マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

愛に屈したギリシア富豪 三姉妹はシンデレラ

愛に屈したギリシア富豪 三姉妹はシンデレラ


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス三姉妹はシンデレラ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

再会した大富豪は、私を憎んでいた。でもよみがえるのは、愛された記憶だけ。

幼くして母と別れたルーシーは、一人で苦労しつつ育った。今はウエイトレスをしているけれど、稼げるお金はわずかだ。その日、彼女が緊張しながらコーヒーを運んだのは、かつての恋人、ギリシアでも有数の大富豪イアスだった。だが彼の目は、ルーシーへの怒りと軽蔑で燃えていた。ひょっとして……イアスは真実を知ったのだろうか?2年前、彼に捨てられたあと妊娠に気づき、一人出産したことを。悲しい衝撃とともに、ルーシーは悟った。つまり今後、私はイアスから逃げられないのだ。娘を取りあげられたくなければ。

■ミニシリーズ〈三姉妹はシンデレラ〉も、いよいよ最終話です!住む世界が違うヒーローとの恋に夢中になり、その後背を向けられたヒロイン。再会した彼は、子供の存在を知ってプロポーズしますが、バージンだったヒロインを不実な女と決めつけていて……。

抄録

 過去に味わった衝撃はあまりにも大きかった。いまにして思えば、ルーシーの本性を知って過剰反応していたのだろう。とにかくイアスは身を引き、本能的に自分を守ろうとしたのだった。彼女とは二度と会わず、二度と話さないことが必要不可欠という気がした。
「僕には理解できないな。君がどうしてクルーザーに行ったのか、なぜ僕と連絡をとろうとしたのかが」イアスはふたたびルーシーのほうを向き、そっけなく言った。
 辛辣な非難の言葉が舌先まで出かかったものの、ルーシーは必死にのみこんだ。こんな激しい口論のさなかに、ベラのことを告げたくはない。イアスは氷河のように冷たく無表情だけれど、あたりの空気はいまにも発火しそうなほど熱く、恐ろしいほど緊迫していた。
「当然でしょう……。あなたは姿を消したきり、音沙汰なしだったんだもの。たいていの人が説明してほしいと思うわ」
「理由ならわかりきっていたじゃないか。飽きたんだよ」イアスはあざけるように言った。
「あなたって、ときどき本当にいやな人になるわよね」ルーシーは震える声でつぶやいた。屈辱的な言葉を投げつけられて、心からぞっとしていた。
「手の内を明かせよ、ククラ・ムー。そうしたら、僕も正直になるかもしれないぞ」
「なにを言いたいのか、さっぱり――」
「かわいそうな犠牲者のふりをするのはやめろ。あのころも君は嘘ばかりついて――」
「嘘なんかついてないわ!」
 イアスは激しい怒りにとらわれた。ルーシーは澄んだ青い目で彼を見すえ、いらだたしげに部屋の中を歩きまわっていた。背後から明かりに照らされているせいで、白いドレスが透けたようになっている。小さな胸のふくらみと薔薇色の胸の先が浮かびあがっているのを見て、イアスの体は即座に反応した。
「私がどんな嘘をついたというの?」ルーシーはかっとなって詰問したけれど、その目はタイル張りの床の上を行ったり来たりしはじめた、イアスの流れるような動きに釘づけになっていた。
 彼はいまでも息をのむほど美しい。彫りが深く無駄な肉のついていない顔も、すばらしい緑色の目もだ。喧嘩腰に傾けた頭の角度から力が入った大きな肩、筋肉質の長い脚にいたるまで、全身から男らしさが立ちのぼっている。ルーシーはむさぼるように見つめるあまり、集中することができなかった。胸の先はうずいて硬くなり、下腹部は脈打ちながら熱くなっていた。
「どんな嘘をついたというの?」彼女はもごもごとくり返したけれど、頭は霧がかかったようにぼんやりしていた。
 欲望に火がついたのを感じ、イアスは唇をきつく結んだ。話は終わりだ。ルーシーが言葉をにごし、ねじ曲げ、そこに尾ひれをつけていたら、僕は彼女をいずれ絞め殺したくなるに違いない。そもそも、どうしてこんなに気にかかる? 最近、女性相手に感情的になったことは一度もない。女性の動機や秘密に興味はないから、いつもは単純で割りきった関係しか持たなかった。自分に正直になるなら、ルーシーを家に連れてきたのは話をするためではない。イアスは口元をゆがめて彼女を見つめながら、あざけるような笑みをちらりと浮かべた。
 不良少年のようなその笑顔を、ルーシーは雑誌で何度も目にしたことがあった。しかしいまはかつてのようにどきどきすることも、あふれる愛で胸がいっぱいになることもなかった。イアスの顔に浮かんでいた笑みは暗くて刺々しく、官能の気配がにじんでいたからだ。
 抱いてはいけない期待が、かろうじて残っていた防衛本能にじわじわとしみこんできた。ルーシーは一歩後ろに下がり、自制心を失うまいと必死にイアスから離れようとした。しかしイアスはルーシーの手をつかんで、すばやく自分のほうに引き寄せると、両腕を彼女の体にまわし、軽々と床からかかえあげた。
 動くならいましかない、とルーシーは思った。両手でイアスの肩を押し、手を離させなくちゃ。とはいえイアスが関係すると、何事も簡単にはいかなかった。首筋に鼻をすり寄せられ、無精髭がやわらかな肌をかすめると、彼女の体は激しく震え、頭がくらくらした。たくましい男性の匂いがまじったコロンの芳香が鼻をくすぐったときは、思わずイアスの髪に鼻をうずめたくなった。ルーシーは両手を彼の首にまわし、ほんの一瞬ひしとしがみついた。
 一度キスをするだけ。それくらいはいいことにしよう、とルーシーは思った。しかし、かつてキスで誘惑した男性はさすがだった。イアスは彼女が求めるものを察し、与えてくれる達人だった。唇と唇が重なると、ルーシーは体が炎と化して燃えあがるのを感じた。声をあげて震えるうちに、ずっと抑えつけていた渇望が全身に広がった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。