マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

初めての恋【ハーレクイン文庫版】

初めての恋【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

保育士のデイジーは平凡な娘だが、園児たちには人気がある。あるとき園で食中毒が発生し、そのとき知り合った園児の叔父、医師セイムアが、以来、何かと声をかけてくるようになった。まだ恋すら知らないデイジーはひたすら困惑するばかりで、「先生は皮肉屋で傲慢で怖いわ」と反発してしまう。だが、内心では淡い期待を胸に、医師が訪ねてくるのを心待ちにしている自分がいるのだ。今日も彼の声が聞こえ、デイジーの胸は思わず高鳴る。ところが、セイムア医師は息をのむほど美しい人と一緒だった。
*本書は、ハーレクイン・クラシックスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「あなたも職を失うことになるでしょうね」園長は意地の悪い口調でデイジーに告げた。
 それでも、園長が精いっぱい感情を押し殺していることは手に取るようにわかる。
「はい、覚悟しています」デイジーは穏やかに答えた。「それより、今日はこれからどうしたらいいでしょう? 子供たちの家族が迎えに来るまで、このままつき添っていたほうがいいでしょうか?」
「もちろんですとも」いかにも当然というように、園長は答えた。「わたしはやることが山のようにあるし、マンディとジョイスはまだ後片づけに追われているんですよ。こんなひどい騒ぎは初めてだわ。まったく、あなた方がもっときちんと子供たちを見ていてくれればこんなことにならなかったのに」
 こういうときは黙って聞き流すほうが無難だ。
 園長への報告を終え、母親に連絡を入れてから病室へ戻り、医師の許可が出たらすぐに子供たちを帰せるよう準備をした。血相を変えた母親や乳母がつぎつぎに駆けつけてきた。しばらくは帰宅を許された子供たちを引き渡すのに大わらわで、デイジーは時間がたつのも忘れていた。親たちは園長に会わせてくれと詰め寄ってきた。だが肝心の園長がいないとわかると、デイジーに質問や不満を矢継ぎ早に浴びせてくる者も出てきた。師長からの説明で心配はいらないとわかっていたし、デイジーを責めてもしかたがないことは承知していながら、親たちはひたすらおとなしく礼儀正しく応対しているデイジーを寄ってたかって責めたてるのだった。何もかもデイジーの責任だと言わんばかりに食ってかかる母親たちに対し、彼女は最後まで辛抱強く接していた。
 そんなとき、ドクター・セイムアがふらりとやってきた。
 彼はさっきから何度も研修医や病院医を伴って子供たちの様子を見に来ていたのだが、母親たちへの対応に追われていたデイジーはまったく気がつかなかった。さりげない調子で、ドクター・セイムアはデイジーに助け船を出した。
「今回のことはとても残念でしたが、不幸中の幸いと言うべきか、子供たちの症状は軽くてすみました」ドクター・セイムアはそう言って、母親の手を握りしめている青白い顔をした男の子をちらと見下ろした。「子供たちはあと二日もすれば回復するでしょう。退院後の静養方法については、師長から説明を受けておられると思いますが……。今回のことはこの保育士さんにはなんの責任もありません。そのうちしかるべき機関から調査の手が入ると思いますが、原因は給食の調理法、あるいは使われた食品のどちらかにあると見て間違いありません。苦情を訴えるなら、保育園の園長になさるべきですね」
 デイジーは思わずうっとりと医師の言葉に聞き惚れていた。なんてすてきな声――低く落ち着いていて、きっぱりとした響きがある。そのせいか、母親はぼそぼそと詫びの言葉を口にすると、幼い息子を連れて帰っていった。
「とりあえずこれで一段落かな?」ドクター・セイムアが言った。
「ええ。でも、まだしばらくはここにいないと。入院している子供たちがいるし……。親がつき添ってくれているけれど、いろいろ不自由なこともあるでしょうから。子供たちの着替えとかね」
 家に帰りたい。でも、それにはまず自転車を取りに戻らなくてはならないし、園へ戻ったが最後、ガウアー‐ジョーンズ園長から病院での様子を根掘り葉掘りきかれるに決まっている。ドクター・セイムアに後ろから声をかけられ、デイジーは懸命にあくびを噛み殺した。
「園長がこれから来るそうだ。もともと、最初から自分でつき添ってくるべきだったんだ。きみは家へ帰りたまえ」提案というより命令するような口調でそう言って、医師はくるりと背中を向けたが、ふと足を止めた。「しかし、どうやって帰るんだ?」
「自転車を取りに戻るわ」デイジーは口ごもった。「バッグや何かも園に置きっぱなしだし」
「なくなりはしないさ。明日の朝取りに行けばいい。どうせ保育園は当分のあいだ閉鎖になるだろう。その格好で来たのかい?」
 デイジーは顔をしかめた。「ええ」
「ぼくが家まで送るよ。さあ、行こう」
「いいえ、結構です」おとなしいデイジーが、珍しくきつい調子で答えた。だが、ドクター・セイムアは聞く耳を持たなかった。
「つまらない意地を張るもんじゃない」セイムア医師はデイジーの腕を取り、さっさと病院を出ると、彼女を無理やりロールスロイスに押し込んだ。
 デイジーは頭のなかで気のきいた返事を必死に考えていた。意地を張っていると言われて黙って引き下がるわけにはいかない。
「家はどこ?」
「ウィルトン」
「ウィルトンのどこだい?」
「市場のあたりで降ろしていただければ……」
 セイムアはため息をついた。「ウィルトンのどこへ行けばいいんだ?」
「ボックス・コテージよ、バーカムへ行く途中の。でも、歩いていっても……」
 ドクター・セイムアは黙っていくつもの通りを抜け、ウィルトンへ向かう大通りへ車を走らせた。大通りに入ってから数分もすると、市場の近くの交差点を左へ折れた。
「この左側……一番奥の家なの」
 スピードを落として車を止めると、ドクター・セイムアは車を降りて助手席へ回り、デイジーのために扉を開けてくれた。しかも、家の門まで開けてくれたのだ。ちょうどそのとき、玄関に母親が現れた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。