マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

億万長者の駆け引き【ハーレクイン・セレクト版】

億万長者の駆け引き【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

ヒービーは勤め先のオーナー、ニックに片思いをしていた。彼は数カ国に支社を持つ、ハンサムでエネルギッシュな実業家だが、女性を片っ端からベッドに誘っては捨てるという、非情な男性だ。それでもヒービーはある夜、彼の手管に堕ちてしまった。そこには愛も優しさもない――ただの悦びだけ。その一夜でヒービーが妊娠しても、何も変わらなかった。金目当てでわざと妊娠したんだろうとひどいことを言いながら、子どものための結婚を宣言し、ヒービーを自分の邸宅に住まわせ、彼女が拒めないのを承知で、夜ごと甘い誘惑に溺れさせる。だがある日、そんなニックも青ざめるような事件が起き……。

■英国女王からも功績が認められている国民的ロマンス小説家キャロル・モーティマー。その巧みな筆致とストーリー展開で、世界中の女性ファンの心を虜にしています。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「経歴をきいているんじゃない!」ニックは話をさえぎり、立ちあがった。「君が彼について知っていることをきいたんだ」
「私が?」ヒービーはニックの勢いにたじろいで、目をしばたたいた。「ですから、彼について知っていることを話しましたが」
「とぼけるのはやめろ、ヒービー」ニックは目にあざけりの色を浮かべて、ふたたび彼女の話をさえぎった。「細かいことはどうでもいい。君が彼を知っていることを確認したいだけだ。そして、君が個人的に彼と接触できるのかどうかも知りたい」
 ヒービーはすっかり困惑した。そんなことは六週間前の夜とはまったく関係ないし、かといって彼女の無能ぶりをさらそうという魂胆があるふうでもなさそうだ。ニックはアンドリュー・サザンのことばかり気にしている。ヒービーはその画家を崇拝していたが、会ったことなどなく、ましてや個人的な知り合いでもなかった。
 サザンとの関係を認めようとしないヒービーを見ながら、ニックはいらだちを抑えた。彼女が話したがらないのは、彼の年齢が父親ほども離れているからだろう。いずれにしてもこの数年、彼はアンドリュー・サザンと交渉を持とうと努力してきた。だがニック・キャヴェンディッシュの名前や〈キャヴェンディッシュ・ギャラリー〉の肩書きをもってしても、彼に接触することはできなかった。しかし、ヒービーがその鍵になるかもしれない。
 今後ヒービーを遠ざけるかまたベッドに連れこむかを決めるのはともかく、サザンに会って展示会を開きたいと申し出るためには、まず彼女と話をしなければ。
「いいかい、ヒービー、話を続けよう」ニックは順を追って話しだした。「六週間前、たしかに君と僕は単なる雇用関係を踏み越えてしまった。だがあのときのことは、僕の方から一方的にというわけではなかっただろう?」
 ヒービーは冷たく笑ってニックを見返した。今のが一緒に過ごした夜の、またはそのあと連絡しなかったことに対する謝罪のつもりなら、いいかげんとしか言いようがない。あの夜のことを謝っているのならまったく私を侮辱しているし、連絡しなかったことを謝っているのなら、そんな言葉では不十分なのだから。
 この六週間の間、私は自分がどんな間違いを犯して彼に嫌われたのだろうかと、悩んでいたのに。
 ところがニックときたらなんの前触れもなく現れて、ともに過ごした夜をお互いに合意のうえで楽しんだつかの間の出来事と切り捨て、さっさとアンドリュー・サザンの話題に入ろうとする。サザンと言われても、具象主義の画家で、三十年以上も隠遁生活を送っているという程度のことしか知らない。
 ニックは理解しがたい男性だ。
「話はそれだけですか?」
「違う。もちろんまだある!」ニックは話を中断し、呼吸を整えた。「君はいやがらせをしているのか?」目を細めて、ヒービーを見つめる。
 ヒービーはからかうように眉を上げた。「そんな気はなくても、そう見えるようですね」
 ニックはすこし緊張をほぐして、形のいい唇にかすかな笑みを浮かべた。「あの夜、君を魅力的だと思ったわけがやっとわかったよ」
 今になってオフィスという場所で、そんな言葉は聞きたくない。
 ニックがニューヨークに去ってからの一週間、ヒービーは自責の念に駆られ、彼が電話をかけてきて落ちこんだ気持ちを癒してくれることを心から待ち望んでいた。
 ヒービーはニックを愛していた。今はありがたいことに二十一世紀の世の中だから、暗黒の時代と呼ばれた中世とは違って、女性の要求や希望も男性のものと同じくらい大切にされるはずだ。
 自分が魅力的だと思う男性に求められて一夜を過ごすことは、間違いではない。
 だが今、目の前のニックを見ていると、私の要求や希望にはまったくなんの意味もないらしい。
 ヒービーは顔をゆがめた。「あのときのことは忘れてしまったほうがいいのではないでしょうか?」
 たしかに六週間前の朝、僕はヒービーを部屋から追い出したも同然だったし、すると言った電話もしなかった。だが今、普段の自分みたいにあっさり忘れようと言いだされ、ニックは自尊心が傷ついた。
 でも、もしかすると彼女はただ……。
 ニックはヒービーのそばに歩み寄り、ダークブルーの瞳で見つめながら、なめらかな頬のカーブを指でやさしくなぞった。
「そんなに簡単に僕を忘れられると思っているのかい、ヒービー?」また過ちを犯しているのかもしれないと思いつつも、なだめるように誘惑する。「二人で交わした愛をあっさり捨てられるとでも? 一つになって高みにのぼりつめた瞬間を思い出すと、眠れなかっただろう?」
 ヒービーは頬を赤くして、驚いたようにニックを見つめた。唇が軽く開き、体が彼の方に傾く。
「やっぱり……」ニックはヒービーの反応に満足して、指でやわらかな唇を愛撫したあと、喉からブラウスの胸元へと下ろし、そこからのぞくクリーム色のふくらみをたどった。挑むような視線は、ずっとヒービーをとらえて放さない。
 どうしてこうなってしまったのだろう? ヒービーは心の中ではあらがっていたものの、ニックに触れられてたちまち反応した。胸が硬く敏感になり、足元がおぼつかず立っていられなくなって、とっさにニックの広い肩にしがみついた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。