マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・アフロディーテ

完璧な恋人

完璧な恋人


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・アフロディーテ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ジュリー・コーエン(Julie Cohen)
 生まれはアメリカのメイン州。十一歳のときに初めて小説を書く。当時、余暇のほとんどを図書館で過ごし、司書の男性にひそかに想いを寄せていた。伝記コーナーにハーレクイン社の本を持ち込み、調べ物をするふりをしながらテンプテーションを読んだりもした。ホットなラブシーンを得意とする作家としてメディアに注目されている。現在、イギリスのバークシャー州在住。

解説

 広告代理店で働くジェーンは、数日前、婚約者だった男性から別れを告げられたばかりだ。これまで以上に仕事に没頭するようになった彼女は、ある打ち合わせの席でハンサムなモデルのジェイに出会う。初対面のはずなのになぜか惹かれるものを感じ、相手にされるわけがないと思いつつもディナーに誘うと、驚いたことに彼は喜んでそれに応じた。約束の日の夜、欲望のままに二人が結ばれた直後、彼が口にした言葉にジェーンは凍りついた。「ジェーン、僕は……君の幼なじみのジョニーだ」

抄録

 ジェーンはジョニーの言葉を思いだしていた。彼が言ったのはこういうことなんだわ。そしてここからの展開についても、彼は書いていた。
 この唇にキスされて、この手で触れられる。私はやがてジェイの体に脚をからませて、服を脱ぐのももどかしく、彼に抱かれる。
 彼との激しい抱擁を想像して体がうずきだした。
 ジェイのことをまだよく知らないのにこんな気持ちにさせられるのは、彼が持って生まれた魅力のせいだろうか。もしかしたらどんな女性でもこんな気持ちにさせられるのかもしれない。
 ともかく、私が彼を求めていることは事実だ。そして彼も同じ気持ちでいるように見える。
 婚約していたのは八カ月間だったけれど、ギャリーに対してこんな欲望を覚えたことは一度もない。この数日間の地獄に耐え、この数年間仕事に身をすり減らしてきた私に与えられた、奇跡のようなチャンスをみすみす逃す手はないわ。
 ジェーンは空いている手でジェイの左の頬骨に触れ、唇の横にくっきりと浮かんだえくぼに向けて撫《な》でおろした。滑らかな肌は驚くほど温かい。彼はジェーンの指に顔を押しつけるように少し頭を傾けた。
「私、何も食べたくないわ」自分の声がひどくかすれているのがわかった。
「僕もだ」
 二人は手をつないだまま、同時に立ちあがった。ジェイがテーブルに勘定を置き、互いに無言のまま出口に向かう。歩くたびにヒップや胸が左右に揺れ、ドレスの下で太腿がこすれ合い、脚にスカートがまつわるのを、そして何よりジェイの力強いしなやかな指にからめとられている自分の手を、ジェーンは意識していた。
 そして彼の体も。彼は性急なまでに先を急いでいる。握っている手に力がこめられ、テーブルの間を縫いながら何度か肩や腰がぶつかった。浅い息づかいまでもが伝わってくる。
 ヒールを履いていてもジェイのほうが六センチは背が高い。彼とキスをするためには背伸びをしなければならないだろう。
 ジェイはバーのドアを押して外に出た。歩道に出たとたん、ジェーンは彼を歩道の端に引きずっていき、正面に立った。自由になる片手を彼の上着の襟にかけて、顔をぐっと引きよせる。
「いいアイディアだ」そうつぶやくと、ジェイは彼女をぎゅっと抱きよせた。
 ジェーンは爪先立って唇を近づけた。
 これまで経験したことがないほどすてきなキスだった。彼の唇は温かく、合わさることが定められていたようにジェーンの唇にぴったりだった。キスをした瞬間、彼女はこれまでとはまったく違う世界に飛びこんだような気持ちになった。
 だが続いて飢餓感が襲ってきた。ジェイの手を振り払って両手でその頭をしっかりつかむ。キスはあっという間に熱っぽいものに変わった。彼はジェーンの唇を割り、熱い舌先を差しいれてきた。ジェーンが喉の奥でうめき声をあげると、ジェイはそれに応《こた》えるようにますます強く彼女を抱きよせ、唇を押しつけてくる。
 ジェーンは両手を彼の首筋まで下ろし、たくましい肩をつかんだ。頭のどこかにさっきジョニーが書いてきた、歩道でキスをし、互いの体をまさぐり合っている男女の描写が浮かんだ。ジェーンは思わず片手をボタンの間からジェイのシャツに差しいれた。滑らかで固い筋肉の下で心臓が鼓動を刻んでいるのがわかる。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。