マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

結婚から始めて【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

結婚から始めて【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

ヘルパーのアラミンタは、浪費癖のある父と病弱な妹の3人暮らし。母が早くに他界したあと、仕事も家事雑用も全部一人でこなしてきた。あるとき、上流階級の医師ジェイスンの屋敷に派遣され、彼の妹の子供たちの世話をすることになった。真面目でハンサムな彼に心惹かれていくが、契約は半月あまりで終了。次の仕事は老人の世話をする過酷な労働だった。ところが1週間が過ぎたとき、ジェイスンが不意に訪ねてきて、なんとアラミンタに結婚を申し込んだのだ。“今は愛していなくても、一緒に暮らすうちに愛が生まれればいい”と。ただ彼のそばにいたくて、プロポーズを受けたアラミンタだったが……。

■〈ゴージャスな恋人〉と銘打ちお贈りする企画第1弾は、繊細な作風で多くのファンを魅了し、惜しまれつつも2001年6月に永眠したベティ・ニールズ。彼女の定番である医師との恋を描く今作は、人気の便宜結婚がテーマです。
*本書は、ハーレクイン・リクエストから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 アラミンタは暖炉の前に座って考えた。ジミーとグロリアはいい子たちだが、多少過保護ではないだろうか? それでも、何か面白いことをさせておけば問題はない。あとは教授の邪魔をさせないように気をつけることだ。
 二人はほどなく食事を終わったが、寝なさいと言っても聞こうとしない。そこで無理強いはやめ、母親に手紙を書いたら、と言ってみた。「向こうに届くまでに一週間近くかかるのよ」だが、確かではない。「手紙をもらったら、お母様お喜びになるわ」
「明日電話するよ」ジミーが答えた。
「ああ、そのほうがいいわね。番号知ってる?」
「知らないけど、伯父さんにきけばいい」
「じゃ、明日お出かけになる前にきいてね」
 そのあとはどの美術館を見に行こうかという話をしたが、退屈この上なかった。予想どおり彼らも退屈したと見え、もう寝ると言いだした。グロリアはティブスを抱き上げておやすみを言ったが、むくれたような顔をしている。ジミーもマットをキッチンに連れて行き、妹に続いて二階へ上がった。マントルピースの上の古い携帯用時計を見ると、そろそろ九時になろうとしている。子供たちと一緒に部屋へひきとりたかったが、こう空腹では寝られない。
 家の中はひっそりと静まり返っている。ブラーのすすめどおり客間へ行こうとホールへ出てみたが、どのドアが客間かわからなくなってしまった。教授に会いに来たときは、ホールの奥にある部屋へ通された。でも、奥にはドアが二つあって向かい合っている。近いほうのドアをあけてみたところ、そこはダイニング・ルームだった。長円形のテーブルは食事ができるように整えてあり、銀器やグラスが壁の突き出し燭台の光を受けてきらきらと輝いている。ダイニング・ルームのドアをしめて向かいのドアをあけると、こちらはとても立派な書斎だった。誰もいないのに暖炉の炎が明るく揺れ、小さなテーブルの上のスタンドがともっている。
 不意に教授の低い声がした。「迷子になったんじゃないだろうね、スミスさん?」
 アラミンタは驚いてどきどきしながら彼を振り返った。「こっそり人に近づくものではありませんわ。相手が心臓か何かの悪い人だったらどうなります? ブラーさんに客間へどうぞって言われたんですけど、どのドアかわからなくなってしまったんです」
 教授は気づかわしげに、同時にもどかしげにアラミンタを見下ろしている。
「失礼、スミスさん。きみの心臓……か何かは、悪くないだろうね? 客間はこっちだ」彼はホールを横切って別のドアをあけ、アラミンタを中へ通した。「座ってくれ。おなかがすいただろう? だが、まずシェリーを飲もう」
「ありがとうございます。一つ申し上げておきたいことがあるんですが……。ブラーさんは教授と一緒にお食事するようにと言っていました。でも、わたしはお客様ではありませんから、普段は働いている方たちと一緒にキッチンでいただきます」
「いや、この家にいる間は、ぼくや子供たちと一緒に食事してもらいたい」
 彼が不機嫌に言うので、アラミンタはつとめて穏やかに答えた。「わかりました、教授」
「子供たちは無事に着いたんだろうね?」
「はい。問題はありませんでした。二人ともお部屋に入っています。寝たかどうかはわかりませんが」
「扱いにくいだろう? いい子たちだが、甘やかされているから。妹は時間どおりに発ったかい? あれは、物事を処理するのが苦手なんだ」
「全部うまくいったと思います。ただ、ジミーの犬とグロリアの猫を連れて来ました」アラミンタは教授の顔をうかがった。だが彼はなんの感情も示していない。「今マットは、教授の犬と一緒に、キッチンにいると思います」
「ああ、電話したとき、ブラーがそう言っていたよ。きみ、犬は好きかい?」
「はい、好きです」
「よかった。それなら、ここへ呼んでも大丈夫だな。うちの犬はジミーの犬を仲間だと思っているらしい。みんな気立てがいいんだ」
 ブラーが入って来たので、教授は目を上げた。「食事かい、ブラー? よし。ゴールディーとネプチューンを出してくれ」
 ホールを歩いているときに、犬二匹がやって来た。教授が声をかけると甘えるように吠え、続いて茶色の目でアラミンタを見上げた。その目は仲よくしようと言っているように見える。挨拶したほうがいいと思い、アラミンタはしゃがんで二匹と顔をつき合わせた。にこにこしながら目を上げると、教授の顔に妙な表情が浮かんでいる。いら立ち? よそよそしさ? どちらかはわからないが、体裁悪くなって立ち上がった。ばかなことをしてしまったのではないだろうか? 彼は厄介者が三人も転がり込んで困ったものだと思っているに違いない。
「わたしを厄介払いしたいとお思いでしょう?」言ったとたんにしまったと思ったが、今さら悔やんでも間に合わない。
「とんでもない。その反対だ。甥や姪はかわいいが、行動を監督するのは気が疲れる。きみがいてくれるのは大変ありがたい」
 教授の表情はにこやかで声もやさしいが、どうも何かほかのことを考えているような気がする。
 料理はすばらしかった。ブラー夫人は料理の達人だとみえる。かすかにガーリックの風味のあるパースニップ・スープ、きじのロースト、口の中ですっととける糖蜜のお菓子。だが、疲れているからと言ってコーヒーは断った。残念ながら、教授の顔をよぎったのはほっとした表情だった。どうやら彼に楽しい思いをさせることはできなかったらしい。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。