マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説海外SF小説

世界の終わりの天文台

世界の終わりの天文台


発行: 東京創元社
レーベル: 創元海外SF叢書
価格:2,037pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

【リリー・ブルックス=ダルトン】
バーモント州出身、オレゴン州ポートランド在住の作家。10代の頃から世界中を旅した経験を持ち、2015年4月、自伝的ノンフィクションMotorcycles I’ve Lovedで作家デビュー。同書はオレゴン・ブック・アワードの候補にもなった。小説デビュー作となる本書Good Morning、Midnightは、イーユン・リーやコルソン・ホワイトヘッド(2017年ピュリッツァー賞受賞作家)の賞賛を受けた。

【佐田千織】
関西大学文学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書に、ヌーヴェル『巨神計画』、ロジャーズ『世界を変える日に』、ジェミシン『空の都の神々は』、カヴァン『あなたは誰?』他。

解説

どうやら、人類は滅亡するらしい。最後の撤収便に乗らず、北極圏の天文台に残ることを選んだ孤独な老学者オーガスティンは、取り残された見知らぬ幼い少女とふたりきりの奇妙な同居生活を始める。
一方、帰還途中だった木星探査船の乗組員サリーは、地球からの通信が途絶えて不安に駆られながらも、仲間たちと航行を続ける。終末を迎える惑星の片隅で、孤独な宇宙の大海の中で、長い旅路の果てにふたりは何を失い、何を見つけるのか? 終わりゆく世界を生きる人々のSF感動作。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。