マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

妖婦を演じて

妖婦を演じて


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

 児童救済慈善ファッションショーの収益金が消え、元人気モデルのリディアは警察の取り調べを受けた。着服したのは彼女の母親だが、リディアは認めようとしなかった。自分が母を不幸せにしたという罪悪感にとらわれてきたから。窮地に陥った彼女に手を差し伸べたのはクリスティアーノ、リディアが一時期親しかったことのある大富豪だ。彼は紛失した収益金の立て替えを引き受けるという。だがその見返りに、ベッドをともにすることも要求してきた。彼の申し出は親切からではない。過去の経緯を思えば、この機会を復讐に利用するつもりに違いない。
 ★リン・グレアムが初恋の人に誤解されて苦しむヒロインを描きます。★

抄録

「何が望みなの?」警戒しながら彼女はきいた。
「たいがいの男の望みとは何かな?」クリスティアーノはなめらかにきき返した。その間も彼はリディアから目を離さなかった。卵形の顔に波打つ金髪、光を帯びたブルーの瞳。官能的な唇はわずかに開き、内側のピンクに濡《ぬ》れた色がのぞいている。いまや彼は話をするのは二の次で、自分の目を楽しませていた。
 リディアの頬が赤く染まる。彼の視線がどこにあるかわかると、嫌悪のまなざしを放った。「少なくとももう、善人のふりはしないのね」
 輝く琥珀色に瞳を燃えたたせ、クリスティアーノは尊大にうなずいた。「きみは善人につけこむだけだ。このほうがはるかにきみの趣味だろう」
「夢でも見たのね」リディアは切り返した。
「いま、モート・スティーブンズはきみの夢にどのくらい現れる?」クリスティアーノは間髪を入れずにやりこめた。
 容赦ない逆襲にリディアはたじろぎ、半身になって繊細な横顔を彼に向けた。「あなたはまだ、ここにいるわけを話していないわね」
 横向きの細い体は、心乱れるほどにはかなげだ。しかしクリスティアーノはためらうことなく手をのばし、彼女の両手をつかんだ。
 リディアは驚いてあえいだ。「何をするの?」
「調べているだけだ……」麻薬依存症の疑いがないかどうか、クリスティアーノは彼女の両腕を見ていった。その点は問題ないとわかり、手を放す。
「麻薬はやらないわ。いままでも、これからも!」リディアは激しく抗議した。
「それを聞いてうれしいよ」だが、もっと食べたほうがいい。クリスティアーノは彼女の白く細い肩からつんととがった小さな胸まで目を走らせた。ブラジャーはしていないのだ。彼の体がこわばり、そんな自分に腹が立った。この反応はなんだ?十代の少年ではあるまいし。
「わたしを侮辱したくて来たの?」
「いや。ぼくの行動には必ず目的がある。ところで、きみは実刑を受けることになるだろう」
 断言されてリディアは鋭く息を吸いこんだ。「何も知らないくせにいいかげんなことを」
 クリスティアーノはよどみなく指摘した。「慈善金をだまし取るのは、いい考えじゃないな。まして、恵まれない子供たちへの募金を盗むのは」
 リディアの肌は冷たく汗ばんだ。「この話はしたくないわ」
「借金があったのか?支払いに追われていた?多額の金を盗んだにしては、その形跡がないな」
 クリスティアーノはわたしの有罪を疑っていないのだ。リディアはむちで打たれる思いがした。顔が痛ましいほど赤くなる。噂《うわさ》だけで彼はわたしを有罪だと決めつけた。
「どちらにせよ、なぜ気にするの?」リディアは頭を振りたて、好戦的に顎を上げた。
 クリスティアーノは冷ややかな厳しい目で彼女を観察した。「気にしてはいない。だが、きみが刑務所に行かなくてすむようにすることはできる」
 リディアは身を硬くし、目を見開いた。心のどこかで小さな希望がわき上がる。「どうやって?」
「きみが盗んだ金に、たっぷりと寄付金を添えて返済し、慈悲の心に訴える」やわらかい声音で、彼は説明した。
「そんな簡単にはいかないわ」
「ばかを言わないでくれ。ぼくは自分にできないことは話さない」官能的な唇がほころぶ。「〈ハッピー・ホリデーズ〉の責任者にもう打診してある。この提案はとても前向きに受け取られたよ」
 リディアの指は無意識のうちに拳《こぶし》をつくっていた。「でも、なぜあなたが紛失金を立て替えようとするの?」
「見返りが欲しいからだ」クリスティアーノの低く物憂げな声は、シルクの上に重なるベルベットのように悩ましく響いた。
 リディアの心臓が胸の中で跳ねた。豊かな黒いまつげに縁取られた彼の瞳は、暗い輝きを放っている。その不敵なまなざしにぶつかり、リディアは普通に息をするのさえむずかしくなった。浅黒く引き締まった顔は熱心にこちらを向いている。細く熱した線のような何かが彼女の腰を締めつけた。それは、喜びとも苦痛ともつかない感覚だった。次に熱いものが突き上げ、体が震え出す。
 くすぶるような笑みが、クリスティアーノの唇をよぎった。「きみは喜んでその見返りをくれるだろう、ぼくのいとしい人《カーラ・ミーア》」
 リディアは話に集中できなくなった。「なんのことかよくわからないわ」
「そうかな?ごく当たり前の取り引きだ。ぼくのベッドにきみが欲しい」
 衝撃を受け、リディアはめまいをおぼえた。「信じられないわ」
「むろん、きみはぼくの愛人としての役割に全身全霊を注がなくてはならない」
「わけがわからないわ」
 輝く瞳が氷の冷たさを帯びた。「いや、よくわかるはずだ。ぼくのあらゆる願望や要求にきみが応《こた》えようとするのを見るだけでも楽しめる。ちなみにぼくは喜ばせにくい男だ」
 リディアは蒼白になった。「わたしをさげすんでおきながら求めるなんてあり得ないわ」
「どうして?」
「不道徳よ!」リディアはあえいだ。
「ぼくは自分が道徳的だと言ったかな?」
「どういう神経なの。こんな申し出をしに来るなんて!」リディアは悔しさをぶつけた。「あなたには規範というものがないのね。でも、わたしは……」
「ぼくは盗みは働かない」クリスティアーノはごく抑えた口調で言い放った。
「わたしだって。なのにあなたはわたしの苦境につけこむことしか頭にない。胸がむかつくわ」
「ぼくは機を見るに敏でね」
「あなたの愛人になるくらいなら刑務所に行くほうがましよ」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。