マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

恐怖箱 禍族

恐怖箱 禍族


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

家族、血族、家に纏わる怖い話――。
アパートの周りを夜な夜な歩き回る足音と獣の匂い、その正体は……「夫婦」、先祖伝来の土地を手放した一族に降りかかる凶事「土地縛り」、養豚を営む家に現れる女の怪、女は豚を操り……「養豚業の家」、毒母と朝の忌まわしき符号「三角コーン」、みどりという名の女に関わるとその家族は……「みどり」、毎月誰かが怪我をする一家、その戦慄の法則とは……「二十五」、或る大工の建てた二軒の家に纏わる怪「姉妹」ほか、禍の禊に繋がれてしまった家と家族の実話全30編を収録。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。