マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

大富豪の冷たい寝室

大富豪の冷たい寝室


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ジェニファー・ヘイワード(Jennifer Hayward)
 悩めるティーンエイジャーだったころ、姉のハーレクインをくすねて読んだのが、ロマンス小説との出会いだった。19歳のとき、初めて書いた小説を投稿するも、あっけなく不採用に。そのとき母に言われた「あなたにはもっと人生経験が必要ね」という言葉に従い、広報の職に就いた。名だたる企業のCEOと共に世界中を旅して回った経験が、確かに今の仕事に役立っているという。2012年、ハーレクインの新人作家コンテストで入賞し、ついにデビューを飾った。カナダ、トロント在住。

解説

この身にふたたび命を宿しても、夫の心を虜にすることはできないの?

アンジーは大富豪ロレンツォと2年前に離婚した。薔薇色の新婚生活は彼女の流産を機に一変してしまった。まるで火が消えたように夫の興味は仕事に移り、傷ついたアンジーは耐えきれずに家を出たのだった。ところが、彼女がようやく新たな一歩を踏みだそうとした矢先、ロレンツォが突然現れ、離婚は成立していないと断言すると、彼女の父親の会社への援助と引き替えに復縁を迫った。いやよ、もうあんな悲しい思いはしたくないわ。抗うアンジーをかき抱くと、ロレンツォは熱いキスで黙らせ……。

■ロレンツォに強引に連れ戻され、あらためて夫婦としてやり直すことを決めたアンジー。流産を機に突然冷淡になった彼を信じきれず悩んでいたとき、彼女にふたたび妊娠の兆しが現れて……。

抄録

 アンジーの思考はさらに混乱した。体を抱く腕に力をこめ、感情のほとばしりを抑えようとした。だがそれは、彼女が張りめぐらせた貧弱な壁をいとも簡単に押し流した。「あなたはまだ懲りていないの? 二人で過ごした数カ月は、一分一秒が苦痛以外の何物でもなかった。同じ部屋にいるだけで、すぐに相手を罵り、傷つけ合うことになったわ。怒りをぶつけ合ったところで、楽になるわけもなかった……よけいにつらくなるだけ……」
 ロレンツォも腰を上げ、アンジーのほうにゆっくりと近づいてきた。「僕たちは赤ん坊を失ったんだ。つらくて当然だよ。僕たち二人とも心に大きな傷を負ったんだ」
 胸に何かが詰まったように息苦しくなった。「その傷口にまた塩を塗り合おうというの?」
 ロレンツォは手の届きそうなところで足を止めた。アンジーの体は彼から発せられる熱に反応していた。かつては知りつくしていた彼の体が、勝手に細胞の記憶を呼び覚ます。胸の高鳴りを、そしてほてりを抑えようと、アンジーは頬に手を当てた。だが、ロレンツォはすでに気づいていたようだ。彼はいつも妻の心を読むのが上手だった。その瞳が熱を帯びるのが見て取れる。
「大事なのは痛みを乗り越えることだ。僕たちが何年も前に向き合うべきだった痛みと、正面から向き合うことだ」
「いいえ」アンジーは首を横に振った。胸の底から不安がマグマのようにわき出てくる。このまま流されたら、きっと後悔することになるわ。「私はもう婚約しているのよ、ロレンツォ。彼を愛しているの」
 ロレンツォの瞳に炎が燃えあがった。「自分でも嘘だとわかっているはずだ」
「嘘なんかじゃないわ。本当よ」
「君は僕の妻だ」ロレンツォはアンジーの腰に腕を回し、引き寄せた。どくどくと脈打つ体がバランスを失い、熱の壁のような彼の体に吸い寄せられる。まるで蛾が炎に飛びこむように。ロレンツォの胸に手を当ててあとずさろうとしたが、脚は頼りなく、思うように動いてくれない。見あげると、目と目が合った。「僕のものでないことを示すようにキスしてみてくれ」彼の声はかすれている。「そうすれば考えてやってもいい」
「冗談じゃないわ」はねつけるように発した言葉は、内面のパニックを雄弁に伝えていた。「どうしてこんなことをするの? なぜそこまで冷酷になれるの?」
「なぜなら、君が出ていったときに、僕は引きとめるべきだったからだ。君がほかの男と一緒にいるところを想像しただけで気が変になりそうだから。そして、君が僕を放してくれないからだ、アンジェリーナ。ほかの女性と会っていても、君が頭から離れない。目に浮かぶのはこの美しいブルーの瞳と、僕たちが祭壇で誓いを立てた場面だけなんだ……」ロレンツォはアンジーの顎をてのひらで包んだ。僕のものだと言わんばかりに指が肌に触れる。「なぜなら、僕たちはまだ終わっていないからだよ。僕たちは永遠に終わることはない」
 アンジーの鼓動は乱れ、胸を締めつける痛みが魂まで達するかに思えた。「お願いだからやめて」声を絞り出すように言った。「さっきまで脅していたかと思えば、そんなわけのわからないことを言いだして……」
 ロレンツォが頭を下げ、二人の吐息が混じり合う。「僕に対してなんの感情もないと証明してくれ。僕が間違っていると証明してくれよ。そうすればおとなしく身を引く」
「冗談じゃないわ」
 アンジーの言葉におかまいなしに、ロレンツォの唇が唇に触れた。ささやきのような軽いキスに、全身の細胞がいっきに目覚める。彼女は目を閉じた。こらえるのよ、アンジー。関心がないことを見せつけてから立ち去ればいいわ。
 ロレンツォの手がアンジーの背中に回り、背骨に大きなてのひらが押し当てられた。その熱が体に伝わり、決して癒えることのない傷口を撫でる。頭の中で警報が鳴りはじめ、今すぐやめなさいと命じた。大丈夫、やめられるわ。もう終わりだってことを彼に思い知らせるのよ。
 限りなくやさしい感触でロレンツォの唇が触れてくる。今日限りで終わりにするのだと心に決め、アンジーは微動だにせずにこらえていた。すると、ロレンツォが彼女の顎をつかむ指に力をこめ、顔を仰向かせてキスを深めてきた。甘い感覚に酔いしれそうになり、頭の中の警報がさらに大きく鳴り響く。
「ロレンツォ……」
 ロレンツォは舌をアンジーの下唇に這わせた。エロチックで親密なそのしぐさに刺激され、喜びが波動のように全身を駆けめぐる。頭がぼんやりし、胸がうずき、指はいつのまにか彼のTシャツをぎゅっと握りしめていた。ロレンツォは再び舌を使って柔らかな彼女の唇を、自分のものだと言わんばかりになぞった。アンジーは身を震わせた。
 ロレンツォが唇の合わせ目を舌でたどり、開くように要求したとき、アンジーは官能の波にのまれて、ただ従うことしかできなかった。ロレンツォはごほうびに、思わず爪先を丸めてしまいそうになるほど熱いキスをくれた。アンジーは喉の奥でうめき、必死に彼にしがみついた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。