マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

今夜からは宿敵の愛人

今夜からは宿敵の愛人


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

冷酷な億万長者からの、容赦ない誘惑。憎むべき男性を愛した彼女の運命は……。

大富豪グレゴリオと会ってから、リアの転落人生は始まった。彼のせいで破産した父が失意の中で亡くなり、友達は離れていき、家も差し押さえられて、婚約者にまで別れを告げられた。明日からは、生活費を稼ぐために働かなければならない。だが勤務先のホテルにもグレゴリオが現れ、リアは愕然とする。私の身に起こったことは、すべて彼の計画どおりだったの? 初めて会った夜、グレゴリオは私を一目見てほしくなったと言い、彼のものという印をつけるように、婚約中だった私にキスをした。グレゴリオは絶対にあきらめない気だ。私が彼の手に落ちるまで。

■イギリスのエリザベス女王にも功績をたたえられるキャロル・モーティマーの力作をお届けします。出会った夜に、ヒロインがほしいと宣言した富豪ヒーロー。父の敵と憎む一方、彼女はその強引な誘惑を待ちこがれるようになり……。一気読み確実の一冊です!

抄録

「あなたって思っていた人とは違うのね」
「どんなふうに?」
「レストランでのあの夜、私にキスをしたときは、ノーと言われるのが嫌いな傲慢な男性だと思ったけれど」
「二つのうち、一つは合っているな」グレゴリオは考えこむように言った。
 その一つとはノーと言われるのが嫌いなほうだと、リアは言われなくてもわかった。傲慢でもあるけれど、彼はそれだけの男性じゃない。血も涙もない悪人というレッテルを貼るには、そぐわない部分があるのだ。理由はともかく、目の前の男性は私を本気で気づかっている。「昔からお金持ちだったわけじゃないと、前に言ったわね?」
「ああ」グレゴリオはカウンターのスツールに腰かけた。「経営学の学位を取得して大学を卒業し、スペインに戻った僕は、父が家業のブドウ園をほったらかしていたのを知った。何年か不作が続き……ブドウが病気になっていたんだ」彼は肩をすくめた。「当時まだ弟二人は大学に通っていたから、僕は自分の人生を後まわしにして、現在の地位を築くために動き出した」
「デ・ラ・クルス家のビジネス帝国を?」
「ああ」
「今もあなたの人生は後まわしなの?」
 グレゴリオはうっとりしたような目でリアを見た。「そんなことはない」
 リアは頭を振った。「私たちが今後も会うのは、いい考えとは思えないわ」
 グレゴリオは不満そうな顔をした。「なぜだ?」
 リアは彼と目を合わせないようにした。「正当な理由もあるけれど、私はもう前と同じ世界の人間ではないから」
「正当な理由とはなんだ?」
「父が死んだ責任の一端が、あなたにあること」ああ、言ってしまった。これで、目の前の男性を避けている理由はごまかせなくなった。いきすぎた抗議だった? まだ私の頭は混乱しているのかしら?
 そうなのかもしれない。それでも、二度とグレゴリオと二人きりにはなりたくなかった。彼は……私をどぎまぎさせ、心を乱してしまう。ほかの男性をこんなに強く、理屈もなく意識した記憶はない。結婚するつもりだったデイヴィッドを含めてでもだ。
「そんなふうに思われているのは心外だ」グレゴリオは冷静に言った。「それに、どんな世界にいても君は君じゃないか」
「甘いことを言って! 父は死んで、私の婚約は解消された。友達はほとんどいなくなって、家も失い、父の会社は調査されている。私が協力していた慈善団体も、もうフェアバンクスの姓を使いたがらない。今はこの狭いアパートメントで暮らして、月曜から新しい仕事を始めるつもりなの」
「だからといって、君の値打ちは変わらないだろう」
「その値打ちが、私にはもうわからないのよ!」歩きまわる空間があったら、リアはそうしていた。急にじっとしていられないほどの怒りに駆られていた。「なにも変わらないと、自分には言い聞かせているの。これが今の人生なんだからって……」
「でも?」
「でも、本当はごまかしているだけなの」気持ちが高ぶって声がかすれ、リアは心の中で自分をののしった。グレゴリオにだけは弱いところを見せたくなかった。「私に愛想よくしてディナーをごちそうすれば、したことを忘れてもらえると思っているなら、あなたも自分をごまかしているわよ」責めるようにつけ加えた。
「君と僕が望めば、越えられない壁はない」
「でも、私は壁があったほうがいいわ」
「本気で言っているのか?」
 グレゴリオがすぐ近くにいるせいで、リアは彼の大きさと強い個性に圧倒されそうだった。破壊的と言っていい魅力の組み合わせに、心臓がまた大きな音をたてはじめる。
「もう帰って」リアは言った。
「そうしてほしいのか?」
「ええ!」
 食事をしても、リアにグレゴリオの魅力的な黒い瞳にあらがう気力はなかった。引きしまった、たくましい体の誘惑から身を守るすべもなかった。彼はグレゴリオ・デ・ラ・クルスなのよ、といくら言い聞かせても無駄だった。車のヘッドライトに照らされた鹿のようにおびえているリアに、グレゴリオはゆっくりと近づいてきた。
 グレゴリオはキスをしようとしている……。
 どれほど疲れていて弱っていても、リアは彼に屈するわけにはいかなかった。
「だめ!」力を振り絞って、グレゴリオの胸に手をあてる。ちょっと触れただけでも、グレゴリオの体が熱くこわばっていて、心臓が激しく打っているのはわかった。「本当に帰ってちょうだい。お願いだから」
 グレゴリオの唇は、リアの唇からほんの数センチのところにあった。彼女の頬にかかる吐息は熱い。
 彼は鼻孔をふくらませ、大きく深呼吸をした。それからゆっくりと背筋を伸ばし、一歩下がった。「君が頼むならしかたないな」
 グレゴリオが離れたおかげでふたたび息ができるようになり、リアは苦しそうな笑い声をあげた。「警察を呼んでたたき出してもらうと、私が脅さなかったから?」
「そうだ」グレゴリオはシャツの袖を直し、ボタンをとめて上着を着た。「明日はチョコレートケーキをひとり占めしながら、僕のことを思い出してくれ」彼はかすれた声で言ってから、アパートメントを出た。そのあと、ドアがかすかな音をたてて閉まる。
 ようやく、リアは自由に息ができる気がした。いったいなにがどうなっているの? もう少しでグレゴリオにキスをさせるところだったなんて。私は――。
 朝食用のカウンターの上に置かれた紙片を見て、リアは凍りついた。
 それは食事の前に受け取るのを拒んだ名刺だった。そこにはグレゴリオの携帯電話番号が、金で箔押しされていた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。