マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

恐怖箱 閉鎖怪談

恐怖箱 閉鎖怪談


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

そこに入ってはいけない……。
逃げ場ゼロの恐怖、閉ざされた場所で人知れず起きた怪奇!

加藤一、雨宮淳司、神沼三平太、高田公太、橘百花、つくね乱蔵、戸神重明、鳥飼誠、ねこや堂、久田樹生、深澤夜、三雲央、鈴堂雲雀、渡部正和――恐怖箱の人気作家14名が「閉鎖空間の恐怖」をテーマに競演!

暗く、狭い場所――例えば、島、村、拘置所、防空壕、水の中、車、トイレ、クローゼット……。閉ざされた社会や、逃げ場所のない空間で起きた恐怖ばかりを集めた空恐ろしき実話怪奇譚。かくれんぼで遊ぶ子供が隠れたダンボールの中は……「かくれんぼ」、封印されていた実家の屋根裏部屋の秘密……「ちゃぶ台」、祖父危篤の報せに戻った故郷の島、だがそこには恐ろしき因習が……「サークル」他、絶体絶命の状況で体験した限界ギリギリの恐怖32話!

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。