マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

君主との冷たい蜜月 三姉妹はシンデレラ

君主との冷たい蜜月 三姉妹はシンデレラ


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス三姉妹はシンデレラ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

王家の指輪が持つ伝説どおりのプロポーズ。だが祝福の中、花嫁は絶望していた。

ポリーは実の父をさがして、ダーリアを訪れていた。しかし突然、空港で身柄を拘束され、王宮へ連行される。そこに現れた、民から英雄とあがめられる国王ラシャドは、おごそかな声でポリーに妻になるよう命じた。その言葉を受け入れたのはラシャドの鷹のような目と威厳に、恐怖とは違う胸の高鳴りを覚えたからだ……愛の芽生えを。ポリーは気づいてもいなかった。非情なラシャドは国に平和をもたらすため、彼女を利用するつもりでいたのだ。亡き王妃の代わりに、子供を産んでもらうことで。

■作品数が100冊を超えてもなお、第一線で活躍しつづけるリン・グレアムの3部作〈三姉妹はシンデレラ〉をお届けします。母が形見として娘それぞれに遺した指輪に導かれ、三姉妹が生死もわからない父の行方と真実の愛を知る、波乱に満ちた物語です!

抄録

「その名前……」ポリーは眉をひそめてささやいた。「ザリヤは私の本名よ」
「あの指輪はダーリアの民にとって、大きな意味を持っている。だから、君のパスポートに記載された名前は注目を集めた。手荷物検査の対象として選ばれたのも、もしかしたら名前のせいだったのかもしれない。しかも君は、あの指輪をダーリアに持ち帰った――」
「あなたにあげるためじゃないわ!」ポリーは憤然と言った。
「君はなんにでも口を挟むのが好きらしいな」ラシャドも手厳しく言い返した。
「あなたは人に静かに話を聞いてもらうのが好きみたいね」
「わが国は二十年以上もの間、暗黒の時代に耐えてきた。独裁者アラクの圧制下で苦しんできたんだ」ラシャドは抑えた口調で言った。「ダーリアの民はとても信心深い。だから君の見た目や名前、そして指輪を持っていたことで感情が爆発して、ヒステリックに大騒ぎをしているんだ。この瞬間にも、カシャーンでは“ザリヤ”と書かれたプラカードが掲げられている。曽祖母はとても愛されていたからね。もし君が王宮を出れば、すぐに人が大挙して押し寄せてくるだろう。そうなったらとても危険だ」
 ポリーは口をぽかんと開け、ラシャドを見返した。彼が言おうとしている内容に、どうしても頭がついていかない。「つまり、私がたまたまザリヤという名前であり、あの指輪を持っていただけでじゅうぶんなの?」
「今回の大騒ぎを引き起こすのにか? ああ、そうだ」ラシャドは重い口調で言った。
 ポリーは心の底から当惑し、ぼうぜんと炉を見つめた。カシャーンでデモが起こり、集まった人たちがプラカードを掲げているのは私のせいなの? すべてが理解を超えていて、ポリーは青い目を大きく見開き、まつげをしばたたいた。
「でも、わからないわ。みんな、私になにを求めているの?」
「一言で言えば、君が自分の国の王と結婚することを望んでいるんだ」ラシャドが乾いた声で答えた。「独身の君主に、有名な王妃と同じ名前を持つ独身女性とくれば……簡単な方程式だな」
「私があなたと結婚することを望んでいるですって?」
「君に関するすべてが、民の理想にあてはまっているんだ」ラシャドは辛辣な口調で告げた。通りで国旗を振る人々を見れば見るほど義務感がどんどんつのり、良心につめ寄られている気がした。「君はとても美しい。美人と結婚したくない男がどこにいる? もし君がストリッパーのような仕事をしていれば、あの熱狂もいくらか冷めたはずだが――」
「なんですって?」ポリーは激しい怒りにかられて、ふたたびはじかれたように立ちあがった。
「ところが君はホームレスのための施設で働き、恵まれない人々を助けている」ラシャドは続けた。「そうだ、わが国のメディアも、君の国のメディアとまったく同じで、スパイ活動が大好きなんだよ。君は新聞でも、理想の王妃とみなされている」
 ポリーは天幕を飛びだし、手すりのそばに立って金色の日差しにさらされながら、はるか彼方まで続く砂丘の連なりを見つめた。砂丘の手前は小さく、遠くになるほど大きくなっていく。「そんな屈辱って――」
「僕は罠にはめられたような気分だ」不穏で厄介な状況をつくりだした運命に腹がたってならず、ラシャドはにべもなく言った。
 王位についたときには民の安全と幸福のためならなんでもしようと誓ったし、自由を犠牲にするのを束縛だと考えたことは一度もなかった。しかし結婚が問題になって、誓約の本当の重みがようやくわかってきた。
 同時に、考えなければならない事柄もあった。ラシャドはポリーをじっと見つめた。大衆の感情が自然に消えるのをおとなしく待つのではなく、いっそ流れに乗ったらどうなるだろう?
「あなたが罠にはめられたような気分でいるのは、私のせいなんかじゃないわ!」ポリーは片方の手を手すりから持ちあげ、ぴしゃりと言い返した。
 ラシャドはふいにその小さな手をとった。大きな褐色の手に包まれた手は本当に真っ白で、手首の内側には青い血管がうっすらと浮いている。まるでなにかに強いられたかのように、ラシャドは誇り高い頭を低くし、なめらかでやわらかな肌に唇を押しあてた。
 ポリーはとてつもないショックを受け、ただぼうぜんとラシャドの頭を見つめていた。全身にちくちくするような感覚が走る。初めてのささやかな触れ合いがたまらなく官能的だなんて、とても信じられない。前に別の人から情熱的なキスをされたときは、氷のように冷たくなっただけだった。なのにラシャドの唇が手首に軽く触れただけで、ブラジャーの下の胸の先は痛いほど硬くなり、とろけるような熱が脚の間に生まれた。
 ポリーは震え、うろたえ、興奮した。急に相手に立ち向かえなくなるなんて、生まれて初めてだ。ラシャドの熱い唇は巧みに白いてのひらをさまよったあと、一本の指先に口づけを始めた。するとポリーの膝は震え、立っていられなくなった。
 まるで催眠術にかかったかのように、ポリーは顔を上げ、生き生きとした渇望をたたえた暗い金色の目をのぞきこんだ。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。