マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

大富豪と罪深き純真

大富豪と罪深き純真


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ミランダ・リー(Miranda Lee)
 オーストラリアの田舎町に、四人兄弟の末っ子として生まれ育つ。スポーツが大好きな子供で、本を読むよりは外で遊ぶほうが好きだったという。父は教師、母は才能あるドレスの縫製師という家庭に育ち、全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に姉エマ・ダーシーのすすめでロマンス小説を書き始める。趣味は幅広く、長編の物語を読むことからパズルを解くこと、そして賭事にまで及ぶ。小説を書くときのアイデアは、普段読む新聞、雑誌、小説、伝記、テレビ、そして少なくとも週に一度は見に行く映画から得る。現実に自分のまわりにいる人たちを登場させることはなく、“いつ私をヒロインにしてくれるの?”という娘たちの問いかけに、“決してないわ”と答えつづけているという。

解説

さえない秘書と魅惑の富豪――彼にとってはただの火遊び。

「母の誕生パーティに、恋人として同伴してくれないか?」プレイボーイ富豪バイロンの言葉に、クリーオは耳を疑った。化粧の仕方も知らない私が、大富豪の恋人役に?母親の押しつけてくる花嫁候補をかわすためだと彼は言うが、あかぬけない秘書の私を彼の恋人と思う人などいないだろう。しかし結局、バイロンの巧みな説得に負けたクリーオは彼のエスコートで華やかなパーティに臨んだ。不慣れなドレスとハイヒールを身につけ、彼の手が触れるたびに感じる胸のざわめきに戸惑いながら。

■『大富豪と人形の花嫁』に登場したクリーオの物語をお届けします。大富豪バイロンの恋人役を演じるために、艶やかに変身したお堅い秘書のクリーオ。彼の強烈な魅力に抗う術もなく陥落しますが、夢の一夜が明けたとき、再び男性不信の臆病な女性に戻っていて……。

抄録

 バイロンはクリーオのために助手席のドアを開けた。彼女が乗りこむのを見ながら、かぶりを振る。なぜこの女性にこうまで惹かれるのだろう。わけがわからない。見た目はどうということもなく、なんの努力の跡も見られない。今日の服装からしてそうだ。濃い青のジーンズはぴったりしているとは言いがたく、白いブラウスに、どうやらきのうと同じ黒い上着を羽織っている。今回も化粧や香水はいっさいなし。髪は……あのひどいお団子をほどきたくて指がうずく。一生彼女の頭にのっているかのようだ。
 髪そのものはとてもいい。濃くて豊かでつやがある。自然なウェーブも。そのせいか、きっちりと後ろに結っても少しほつれている。顔のまわりにふわりと垂らすほうがはるかに似合うだろう。肩に広げるほうが。
 あるいは枕の上に。そう思っただけで彼の腹部はこわばった。
 歯噛みして、バイロンはドアを閉めて車の反対側に行った。この女性のそばにいると、みだらな考えと――欲望を抑えられない。そんな自分に腹が立つが、もう決心したのだ。
 きのう、仕事を終えてエレベーターでペントハウスまで行ったあとも、クリーオをもてあそんでいるというグレースの非難が頭にこびりついていた。これでも、ぼくは悪い男じゃない。確かにわがままだし、自分の思いどおりにすることに慣れてもいる。だが、人を踏みにじってまで我を通そうとは思わない。
 クリーオを誘惑するのはやはり紳士らしくない。最初は彼女のためだと思いこんだが、本当はただ、欲望を満たしたいだけだ。
 ブレイクとの金曜日のゴルフを思い出したのは幸いだった。宿泊を取りやめるもっともな口実ができたからだ。精錬所に行ったあと、まっすぐ戻ってこられる。昨夜は眠れないついでに、〈マカリスター・マインズ〉についてもう少し調べてみた。ニッケル精錬所が丸損だとわかっても驚かなかった。ニッケル価格は暴落し、あと何年かは回復の見こみがない。マカリスターはもっと前に閉鎖するべきだった。スコット・マカリスターは愚かか、人がよすぎるのだ。クリーオに電話し、この視察そのものを取りやめようかとさえ思ったが、できなかった。〈マカリスター・マインズ〉に投資するよう説得することがクリーオにとっていかに大切か、わかるからだ。
 マカリスターとの業務提携を売りこむ最後のチャンスを彼女に与えないのは酷だ――バイロンはそう自分を偽っていた。本心はただ、彼女にまた会いたいだけだった。どんなに自分を戒めても、彼女を追いかけずにいられない。自分を苦しめるだけだとわかっているにもかかわらず。
「それで、お忘れだった大事な会合というのは?」空港に向かうために彼が車の三方向転換をやってのけたとき、クリーオがきいた。
 バイロンはため息をついた。「ゴルフだ」
「ゴルフ……」まさかと言わんばかりにクリーオが繰り返した。
「わかるよ、きみの考えは。ゴルフのどこが大事なビジネス会合なのかって? だが、嘘じゃないんだ。実のところ、あのゲームは大嫌いだが。頭がおかしくなる!」それもただ、得意じゃないというだけで。
「だったらなぜゴルフを?」
「ブレイク・ランドールはゴルフをしながら商談をするのが好きなんだ」
「そのブレイク・ランドールって?」
「〈ファンタジー・プロダクションズ〉のボスで、映画を制作しているんだ。『藪からの少年』は見たかい?」
「ええ。とてもよかった」
「あれも彼の作品だ。ブレイクが監督した。最近は監督から制作のほうに移っている。ハリウッドに招かれてね。大物だよ」
「あなたは彼の会社に投資したいのね?」
「当たり」
「映画は鉱業以上にリスクが大きいと思うけれど」クリーオが指摘した。
「誰が舵を取るかによる。ブレイクには誰にも負けない実績がある。天才だ」
「そういうあなたこそ、と言いたいわ」彼が信号で車を止めたとき、クリーオは言った。
 褒め言葉に、バイロンは驚いた。首を巡らして彼女を見る。「お世辞か、クリーオ? きみらしくない気がするが」
 クリーオは頬を染めた。頬に差した朱が顔に輝きを添え、普段は冷ややかな目もいじらしいほど多感に見える。バイロンは身を乗りだしてキスをしたくなった。キスで彼女がもっと色づくかどうか見てみたい。だが、誘惑に負ける前に信号が青になった。
「ええ、いつものわたしじゃないわ」クリーオはおどけた口調で言った。「それだけ必死なの。あなたに気に入られるよう捨て身の努力をしなかったとスコットに思われたくないから。新しいパートナーがぜひ必要なのよ、バイロン。ほかに候補者が大勢いるならともかく、そうじゃないのはご存じでしょう」
 おもしろい、とバイロンは思った。彼女が必死なのはいい。気に入られようとして捨て身の努力をするというのは。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。