マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

暴君の甘い罰

暴君の甘い罰


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

罰と知りつつ、彼女は結婚を受け入れた。ただ、彼に愛されたい一心で。

両親を亡くし、住む家を失ったサラにとって、自分を受け入れてくれた祖母は、なによりも大切な存在だった。だから、心臓が悪い祖母のためと言われると、大富豪ルークとの結婚を断る理由が見つからなかった。彼は、亡き妻の肉親である私の祖母を安心させたいだけ。しかも継妹の嘘を信じ、私を財産めあての女と思っている。つまりルークは私に、妻という罰を与えるつもりなのだ。けれど前に彼からされた、熱く強引なキスの記憶がよみがえると、無垢なサラの胸は、おびえつつも小さくときめくのだった……。

■どういう運命のいたずらか、真実の愛にあこがれる純真なヒロインが初めて恋い焦がれたのは、彼女を誰よりも嫌うヒーローでした。夫となってからも、彼は妻をベッドでは求めながらも、しいたげるのをやめません。ロマンスの女王の実力が冴えわたる作品です!

抄録

 寝室に入ったとき、サラは震えていた。どんな理由であれ口論は嫌いだったけれど、今夜はあまりにも頭にきていた。爪がやわらかなてのひらに食いこんでいる。温かいお湯につかれば、肩の力も抜けるに違いない。そう考えて部屋着を羽織り、バスルームへ向かおうとした瞬間、寝室のドアが開いた。
 クレシーとの口論なんて、今いちばんサラがしたくないことだった。
「今夜は勘弁して、クレシー」彼女は疲れた口調で言った。「明日の朝、また話し合いましょう」
「いや、だめだ。僕たちは今すぐ話し合わなければならない」
 予想外の男性の声にはっとして振り返ると、ぽかんと口を開けるサラにはおかまいなしに、ルークが中に入ってきてドアを閉めた。
「こんなふうに入ってくるなんて、どうかしているわ! ここは私の部屋よ――」
 抗議の声を無視して、ルークはサラに近づいた。その目と口元には辛辣さが漂っている。
「階下で君が言ったことを、説明してもらおうじゃないか。僕がどんな約束を破ったというんだ? 誰とした約束だ?」
「トムよ」サラはかすれた声で言い、ルークの敵意のこもった視線に勇敢に立ち向かった。「あの子を釣りに連れていくと、約束していたでしょう」
「今度の週末にね。そう、たしかに約束した。だが、週末はまだ先で――」
 悔しさと怒りで、サラの顔が熱くなった。
「トムは今日の午後だと思っていたわ。それに祖母だって、あなたが夕食までに戻ってくるのを楽しみにしていたのよ」
「戻ってくるつもりだった。だが、できない状況になってしまったんだ」
「ええ、そうでしょうとも。クレシーが時間のたつのも忘れて、私がどれほどとんでもない女か、あれこれ並べたてていたんでしょうから」
 サラは自身にぎょっとした。相手が誰であっても、今までこんなふうに後先考えずに怒りを爆発させた記憶はなかった。
「いったい君は……」
 ルークが威圧するような目でにらみ、彼女の腕をつかむと、その力にサラは本能的な恐怖を覚えた。彼女はやみくもに彼を蹴飛ばした。この人なら、マッチ棒を折るように私の首を折ることだってできるかもしれない。
「やめろ! 落ち着くんだ」だが、怒りに満ちたルークの声は恐怖をあおるばかりで、サラは我を忘れたように彼をたたこうとした。
 スローモーションのようにルークの凶暴なうなり声が聞こえ、怒りでぎらついた目が見えた。両腕を押さえられていたので、彼の顔が近づいてくるのがわかっても、とめることはできなかった。
 ルークがどうやって罰を与えようとしているのか、サラは本能的に悟った。最後の瞬間、必死に顔をそむけようとしたが、彼の手が頭をつかみ、力ずくで顎を押さえつけた。
 怒りに満ちたルークの唇が荒々しく押しつけられ、恐れたとおりの罰が始まると、サラの体はどうしようもなく震えはじめた。すると、おびえる姿が怒りに火を注いだように、彼の唇がいっそう強く押しつけられた。
 こんなキスは初めてだった。五感すべてが経験していることに反応していて、サラはルークにもたれかかった。自分のやわらかな体に触れている彼の体は硬く、離れたいと思っても離れられなかった。サラは哀れっぽい声をもらし、なんとかルークから逃れようとしたけれど、彼は警告を与えるように彼女の唇に歯を立てた。
 怒りと報復をこめてキスをする人がいると聞いたことはあったけれど、自分が経験するとは思いもしなかった。驚いたのは、体の奥深くに炎がめらめらと燃えあがるような奇妙な感覚が芽生え、サラの全身にじわじわと広がっていったことだ。頭は激しく抵抗しているのに、唇はその意志を無視し、しっかりと押しつけられたルークの唇の愛撫を喜んで受け入れていた。
 突然、ルークが凍りついたように動きをとめ、サラを押しのけた。
 頬骨に沿って肌の色が変わり、彼女を見つめる目は漆黒に近くなっている。その口元は醜い笑みでゆがみ、胸は走ってきたかのように上下していた。
「ああ、なんてことだ! 僕は青二才でもなければ経験が少ないわけでもないのに、危うく君の策にはまるところだった」ルークは容赦ない言い方をした。「言い寄ってくる男もいないフィットン家での生活に、君も少しばかり嫌気が差していたようだな」
 思わずキスに応えてしまったことだとわかって、サラはこれ以上ないほどの屈辱を感じた。「出ていって」彼女は強い口調で吐き出すように言った。
 ルークが行ってしまうと、このまま死んでしまいたいとしか考えられなくなった。寝室の鏡に映る自分の姿が目に入る。着ているブラウスの上質な生地には、硬くなった胸の先がはっきりと浮かびあがっていて、顔が赤く染まった。
 体が異性を求めている! サラにとっては、決してなじみのあることではなかった。新しく芽生えたひどく不快な考えに、彼女は悩んだ。クレシーがルークと一日過ごしても、嫉妬なんてしていなかったんじゃないの? 私の怒りは、ルークがトムとの約束を忘れた事実に向けられていた。そうだったでしょう?


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。