マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

捨てたはずの愛【ハーレクイン文庫版】

捨てたはずの愛【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

シャネイは3歳の娘と一緒に、カーニバルの喧騒を楽しんでいた。そこで思わぬ相手とでくわしてしまう――夫の弟夫婦と。スペインの名家の一員で、億万長者のマルチェロと結婚し、上流社会に溶けこもうと努力したシャネイだったが、嫌がらせを受けたうえに、夫に愛人までいるとわかり、逃げるようにして、故国オーストラリアに帰ったのだ。その後に妊娠が発覚し、娘を産んだことを隠してきたのに、このままではマルチェロにすべてを知られてしまう。案の定、夫は自家用飛行機ですぐさま現れた。娘を奪うために。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 マルチェロ。
 片手をズボンのポケットに入れ、いかにものんびりとくつろいでいる様子だが、シャネイはそれが彼女を惑わせる戦略だと知っていた。実は、捕食動物のように獲物に飛びかかるチャンスをうかがっているのだ。
 一瞬、シャネイはエレベーターに逃げ戻ろうかと思った。でも彼を満足させるのはいやだ。
 それに、何よりもニッキを幼稚園に迎えに行かなければならない。
 マルチェロは対決したがっているの? だったら喜んで受けて立つわ!
 シャネイはぐいと顎を上げ、決然とした視線を彼に向けた。しかし、効果はなかった。近づいていっても、彼は身じろぎひとつしない。
 彼女は肩をいからせ、背筋を伸ばし、ほとんど黒と言っていいマルチェロの目をまっすぐに見た。
 いいわ、礼儀正しく始めよう。「マルチェロ」
「やあ、シャネイ」
 驚いたことに、かすかに訛のある声が神経を刺激した。シャネイは彼に影響されたくなかった。二人が共有したものを思い出したくない。
「ここは住人専用の駐車場よ」
 ばかにしたように眉がつりあがった。「次に、どうやって入りこんだのかときくんだろう」
「あなたとおしゃべりしている時間はないの」シャネイはわざとらしく腕時計を見た。
「じゃあ、さっそく要点に入ろう」
 のんびりとした言い方がいらだたしい。シャネイは冷たいものが背筋を這いおりる感覚を無視しようとした。「なんなの?」
 マルチェロの目が険しくなった。
「ぼくの娘のことだ」
 すばやく値踏みするようなまなざしに、シャネイは落ち着かない気分にさせられた。それでも決意を貫こうと躍起になる。
「あの子の出生証明書に、父親の名前は書かれていないわ」
「病院の記録を調べた」マルチェロはぞっとするほど穏やかに言った。
「ニッキは臨月で生まれた。となると、妊娠した時期は、きみがマドリッドを離れる六週間くらい前になる」
 次に彼が何を口にするか、シャネイはわかっていた。その言葉を遮断するように目を閉じる。
「私立の研究所にDNA鑑定を依頼した」マルチェロはそこで一拍間をおいた。
「ぼくのサンプルはすでにある。ニッキからもサンプルをとりたい。できたら二十四時間以内に。きみにサインしてもらう必要のある書類は、すでに用意してある」
 シャネイは彼を引っぱたきたかった……思いきり殴りつけたい。
「いやよ」怒りを抑えようとするせいで、ぶっきらぼうな口調になる。
「許可しないというのか?」
「ええ、冗談じゃないわ!」
「だったら、ぼくは親権を申請する。醜い争いになるぞ」
 冷酷な声に、シャネイは恐怖に襲われた。
 自分が有利になるよう、彼は最高の弁護士を雇ったのだろう。
 別に驚くにはあたらない。攻撃の前にすべてを周到に準備しておく男だ。
「ろくでなし」
 片方の眉が皮肉っぽく上がった。
「説明的な形容詞はつかないのか?」
「ありすぎて言えないわ」
 シャネイはこれまでに憎んだ誰よりも彼を憎んだ。
「きみにまかせるよ。決断するのに二十四時間の猶予を与える」
 激しい怒りにシャネイの目は火花を散らさんばかりだった。「地獄に堕ちるといいわ、マルチェロ」
 彼は名刺をとりだした。「携帯電話の番号だ。ここにかけてくれ」
「絶対にかけるものですか」
 空気がぴんと張りつめた。
 マルチェロはあざけるように彼女を見下ろし、眉を動かした。
「考え直したほうがいい。ぼくはきみの住まいだけでなく、ニッキが通う幼稚園も、きみたちがよく行く公園も知っているんだから」表情ひとつ変えずに言う。
「もっと挙げようか?」
 自宅に幼稚園、公園。そこにいきなりマルチェロが現れるかと思うと、シャネイは動揺した。
「そんなまねをするつもりなの?」ぞっとしつつも彼を問いつめる。
「あの子を怯えさせて、誘拐までするつもり?」
「冗談じゃない」怒りのあまり声がかすれ、顔が仮面のようにこわばった。
「ぼくをどういう人間だと思っているんだ?」
 あのときによくわかったわ。シャネイは心のなかでつぶやいた。
「娘に会って一緒に過ごしたい」冷たい無情な目がシャネイの目を見据える。
「それを了承してほしい。どういう方法であれ」
 マルチェロはわたしに選択肢を与えているのだ。楽な方法をとるか、わたしにとっては危険な賭となる法的手段をとるか。
 視界から彼を締めだそうと、シャネイは一瞬目を閉じた。追いこまれた立場が気にくわない。
“地獄に堕ちるといいわ”その言葉がまた舌の先まで出かかった。
 自分のことはどうでもいい。だが、娘はどうしても守らなければ。ニッキを動揺させたり、信頼を失うようなまねは絶対にできない。
「血も涙もないろくでなしね」苦々しげにシャネイは吐き捨てた。
 しかし、マルチェロは平然としている。「今さら驚くことじゃないだろう」
「ニッキはわたしのものよ。わたしが出産すると決めて、産んだんだから。あの子を育てて愛しているのは、このわたしよ」
 マルチェロの顎が引きしまった。「ぼくから子育てに参加する機会を奪ったくせに」
「わたしたちはもう終わったのよ!」
「きみが逃げだしたんだ」
 その指摘はシャネイの痛いところを突いた。「あそこに残って、あなたと闘えばよかったの?」とんでもないとばかりに肩をすくめ、かすれた声で続ける。
「お願い。わたしはずっと煉瓦の壁に頭をぶつけてきたようなものなのよ。最終的に、あなたの愛人と家族が勝利をおさめたんだから」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。