マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

屈辱のウエディングドレス クリスマス・ロマンス II

屈辱のウエディングドレス クリスマス・ロマンス II


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンスクリスマス・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

人生のどん底でされた、屈辱のプロポーズ。なのに、なぜ私の胸はどきどきしているの?

両親のいないピクシーは、弟が作った借金に苦しめられていた。車を売り、安フラットに越し、生活費を切りつめに切りつめても利子を払うのがやっとで、返済の終わりは見えない。そんなとき、ピクシーの前に突然現れたのがアポロだった。女性関係が2週間続かないことで有名なギリシア人の億万長者は、遺言によって、結婚し子供をつくる必要があるという。彼は傲慢にも、ピクシーにこう言い放った。「借金があり、弟のために苦労する君は、金で買える理想的な妻になれる」と。彼女に選択肢はなかった。今までに一度も男性経験がなくても。

■ある日突然現れたギリシア人富豪と、脅迫されるように結婚したヒロイン。形だけのハネムーンでは苦い思いしか味わえないと思いきや、ヒーローのふとした優しさに甘い胸のときめきを覚え……。前作R−3283『情熱の聖夜と別れの朝』も併せてお楽しみください!

抄録

「遺産を相続しなくても、僕は自力で金持ちになっている。だが、遺言の件は金だけの問題じゃないんだ。まずは一族の家がある。僕の身内は全員、その家がある島に埋葬されているんだ。そして、祖父と曽祖父が始めた事業もある。それこそ、まさにわが家のルーツだ。僕は自分でも認めたくないほど、そのルーツに愛着がある。父が死ぬまで気づかなかったが」
 アポロの率直な告白に、ピクシーは当惑した。失いかけるまで、アポロは家や事業を当然のものと考えていたらしい。
「嘘や芝居は私の性に合わないわ。それに結婚を偽装するのは違法行為だから、とてもできそうにない。私、交通違反だって一度もしたことがないくらいなの。子供時代の経験があるから、法に触れるような行いは、なんであっても絶対にしたくないのよ」
「だが、遺言の条件には忠実に従っている。明記されているのは、僕が五年以内に結婚し、男でも女でもいいから子供をつくることだ。最終的には離婚するとしても、禁じる条項はない。正式に夫婦となり、子供ができれば、どこから見ても普通の合法的な結婚だ」
 ピクシーはためらった。「やっぱりかかわりたくない。なんだか、いいカモだと思われているみたいだけれど、できないものはできないの。それと、聞いたことを人に話す気もないわ。そんなまねをしたら頭がおかしいと思われて、どこかに閉じこめられかねないから」
 アポロはゆっくり立ちあがった。「まだじっくり考え抜いていないようだな」ポケットから一枚の紙片をとりだし、テーブルの上に置く。「僕のプライベートな電話番号だ。もし気が変わったら、連絡をくれ」
「変わらないわ」ピクシーは石のように冷たく言った。
 アポロはなにも言わなかった。戸口で足をとめ、ピクシーのやわらかな唇をじっと見つめる。その瞬間、想像力豊かな頭にぱっとセクシーな光景が浮かび、またもや体が反応した。「ベッドの中では、すばらしい思いができるだろうな。君は驚くほど魅力的だ」
「私の意見は違うわ」ピクシーは震える手でドアを開けた。「あなたのことは好きじゃない。ほしいものを手に入れるとなると、傲慢で、無神経で、血も涙もないんだもの」
「それでも欲望には火をつけられる。だから、君は腹をたてているんだ」アポロは深みのある声でささやいた。「興味のないふりをしている気だろうが、まるでなっていないぞ」
 ピクシーの目に怒りがきらめいた。「あなたにそこまでの魅力はないわ、アポロ!」
 アポロは引きしまった指でピクシーの顎を持ちあげた。「確かか?」
「百パーセント確かよ」ピクシーはつぶやくように言った。アポロの吐息が頬にかかり、香りが鼻孔をくすぐるせいで、彼女の口はからからになり、鼓動は危険なほど速くなった。
「僕はきっと君に法を犯させてみせる」アポロはそっとささやいた。「なんでも僕の望みどおりのことをさせ、楽しませてみせるとも……」
「勝手にそう思っていればいいわ」
 ピクシーの瞳孔は大きく開き、呼吸は聞きとれるほど荒くなっていた。アポロが頭をわずかに下げ、引き結ばれた唇を唇でかすめる。そして衝撃を受けてバランスを崩しかけた彼女を、すかさず両腕で支えた。
 ピクシーは興奮のあまり息もできなかった。いままでほしくなかったものが急にほしくなるという、異様としか言いようのない感覚が全身を駆けめぐる。背伸びをして、アポロがきちんと与えてくれなかったキスを求めたくてたまらない。
 アポロは笑いを押し殺したような表情で、目にあざけりの色を浮かべた。「君は頑固で誇り高いんだな。それなら、僕のそばにいるのは危険だ。なにせ、僕もえらく頑固で誇り高いからね。きっと僕たちは激しくぶつかる。ただし、打ちあがる情熱の花火は見事だろう。普段、女性に気の強さは求めないが、君は特別扱いにしてあげるよ、|僕のお人形さん《ククラ・ムー》。さんざん反抗したり否定したりした君に、言ったことを一つ残らず撤回させるのは楽しいだろうな……」
 アポロならできる気がする。そう思って、ピクシーの全身は冷たくなった。ベッドの下で、ヘクターが小さなうなり声をあげる。いままでに聞いたことのない声だ。
 アポロが笑った。「ああ、現実をちゃんと見ろよ、ワン公。おまえは攻撃なんかしやしない。おびえるのに忙しくて、ベッドの下から出てくることさえできないんだから。こいつ、名前はなんていうんだ?」
 急に話題が変わり、ピクシーは面食らった。「ヘクターよ」
「ヘクターの語源であるヘクトールは、ギリシア神話に出てくるトロイの王子で、偉大な将軍だった。そのことを知っていたのか?」アポロはドアを出ていった。
「いいえ、ただ似合うと思っただけ」残されたピクシーは弱々しく答えた。
 息ができるようになったのは、ドアを閉めてからだった。そのドアに背中をもたせかけ、ぎゅっと目を閉じると、奇妙な失望感が全身にじわじわと広がった。
 ようやくアポロがいなくなったので、ヘクターがうれしそうにベッドの下から出てきた。ピクシーは愛犬を抱きあげ、小さな耳をなでた。「あなたはトロイの王子なのよ、ヘクター、ただの平凡な犬じゃないわ。私ったら、いい名前をつけたわね」そう言いながら、くしゃくしゃの毛に顔をうずめる。さきほど愚かしくも激しく求めた“キスではないが、ほとんどキス”のことを考えると、唇がじんじんうずいた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。