マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

情熱の聖夜と別れの朝 クリスマス・ロマンス I

情熱の聖夜と別れの朝 クリスマス・ロマンス I


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンスクリスマス・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

偽名の大富豪は、お楽しみのつもりだった。おなかの子は愛の証と信じていたのに。

吹雪のクリスマスイブの夜、ホリーは車が故障して困っていた。けれど、近くの別荘に滞在するヴィトという男性のおかげで、一晩だけ泊めてもらえることになった。イタリア人のヴィトは大変なお金持ちらしく、貧しい自分とはなんの共通点もないのに、彼女は最初から彼に惹かれた。だから、ずっと守ってきたバージンも捧げたのかもしれない。家に帰って妊娠がわかっても、ホリーは運命の恋を疑わなかった。だが知らせたいヴィトは見つからず、遊ばれたと思い知る。悲しみの涙にくれながら、ホリーは孤独の中で出産するのだった。

■リン・グレアムが描く、クリスマスを舞台にしたミニシリーズ〈クリスマス・ロマンス〉の第1作をお届けいたします。イブに出会った理想の男性に身を捧げ、赤ん坊を授かったヒロイン。その後、ヒーローとはドラマチックな再会を果たしますが……。

抄録

 ヴィトは暖炉の炎に照らされたホリーの姿を眺めた。頬はまるみがあり、しゃがんだときにちらりとのぞいた太腿はみずみずしく、ヒップはこちらを誘うように盛り上がっている。「君は何歳だ、ホリー?」
 枝に飾りを下げていたホリーは、肩ごしにヴィトを見た。金褐色の謎めいた彼の瞳に、口の中が乾き、頭が真っ白になる。「二十四……になるわ……明日」
 ヴィトの目が炎を浴びてきらりと光った。「クリスマスが誕生日でもあるのか」
「今度はあなたの話を聞かせて」ホリーは熱心にうながした。ヴィト・ソレンティーノという男性への好奇心を、抑えきれなくなっていた。
 当然予想しておくべき展開だったのに、ヴィトはたじろいだ。ホリーにあれだけ根掘り葉掘りきいた以上、僕だけ無言をつらぬくわけにはいかない。大きく息を吸って肩をそびやかし、懸命に緊張をほぐそうとする。「僕は、不釣り合いな夫婦の間に生まれた一人息子だった。そのせいで家族の団欒が求められる祝祭日は、いつも気が重くてね。なにしろ、父は僕たちに縛りつけられるのが大嫌いだったから。クリスマスも例外ではなかった」
「ご両親はどうして別れなかったの?」家族の話をするヴィトの沈鬱な表情に、ホリーは胸を打たれた。これほどハンサムで洗練されていて、私とは比べものにならないほど冷静な人が、子ども時代に受けた傷を引きずっているなんて。
「母が、離婚は罪悪だと教えられて育ったからだ。それに父を愛していた。大事な相手にはとことん尽くす人でね」ヴィトの口調は硬かった。家族について話すのは初めてだった。母と同じく彼も、うかつに身の上話をするな、他人とは一線を引いてつき合えという教えを守ってきた。たとえ天地が引っくり返っても、体面を守ることは大事だった。赤の他人の前でその規律を破ったせいで、ヴィトはひそかに狼狽していた。
「つらい思いをしたのね」ホリーの大きな目には同情があふれていた。他人にそこまで肩入れする必要はないのに……。
 だが慰められたことで、思いがけずヴィトの心は温かくなった。ソファから立ち上がり、見えない鎖に引っぱられたかのように歩み寄って、ホリーをそっと腕に抱く。まったく無意識の、純粋な本能による行動だった。それくらい、彼女に近づきたくてたまらなかった。
 ぴったりと引きよせてから浅黒い指でホリーの顎を上に向けて、ヴィトは澄んだ瞳をのぞきこんだ。そして次の瞬間、キスをした。
 ホリーは驚きのあまり動けなかった。混乱した頭の中で、相反する二つの感情がせめぎ合う。“今すぐ押しのけて、あとずさりをしなさい”という声が聞こえたかと思えば、“女として魅力的だと思われたのよ。先に進めばいいじゃない?”と別の声がそそのかす。
 ゆっくりとやさしく唇をふさがれ、じらすようについばまれると、ホリーの息は止まりそうになった。心臓は口から飛び出しそうなほど打っている。ヴィトは舌を彼女の唇の合わせ目にすべりこませると、もどかしげなうなり声とともに腕の力を強めた。
 重ねられたヴィトの唇はこのうえなく甘美で、ホリーは身を震わせた。体じゅうの細胞が目覚めていくようだ。両手で彼のうなじにすがりつき、力強い唇にむさぼられるうちに、体の奥深くで甘美なほてりが渦を巻くのを感じた。こんなぬくもりと安心感は生まれて初めてかもしれない。守られているという感覚の中、ホリーはヴィトの唇の動きと舌に残るワインの味わいを堪能した。大きな両手がヒップを包み、太腿の後ろ側を這い下りると、彼女の体の芯はこわばってさざなみのような快感が走り、胸が張りつめるのがわかった。
 ヴィトが顔を上げ、金褐色の瞳を向けた。「君が欲しい」声はかすれていた。
「私も、あなたが欲しいわ」ホリーは震える声で同意した。どうして相手の男性に欲望を伝えたくなるのか、その意味をようやく理解していた。
 何年も前から恋人と一つになることを考えてはきたけれど、関係を求めるのはいつも相手であってホリー自身ではなかった。だからそのたび、体をゆずりわたすような、自分の体が自分のものではないような気になった。
 でも、私は間違っていた。選ぶのはあくまでも私自身なのだ。ヴィトの腕に抱かれた今だからこそ、その違いがわかる。ホリーは、先に進みたいというまじりけなしの欲求にとりつかれていた。その欲求は困惑とめまいをおぼえるほど強烈だった。
 吸いこまれそうなヴィトの金褐色の瞳を見つめ、ホリーは爪先立ちになって顔を近づけた。彼のすてきな唇を、もう一度味わいたかった。体を密着させたときの心強さと、全身を震わせる快感は、正しいと彼女に教えている。そうよ、これが私の望みなんだわ……。ホリーの胸は躍った。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。