マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

魔法の都ウィーン【ハーレクイン文庫版】

魔法の都ウィーン【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

コーデリアは父亡きあと、継母にずっと粗末に扱われてきた。だから、住み込み家庭教師の職を得たときはうれしかった。しかも教え子の少女の同行で、ウィーンに赴くことになったのだ。少女の伯父の家にしばらく滞在するのだという。伯父のチャールズは長身の、とてもハンサムな麻酔医だった。冴えない容姿の彼女をちらりと見るや、見下した顔をしたので、コーデリアは芽生えかけた恋心を封印した。永遠に――でも人々は言うのだ。ウィーンには不思議な魔法がある、と。だから願わずにはいられなかった。先生に魔法をかけられたら。
*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 ホールへ行くと、昼食のしたくができていると言われた。ドクター・トレコムが母親と話していたので、三十分遅らせたのだった。ほの暗く洗練された造りの部屋で、楕円形のテーブルがあり、ゆったりと腰かけて食事をした。ドクターはなかなかのホストぶりだった。アイリーンとコーデリアを会話に加え、不自由はないかと気を配りもした。それでもやはりコーデリアは、コーヒーを飲みに客間へ移ったときにはほっとした。それから間もなく目で合図をし、しぶるアイリーンを部屋へ連れ帰った。
「あなた、また客間に行っちゃうの?」コーデリアが部屋を出ようとすると、アイリーンは尋ねた。
「わたしが? とんでもないわ。おばあさまとおじさまはふたりでお話がなさりたいのよ」もし自分が同席すれば、ミセス・トレコムとドクターはコーデリアへの礼儀上、もどかしい気持をこらえて当たり障りのない話をするだろうという想像がつく。「ちょっと自分の部屋に行くわ。少ししたら外に出て、その辺を見に行こうと思うの。近くに公園があるのよ。おばあさまやおじさまからお声がかからなければね……」
 コーデリアはアイリーンに本を与え、自分の部屋に戻って身づくろいを整えると窓際に行き、眼下の町を見おろした。どうか、ドクターにきらわれませんように。ドクターがわたしをあの程度にしか思っていないのにはがっかりさせられたけれど、恐ろしく悪く言われたわけではないわ。本当なら、無視されかねないところですもの。なにはともあれ、わたしはウィーンに来たのよ。わたしにしてみればぜいたくな暮らしをさせてもらい、数えきれないほどの美術館や記念碑や見物する場所もあるわ。大部分はとっておかなければならないにしても、お金もあるんですもの。
 トレコム親子を、一時間ほどふたりっきりにしてあげればいいだろう。
 コーデリアは続きのドアからアイリーンの部屋に行った。そのとき、ミセス・トンプソンがドアをノックして、アイリーンはおばあさまの所へ、コーデリアはドクターの書斎へ行くようにと言った。
 書斎は薄暗く、本がぎっしり詰まっていて、両側の大きな窓には濃い緑色のカーテンが下がっている。入口と直角に、大きな机が置いてあり、ドクターは机に向かっていた。コーデリアがはいっていくと彼は立ちあがり、机の反対側にあるがっしりしたひじかけ椅子を勧めた。
 つぎにドクターは窓の所へ行き、カーテンを引いて部屋を明るくした。光線が当たったが、コーデリアは顔をそむけなかった。どうせドクターはわたしが実用的な娘で、美人ではないとお見立てずみなんですもの……。
 少しのあいだ、ドクターは超然とした態度でコーデリアを見ていた。「母の話では、アイリーンはきみを気に入っているそうだね。きみがここに居残る理由としては十分だ。だが、ぜひともあの娘にべったりつきっきりでいてくれとは言わない。ぼくはほとんど子供とかかわりのない生活をしてきたし、ぼくの仕事は毎日の社交生活にも食いこんでくる。アイリーンを楽しく過ごさせてやるにはどうしたらいいかを決め、あの娘にふさわしいプログラムを作ってやってほしい」
「つまり、ドクター・トレコム。わたしたちがこちらにごやっかいになっていることを意識なさりたくないということですね」コーデリアは静かにそっけなく言ったので、ドクターは眉をあげた。
「そこまで率直に言うことはないがね、ミス・ギブソン。ま、そんなところだ」
「できるだけのことはさせていただきます。でも、なにしろアイリーンは元気のいい娘ですから、おとなしくさせておくのはたいへんですわ」
「ぼくは鬼のような男じゃあるまい?」ドクターは語気を荒らげた。「困ったことがもちあがったらなんなりと言いに来てほしいし、当然のことながら、ここにいるあいだ、アイリーンに楽しく過ごしてもらいたいとも思っている」ドクターは椅子の背にそり返り、親しみのこもった口調で言った。「ふたりとも、食事はいっしょにしてくれたまえ。昼に帰ることはめったにないが、朝と夜はつきあってほしいな。ときたまお客がある。そんなときは、きみたちだけですませてもらうほうがいいだろう……。たいてい、話はドイツ語になるからね」
 少しならドイツ語ができます、と断っておく必要はあるまいとコーデリアは考えた。いずれにせよ、ミセス・トレコムから聞いているにちがいないのだから。アイリーンも自分も、ディナーパーティーに加わることにはなりそうにないと思い、コーデリアはためらわずに承諾した。
 ドクターは立ってドアの所へ行き、コーデリアのためにドアをあけた。マナーがよろしいこと……ホールに出てから、コーデリアは考えた。それにしてももったいないわ。患者を診ていなければ、本に頭をつっこんでいる人ですもの。ドクターは、わたしたちが来たことに戦々恐々としているに決まっている。ひとり暮らしをかき乱されやしないかと心配なのだわ。
 ミセス・トレコムとアイリーンは出かけていたので、コーデリアは散歩に出た。右へ行こうか左にしようかと歩道で迷いながらふと見あげると、ドクターが書斎の窓から彼女を見おろしていた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。