マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

あなたしか知らない【ハーレクイン文庫版】

あなたしか知らない【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

永遠に君を愛する――繰り返される口づけ。18歳の切ない誓い。義兄ジェイクと結ばれたジェイミーは輝きのなかにいた。だが、その日、義兄がほかの女性と抱きあう姿を見て、少女はすべてに絶望し、無言のまま家を去ったのだ。それから6年がたち、思いもよらぬ義兄との突然の再会が、あの日の苦痛よりもっと酷な傷をジェイミーに刻みつけた。既に婚約者がいる、大企業の社長となった義兄が唇を歪め、辛辣な言葉を浴びせたのだ。あれから何人の男を知った、と。あなたしか知らないわ……ジェイミーは寂しい心でつぶやいた。
*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「相変わらず野心的なキャリアウーマンってわけか。もうそろそろ、その夢も色あせたと思っていたんだがな。ぼくは、きみが大人になっていくのをじっと見ていたというのに、きみの野心がそんなに強烈だということに一度も気づかなかったなんて。考えてみればふしぎだな」
「ふしぎでもなんでもないでしょ? わたしだって、あなたの中にいろんなものがひそんでいることに、一度も気づかなかったもの」
 ジェイミーの口調にこめられた刺のある侮辱に眉を寄せながら、ジェイクは前に回ってそっとたずねる。
「たとえば?」
 もうがまんの限界だった。頭ががんがんする。ジェイクったら、自分がわたしに何をしたか正確に知ってるくせに、なぜわたしの口から言わせたがるの? わたしを苦しめて楽しんでいるんじゃなくて?
「その話はしたくないわ」
 ジェイクがそばにいることで、ふいに息が詰まりそうになって、ジェイミーはだしぬけに立ちあがった。パニックに駆られてジェイクの脇をすりぬけようとするのに、彼が道をふさぐ。
 激しい頭痛に目を閉じると、ジェイミーはぐらりとよろけて手を差しのべた。すべてが、狂ったようにぐるぐる回りはじめる。唯一のたしかな現実はジェイクのしっかりとした声だったから、溺れる者が救命ボートにしがみつくように、ぐったりと彼にもたれかかった。ジェイクの両腕が自分の体に回されたのを感じたとたん、ジェイミーは気が遠くなった。
 自分が抱きあげられて運ばれていくのがおぼろげにわかる。ジェイクの鼓動がふいに速まったこともわかった。ベスの心配そうな質問とジェイクの安心させるような返事が聞こえる。
「心配しないでいい。ジェイミーはいつだってがんばりすぎるんだ。たぶん、時差のせいだろう。部屋はどこだい、ベス? いや、だいじょうぶ。きみは階下にいてくれ。ジェイミーは気絶したんじゃなくて、めまいがしただけだと思うんだ。すぐによくなるさ」
 二階に上がっていく。ジェイクの動きはすばやい……。前にもこんなふうに運ばれたことがあったわ、初めて彼とベッドをともにしたとき……ふいに胸が締めつけられる。いまは、あのときのことなんか思い出したくはないのに。
 わたしはわくわくしながらも怯えていて、ジェイクの愛し方はとても優しくて……でも、そんなことを思い出しても意味ないわ。ただの幻だったんだもの。巧妙な欺瞞でしかなくて、とことん彼にだまされていた。わたしのプライドも自尊心もまだ立ちなおってはいないんだわ。
 本当に、ワンダがいなかったら、わたしは気づきもしなかっただろう。いまごろはジェイクと結婚して五年たち、たぶんジェイクの子供たちの母親になってたわね。ほっとしていいはずなのに、なぜ鈍い痛みとみじめさを感じたりするの?
 何も知らないまま結婚していたほうがよかったとでも思うの? 自分の弱さに腹を立てて、ジェイミーは思い出を押しのけた。もう寝室の中だわ。用心しながら目を開けてみて、部屋がぐらりと揺れたのであわててまた目を閉じる。
 わたしが悪いんだわ。ニューヨークからの機内でほとんど食べなかったのに、そのあともほんのちょっぴりしか食べなかったから。力がなくなっても、なんのふしぎもないわ。
 めまいの中で過去と現在が交錯しはじめる。現実が遠のき、たしかなのはジェイクの腕の中にいるという事実だけ。ジェイクがベッドに横たえてくれる。ジェイミーは目を開け、冷ややかな緑の目を見てまばたきした。
「ジェイク」
 名前を口にするだけで全身が震える。ジェイクの目からきびしい冷たさを追い払えなくて、くやしさに涙がにじむ。ジェイミーは十八歳に戻り、どうしようもなく恋をしていた。
 訴えるように手を差しのべる。ショックのあまり弱々しい悲鳴があがった。骨が折れるんじゃないかと思うほど荒々しくジェイクに押し戻されたから。
「ぼくに何を求めてる、ジェイミー?」
 荒々しい声に、昔の痛みがこだまのようによみがえり、ジェイミーをいっそう混乱させる。乾いた唇を舌先で湿す。胸がつぶれそうだ。ぼうっとなってことばも浮かんでこない。
 心の奥から震える声が警告する――あなた、信じられないほど愚かなことをしようとしてるのよ。でも、そんな声は聞きたくない。わたしはそばに座っているこの男性を、痛いほど求めているの。なぜか、わたしを絞め殺したいというような顔をしているけれど……。ジェイクを見つめるジェイミーのまなざしには、無言の訴えがあふれていた。
「ジェイミー、どういうことだ」彼女の手首をつかんでいた手を、火傷でもしたように引っこめる。「いったい今度はなんのゲームをしてる?」
 ジェイクは出ていこうとしている。ジェイミーはそんなことはさせたくなかった。パニックがナイフの先のように鋭い爪で攻めかかり、虚無の黒い渦が彼女をのみこもうとしている。
「ジェイク!」
 一瞬、暗闇が裂け、ジェイミーは自分の体の上にジェイクの熱い体を、唇の上に夢にも忘れたことのないジェイクの唇を感じる。心臓が狂ったように打ちはじめた……。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。