師だとばかり思っていたのに……。ハーソーの尊大な態度に腹を立てながらも、彼女はその美しい瞳に、これまで感じたことのないときめきを覚えていた。

■〈強引なあなた〉と銘打ちお贈りする企画第1弾は、繊細な作風で多くのファンを魅了し、惜しまれつつも2001年6月に永眠したベティ・ニールズの定番、尊大な医師とピュアな看護師の恋物語です。

抄録

「じゃ決まりだ。ベアトリクスおばさんの献立にかかろう」ハーソーは腕時計に目を落とした。「あと十分しかない。居間へ処方せんを持ってきてくれ」
 そう言われても居間がどこにあるのかわからない。自分の部屋だって知らないのだ。ハーソーはドアをあけて待っている。プルーデンスはエマに挨拶し、つんとあごを上げて彼の前を通り過ぎた。でも、どっちへ行けばいいのやら……。
「ベアトリクスおばさんはいつもの部屋だ。突き当たりを左へ曲がって最初の右側の部屋」ハーソーはプルーデンスの腕を取った。「一緒に行くほうが早いな。きみの部屋はわかってる?」
「いいえ、寝るまでには誰かが教えてくれると思うわ」
「待遇が悪くて気の毒だね。あのおばさんたちは、細かいことを言うのに慣れてないんだ。黙っててもまわりが気を利かしてなんでもしてくれるから」ハーソーは廊下を曲がり、ドアの前で足を止めた。「ここがベアトリクスおばさんの部屋だ。居間は階段を下りた左側にある」
 ベアトリクスはベッドに横になり、プリティに荷物をほどかせていた。「ああ、プルーデンス。あとニ十分でお昼よ。食堂へいらっしゃい。何か用?」
 プルーデンスは医師の手紙やインシュリンを受け取り、階下へ下りた。階段を下りきると、ハーソーが居間から出てきた。「ここだ、プルーデンス。プルーデンスって呼んでもいいだろう?」
 彼は返事も待たずプルーデンスに椅子をすすめ、手紙を読み始めた。部屋はいたって居心地がいい。家具は多少重々しいきらいがあるが、手入れがよく行き届いている。周囲に飾ってある装飾品や銀製品は、いずれも名品ぞろいだ。何げなく目を上げると、ハーソーがじっと見つめている。一瞬彼の顔がやさしくほころび、プルーデンスはぽうっとした。すてき! こんな彼って大好き。だがハーソーはすぐ真顔に返り、向かい側に腰を下ろした。
「ベアトリクスおばさんは最高に厄介な患者だ。食事療法は続けられるだろうが、注射の必要がなくなったら薬なんかのみそうもない。我々としては、できるだけ目を離さないようにするしかないな」
 ハーソーはペンを出して膝の上に献立表を広げ、オランダ語に直し始めた。見れば見るほどハンサムだ。それに、傲慢なくらい自信たっぷりなところがある。どこに住んでいるのだろう? 彼がペンを置いたので、プルーデンスはさっそくきいてみた。「ここに住んでいらっしゃるの?」
「いや。さてと、次はインシュリンだ」
 軽くいなされてプルーデンスは赤くなった。でも、自分が悪いのだから仕方がない。ハーソーは注意事項を書いて説明し、献立表、ロケット医師の手紙、インシュリンを差し出した。
「ききたいことがあったらお電話していいかしら?」プルーデンスは立ち上がった。
「いいとも」ハーソーはいったんドアをあけたが、すぐにしめて問いただした。「どういう話だったんだい? きみ、エマおばさんの看護をするつもりで来たんじゃなかったの?」
「わたしは……ベアトリクスおばさまから、糖尿病が心配だからついてきてほしいって言われたの」
「悪知恵の発達したおばさんだ。よし、レーワールデンから看護師を呼ぼう。夕方には来てくれるよ」
「そんなことしてくださらなくていいわ。用事がないと退屈ですもの。それに、エマおばさまは手がかかるわけではないし」
「殊勝なことを言うじゃないか、プルーデンス」
「からかわないでよ! ご注文があったら遠慮なくおっしゃって。わたしはこれでもベッド数二十の病棟を受け持っていたのよ。あなたのおばさま二人くらい、軽いものだわ」
「その点は信用してるよ。ぼくは食事していくから、あとで一緒にいい対策を考えよう」ハーソーはドアをあけてプルーデンスを促し、ホールを横切って別の部屋のドアをあけた。「食前酒の時間だ」
「わたし、部屋へ行ってきたいの」
「それなら誰か呼んであげるよ。シェリーをついでおくから、あまり待たせないでね」彼はさりげなく予防線を張った。“その格好ではきれいにしてくるのに十五分はかかるな”と言いたいのだ。いったい何さまのつもりなのだろう? おばさんの家にいるのに、ずいぶん態度が大きいではないか。
 案内してくれたのは快活な若い娘だった。部屋は二階の突き当たりにあり、裏庭に面していてとても快適だ。服はすでにたんすにかけられ、浴室にはタオルやせっけんが用意してある。プルーデンスは鏡の前に座って顔を眺めた。別に化粧直しの必要はない。おしろいをはたき、口紅をつければ充分だ。髪は一度下げてまたアップにした。結い直さなくてもいいのだが、待たせないでという彼の言葉がしゃくにさわる。意地でもきれいにしていかなくては。でも反抗的になってはいけない。彼とは何度も顔を合わせるのだから、好意を持っているふりをするのが賢明だ。そうとなればあまり待たせないほうがいい。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。